活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成24年第1回定例会 3月8日~3月16日


〔9番高梨恭子君登壇〕

○8番(高梨恭子君)
  通告7番,高梨恭子です。
 ようやく梅の花もほころび初め,春を感じられるようになった昨今です。市民の皆様の負託にこたえ,2期目初めての一般質問を行います。
 本日は三つのことを質問いたします。
 まず初めに,災害時における連携と防災対策についてということです。
 一つ目の項目,統合型GISの活用ということでお尋ねいたします。
 茨城県では,2008年10月1日より、統合型GISという地図情報システムの運用を開始しています。茨城県と県内の44市町村が共同で運用管理をしているということですが,このシステムの目的についてお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
総務部次長須賀三雄君。

○総務部次長(須賀三雄君) 
 お答えいたします。
 本事業は,今議員おっしゃられましたとおり,茨城県及び県内市町村が組織しておりまして,その組織の名称ですけれども,茨城県市町村共同システム整備運営協議会というのがありまして,その中での1項目としまして,総合型GIS事業を行っております。こちらの目的ですけれども,行政事務の効率化,高度化及び県民生活の利便性向上や地域活動,企業活動の活性化の一環としまして,県内行政施設等の地図情報,または航空写真等そちらの情報提供を行っているものです。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 次に、このシステムについて、守谷市の分担金について、初期はどれくらい,そして毎年どれくらいの予算が使われているのかをお示しいただくとともに,市としての積極的活用法についてお示しいただきたいと思います。

○議長(松丸修久君) 
総務部次長須賀三雄君。

○総務部次長(須賀三雄君) 
 本事業の運営費用ですけれども,県及び市町村の負担金になりますけれども,開始年度であります2008年,平成20年ですね,平成20年が総額で約1億7,354万円になりまして,その負担の内訳,こちら初年度ですので高くはなっているんですが,茨城県が567万円、市町村が411万円,このうち守谷市分としましては30万円になります。残りの1億6,370万円ほどですけれども,こちらは茨城県市町村振興協会からの交付金ということで支出されております。
 それ以後の経費ですけれども,平成21年度が総額で4,830万円,その中で守谷市が158万円,平成22年度が総額で6,945万円,うち守谷市で支出していますのが110万円,平成23年度,今年度はまだ実績値が出ておりませんが,守谷市の支出分としましては93万円になっております。こちらの負担金の内訳は、運用経費、住宅地図利用経費,それから航空写真の撮影経費ということになります。
 こちら,市の方のとしての積極的な活用ということですが,守谷市には、同様にもりやナビというものが地図情報であるわけですけれども,守谷市が主にこちらで利用しているものですけれども,このGIS事業には二つの側面がありまして,一つが県民向けですね,県民向けということでの情報,これは県のホームページの中に、いばらきデジタルまっぷというページがありまして,そちらで先ほど言いました地図情報と航空写真をやっておりますが,もう一つ行政向けのサービスもありまして,そちらでは住宅地図の閲覧ソフトウェアの提供であったり,航空写真の共同撮影というのがありまして,どちらかというと,守谷市としましては,地図情報については積極的に活用していないんですが,行政向けの部分の航空写真,こちらは税務課の土地の課税等において航空写真というものを撮っているんですが,こちらのGISの共同作業がある前は、単独で業者に発注しておりましたが,そのときは,委託料として約240万円ほど支出しておりました。これがこちらの共同で行うことによりまして,近年は50万円から80万円程度の負担で済んでいるということで,それだけでもかなり加入しているメリットがあるんですが,主にそちらの活用ということでやっております。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 ただいまご説明がございましたが,県民向けと行政向けの両方という側面で県では開発されたというご答弁ですが,守谷市としては、どのような有効利用をされているのか,お尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
総務部次長須賀三雄君。

○総務部次長(須賀三雄君) 
 先ほども言いましたように,航空写真が一番主なものですけれども,やはり地図情報としましても,こちら基本的には各市町村がシステムを使いましていろいろな項目を載せられるようになっているんですけれども,初期の段階におきまして,ある程度基本的な事項ですね,そちらは県の方で全市町村を入れていただきました。そういうことで,守谷市でも一部情報としては載っているんですが,現在、県のデジタルマップの情報量としましては,八つのカテゴリーということで,八つの区分ですね,こちら暮らし,健康福祉,教育文化,安全安心,地域づくり,観光歴史,地域基盤,行政情報というような八つの区分の中に,その下にまたレイヤということで各項目がぶら下がっている形なんですが,例えば、暮らしのカテゴリーですと、その中には公共施設,ごみ,資源,選挙,交通,商業といったようなものがありまして,全部で8カテゴリーの37レイヤということになっておりますが,県の方で初期に入力していただいた項目について,守谷市でも情報提供をしているような状況にあります。
 基本的に、守谷市は,もりやナビを使っているところもありまして,あくまでも行政サービスの方に重きを置いている状況にあります。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 一般市民から拝見いたしますと,GISも、もりやナビも防災に関する情報が非常に多く載せられているのではないか,また利用も多いのではないかと思うわけですが,もりやナビとGISの利用の仕方,一般市民の目線でお尋ねいたしますが,もりやナビの運用の仕方をお示しいただくとともに,来年度の予算にもGISの運用経費が計上されているようですが,これからの見通しをお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
総務部次長須賀三雄君。

○総務部次長(須賀三雄君) 
 もりやナビと県のGISですけれども,基本的には、関連,連携というものはとっておりません。それぞれ地図情報の提供ということで,基本的には運営内容は同様のものになります。
 このようになぜ二つになりましたかといいますと,実は、もりやナビ,こちらを開設しましたのが平成17年ということで,茨城県のデジタルマップより3年ほど早く開設しております。現在,もりやナビの情報量については,12カテゴリーの90レイヤということで,いばらきデジタルまっぷよりも53レイヤほど多い状況にあります。こちら,いばらきデジタルまっぷの運用開始に際しまして,もりやナビの運営をどのようにするかというのを検討したことがありますけれども,やはりスタート後3年を経過しており、市民の方にもある程度周知されている,それから情報量が多いことや、あとは守谷独自の情報掲載も可能であるということから,しばらくは併用して様子を見ようということで現在に至っております。
 今後ですけれども,実は、いばらきデジタルまっぷ,こちらが再来年ですね,平成25年に新たに機器の入れかえをするということで,24年度にかけて今後の方針を検討するということになっております。全市町村,各市町村,県と協議の上、今後の方針になると思いますけれども,その辺も見きわめた上で、25年度以降にどうするかを検討したいと思っております。
 ただ,先ほども申し上げましたとおり,航空写真,こちらについてはかなりのメリットがありますので,そちらは可能であれば今後も継続したいという意向ではおります。以上です。

○議長(松丸修久君)  
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 守谷市の方が県より先行していたということでしょう。大変、改めて職員の方の先見の目とご努力に敬意を表する次第です。
 ところで,GIS特有のメリットがございまして,GISには書き込みなどもでき,関係者だけがIDとパスワードで情報共有を図れるサービスも備えています。今後、要援護者など,救援を必要とするときの位置関係などに利用できるのではと考えます。
 特に、守谷市の場合,災害時要援護者で登録をされている方が2,077人ほどおられるようですが,これらの方を救う一助になるのではと考えます。特に、一昨日の市川議員の質問に対しまして,2,077人のうち1,432人が個人情報を防災などに通知していいという同意,さらに310人が避難支援者が決まっているという答弁がございました。避難支援者の決まっていない方々,1,767人についてはどうするのでしょうか。助けに行ける人という方を募って登録し,避難支援者の決まっていない方を結び合わせることができるのではと思うのです。せっかくあるシステムです。さらに有効活用いただくとともに,行政の二重ならないよう,効率のよい運用をお願いいたしまして,次の項目(2)守谷サービスエリアの防災拠点化ということでお尋ねいたします。
 この質問は、一昨日の川名議員の一般質問と重複しますが,1点だけ伺います。
 守谷市からNEXCO東日本への要望というものは出されているのでしょうか、現時点での状況をお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
生活経済部次長木澤正幸君。

○生活経済部次長(木澤正幸君) 
 お答えをさせていただきます。
 この事業に関する具体的な説明がまだありませんので,守谷市に対してどのような恩恵があるのか,まだわかりませんが,守谷市の防災対策につながるような事業になるように要望をしていきたいというふうに考えております。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 2年後の守谷サービスエリアの防災拠点化の完成に向けて、ぜひとも積極的なアプローチをお願いいたします。
 次に二つ目,高齢者の安心安全対策についてということで質問いたします。
 守谷市の人口も確実に増加し,市内全体で見ますと,どの年代もバランスよく構成されています。しかし,私の住むみずき野という一斉入居の大型団地におきましては,平成22年10月現在の住民基本台帳からの調べでは,5,853名のみずき野在住者のうち1,766人が60歳以上という、3割を超えています。ちなみに,守谷市全体では,60歳以上の方は22%という人口配分になっております。そこで,高齢者の安心安全ということが大きなテーマとなってきております。以下三つの項目でお尋ねいたします。
 初めに、肺炎球菌ワクチンの助成です。
 高齢者の肺炎球菌ワクチンの助成が叫ばれている中,この守谷市でも高齢者に対する助成が始まります。それについて幾つかお尋ねいたします。対象者は,そして幾らの助成になるのか,どこで、どんなふうに接種できるのか,回数は何回できるのか、お尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えいたします。
 助成は1人当たり生涯1回で,3,000円の一部助成になります。3,000円の予算額は、予防接種委託料と扶助費を合わせまして900万円となっております。開始時期につきましては,平成24年4月1日から実施の予定でございます。助成方法は,保健センターで発行する助成券を受け取り,医療機関に予約してから2カ月以内に市内協力医療機関で接種を受けることになります。接種費用と助成額3,000円の差額を医療機関に支払うようになります。市外の医療機関等で接種を受けた場合には、接種費用の全額を医療機関に一たん支払っていただいた後,保健センターで助成金額の償還払いの申請をしていただくことになります。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 この助成がスタートするということ,また1回限りということで来年度多くの対象者が接種したとしますと,翌年度からは新たに対象になった方と,前年度に接種しなかった方ということで予算も減っていくわけでしょうけれども,インフルエンザの予防接種については毎年行っていると思います。こちらの助成は幾らなのか,どれくらいの方が接種しているのかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 高齢者のインフルエンザの実績でございますけれども,平成22年度ですけれども,対象者数が9,033人,接種者数が4,756人で接種率が52.6%になっております。また,平成23年度,今年度ですけれども,実績は、対象者数が9,677人,接種の方が4,639人で接種率が47.9%になっております。このほかにも、60歳から64歳で、心臓ですとか呼吸器等の慢性疾患があり,医師が必要と認めた方が、平成22年度において16人,それから平成23年度で25人の方が接種を受けています。以上のような状況になっております。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 多くの高齢者の方が,インフルエンザの予防接種を受けられているということで,肺炎球菌ワクチンの接種が大変期待されるわけですが,これらの周知については、どのような方法で行っていかれるのかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 周知につきましては,「広報もりや」等を含めた案内と,それから対象者に対する通知等を含めて行っていきたいというふうに考えております。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 これが助成されるというのは、いろいろな意味でありがたいことです。ぜひとも周知徹底し,対象の方の接種を促すよう努力いただきたいとお願いいたしまして,次の質問に移ります。
 2つ目,振り込め詐欺の被害に遭わないためにということでお尋ねいたします。
 2月17日,守谷市内において,守谷市役所と社会保険事務所を装った還付金詐欺が発生いたしました。まさに前日の2月16日は,確定申告の開始日,詐欺を仕掛ける人たちも時期に応じた手口で仕掛けてくるのだなあと感じたところです。自分は大丈夫と思っても詐欺の手口が次々と新しくなり,また巧妙になってきている現状の中で,守谷市の被害状況,また未遂に終わっている事例もあるでしょう、市内の状況についてお示しください。

○議長(松丸修久君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君) 
 お答えさせていただきます。
 振り込め詐欺の守谷市内の被害状況でありますけれども,23年の1月から12月までの数字で申し上げますと,被害件数は6件,金額につきましては,870万円の被害となっております。
 それから,未遂に終わった件数ということでございますけれども,未遂に終わった件数は把握できませんけれども,守谷市の消費生活相談センターへの振り込め詐欺の相談件数でいいますと,今年度82件あったんですけれども,この82件というのは,高齢者だけじゃなくて,若い人の携帯サイトのそういう振り込め詐欺みたいなものも,それが半数以上ありまして,還付金詐欺とかオレオレ詐欺につきましては,11件の相談がありました。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 改めまして,意外に多くの方が被害に遭われているのだなと。また,未遂と合わせますと17件ということで、大変な問題だなと改めて思うことでございます。そうしまして,市の方では、こういったことに対しまして,注意喚起をされているかと思いますが,主な注意喚起の仕方をお示しください。

○議長(松丸修久君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君) 
 市の注意喚起でございますけれども,守谷市としてもその振り込め詐欺の防止対策として,広報紙や防犯メールで注意喚起をしております。平成23年中に、広報紙で4回,それから防犯メールで13回情報を配信し,啓発を行いました。そのほか,守谷市防犯連絡協議会や消費者の会の皆さんによる街頭キャンペーンにおいて,チラシ配布をして,啓発活動を行ってまいりました。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 市民の方から,取手警察から電話がかかってきて,電話帳に名前を載せていると振り込め詐欺に遭いやすいから気をつけてくださいとか,茨城県の方から注意喚起のファクスが届いたりするそうです。が,どれが本当のことなのかわからないという相談を受けました。実際,茨城県,そして取手警察の方では、どのような注意喚起をされているのか把握しているようでしたら,お答えください。

○議長(松丸修久君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君) 
 茨城県警では,振り込め詐欺が後を絶たないため,昨年6月から、今、議員お話ありましたように,電話帳に登録されてある世帯すべてに直接個別に電話をかけまして,振り込め詐欺の手口や事例などを説明して,だまされないよう注意してくださいというような注意喚起を行ったということを聞いております。
 それからまた、各銀行に依頼して注意を呼びかけているほか,市内65歳以上の高齢者世帯や独居世帯を対象に、民生委員さんにお願いしまして,啓発チラシを配布しております。また,新聞の折り込みでチラシを配布したというようなことも警察の方から聞いております。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 それぞれ行政の皆様も努力されていることと存じます。各部門との連携をとっていただき,こういう注意喚起のことも警察から電話がかかってきますよとかいうようなことを,広報紙に一言記載いただけると大変安心感があるものです。混乱のない,確かな方法で注意喚起をお願いしたいものです。
 次に、三つ目,所在不明高齢者施策ということでお尋ねいたします。
 2010年の8月,所在不明の高齢者ということで報道がなされました。死亡していても死亡届を出さず,年金を詐取していたとか,あるいは戸籍上だけ生き残っていて,120歳を超える方が存在したなど,マスコミに取り上げられ社会問題にもなりました。
 この件は、2010年の11月議会でご質問した中で,守谷市はそれに対して調査を開始しますというご答弁をいただきました。調査の内容としましては,75歳以上の方のリストに後期高齢者医療情報として受診状況,それから介護保険サービスの利用情報,さらに特定健康診査,人間ドック受診情報,それから高齢者福祉サービス利用情報などの情報を突き合わせた中で,利用のない方について,もしもサービスに漏れているのなら,行政ではこういうこともありますよというお知らせかたがた,おのおののお宅に伺うというふうに聞きました。その調査の進捗状況と市内の高齢者の現状をお示しください。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えいたします。
 今のご質問にお答えする前に,先ほどの質問で一部訂正をさせていただきたいと思います。
 高齢者の肺炎球菌ワクチンを行うに当たって,個別通知という話をさせていただきましたが,このワクチンは、任意のワクチンでございますために,広報紙あるいはホームページ等を含めた周知で行っていきたいと思いますし,それから医療機関等においても、その旨の掲示をしていただくというような方法を考えております。
 以上、訂正させていただきたいと思います。
 それから,ただいまのご質問ですけれども,平成22年に、東京都足立区で死亡した高齢者の年金不正受給事案が発生いたしまして,守谷市でも100歳以上の方を調査いたしまして,全員の生存を確認をしました。その後,80歳代,90歳代でも同様の事案が全国で発生しましたことから,100歳未満者の状況を把握することが必要となり,守谷市では、住民登録がある75歳以上の方3,521人のうち,後期高齢者医療,特定健診,人間ドック,介護保険の介護サービス,高齢福祉サービス,サービスは利用していないが,市に何らかの相談をしている方,3,444人を除いた残りの77人の方を、平成22年11月から12月にかけて保健福祉部管理職職員が訪問調査を行いました。再調査等が必要な方もございましたけれども,全員の確認をいたしております。
 この調査によりまして,相談やサービスを利用していないものの,必要性が高い人を把握することができ,サービスの調整を行うきっかけともなりました。また,平成23年度には,日常生活圏域ニーズ調査を,65歳以上9,278人の方全員を調査いたしまして6,791人の方から回答をいただきました。回収率は73.2%でした。この調査結果に基づきまして,高齢者個別の状況を把握して,必要な方が介護予防事業を利用されるように調整していきたいと思っております。調査に回答いただけなかった方に対しましては,24年度には追跡調査を行う予定をしております。以上でございます。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 100歳以上の方が、そのときに戸籍上残っている方が26名おりますというご回答いただいておりますが,その方たちについては、どのようになっているのかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君) 
 22年の12月議会において,高梨議員にお答えしていますとおり,100歳を超えている高齢者で所在確認がとれない方が20名いることを報告いたしております。22年の11月に,20名のうち120歳を超えている高齢者7名の方につきましては,水戸地方法務局龍ヶ崎支局長から,戸籍訂正の許可を受けて、戸籍記載の処理をすべて完了し,戸籍が削除されました。現在の所在不明者は20名で,7名削除しましたので,13名まだ残っているというような状況になっております。以上でございます。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 先ほど保健福祉部長のご答弁にもありましたような調査ですが,今後もこういった調査を続けていかれるのかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 こういった調査につきましては,引き続き調査していきたいというふうに考えております。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 ありがとうございます。
 こういった調査を実施していただきますと,昨今報道されている高齢者とシングル介護の方の孤立死ということもある程度防げるのではないかと思います。ぜひとも続けていただきたくお願い申し上げます。
 それでは,三つ目の質問に移ります。
 ユニバーサルデザインのまちづくりということでお尋ねいたします。
市内の公園においては,バリアフリー化が進み,くつろげる空間,憩いの場に気楽に出かけられるような環境が整いつつあります。車いす利用者,高齢者,ベビーカーを押すお母さんたちにとりまして,大変ありがたいことです。
 さて,守谷市庁舎に車で入りますと,一体どこに身障者用の駐車場があるのかわからないということをたびたび耳にします。確かに、健常者がとめる駐車スペースと同じ場所にそういった場所が確保されているわけではありません。入ったすぐのところにポールが立っていて,消えかかった身障者のマークが表示してあります。つい最近、間に合わせのためにか,ビニールパウチでの表示が張られたところです。車の流れについていってしまったり,対向車がいたりすると見落としそうな表示ポールです。
 守谷市役所は、大規模公共施設ですが,身障者用の駐車場にうまくとめられた場合は別として,普通のところにとめてしまったりしたとします。まず,駐車場から建物まで時間がかかり過ぎる、庁舎正面に向かって左右にスロープはありますが,何の表示もありません。スロープなどを設けてバリアフリーの設計は施されていますが,傾斜がきついという声もあります。しかも,スロープを上がっても,地面が石畳のような構造で,車いすそしてベビーカーなどには不向きです。
 また、広場や駐車場の木陰にベンチや手すりなどが全くなく、車いすを使うほどでない足の悪い方,荷物を抱えた方にとってはつらい空間です。雨の日など建物伝いに端を通ろうとすると,大震災のときの影響でしょうか,石畳ががたがたになったままの状況で、普通の人でもつまずきそうな状況のままになっています。健常者の目線でしか見ていない構造物のような気がしてなりません。ユニバーサル社会の実現を目指して,平成18年施行されたバリアフリー新法にそぐわないことも明らかです。確かに、市庁舎はそれより前に建てられたものではありますが,これから多くの方が利用する市庁舎として,きめ細かい対応が求められるのではないかと思います。現在の取り組みについてお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
 間もなく正午になろうとしておりますが,このまま高梨恭子君の一般質問を続行したいと思いますが,よろしいでしょうか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○議長(松丸修久君) 
それでは、引き続き一般質問を続行いたします。
総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君) 
 お答え申し上げます。 
 ただいまご指摘ありましたように,守谷市の市庁舎は、平成2年の11月に建設しておりますので,通称バリア新法,平成18年の12月20日に施行されておりますが,その適用外というようなことになっておりますが,実際、バリア新法関係で基準にうたわれているものについては,ほとんどがクリアされているというように認識しているところでございます。例えば、身体障害者用のトイレとか,それからエレベーターの設置とか,車いすがすれ違えるだけに十分な通路とか,そういうものについては設けておりますし,それから身体障害者用の駐車場ですか,そういうものについても設置はしてあります。
 ただ,今ご指摘ありましたように,その位置が、守谷市役所の場合,出入り口が1カ所でございませんので,その場所に行くのが、本当に知っている者でなければわからない,その表示が適切にされているかといいますと,今ご指摘いただいたような状況にございます。また正面玄関から入ってきたときのスロープそのものも,スロープの位置が非常にわかりにくいというような状況もございますし、それから,インターロッキングのがたつき等もございます。なかなか地盤沈下の関係とかそういう関係で一度直しているんですが,また段差が出てきているというような状況でございます。
 全体的に、身体障害者用の新たな、今、東側の方には身体障害者用の駐車場がございますが,西側の方にはございません。そういうところに新たな設置も含めて全体的に検討していきたいと思いますが,当初予算の中で、そういう予算を今年度組んでおりませんので,一度やってまた手直しというようなことになってもいけませんので,ユニバーサルデザインということをしっかり考えながら、どういうサインがいいのか,どこのところにそういう駐車場を新たに設ける必要があるのか,そういうものも十分検討しながら、予算を確保してなるべく早い時期に整備をしていきたいと考えておりますので,よろしくお願いします。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 市民の皆さんが集まるところです。ぜひとも検討,整備をお願いいしたいところです。
つけ加えですが,夜間の照明について一言申し上げます。
 私,通学審議会委員として、夜7時からの審議会,昨年暮れからことしにかけて何回か開催され,出席いたしました。夜9時過ぎまでの審議会が終わって,市役所建物から外に出ますと,真っ暗です。携帯電話の明かりをつけても足元まで確認できません。やみの中を一歩一歩確かめるように階段をおり,自分の車までたどり着いたときにはほっとした思いでした。夜間照明をずっとつけておくのが省エネにつながらないのでしたら,感知式の照明についても設置をお願いしたいところです。
 それでは,これから改修が始まる大型公共施設であります守谷市中央公民館については,どのような計画で,ユニバーサルデザインが施されているかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育部次長(豊谷如秀君) 
 中央公民館の改修工事,4月から予定してございます。
 バリアフリーの考え方のもと,可能な限り実施したいというふうに考えております。
 まず,外構工事の中で、道路から玄関の入り口付近まで、歩道に誘導ブロックを設置すると。それから,ホール入り口のホワイエ部分があるんですが,そちら現在段差がございます。これを段差の解消をしたいというふうに考えております。それからエレベーターにつきましても,車いす対応で,11人乗りのものを設置する,そういう予定でおります。以上でございます。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 中央公民館,皆さん改修を楽しみにしているところです。よろしくお願いしたいと思います。
 次の項目に移ります。カラーユニバーサルデザインということでお尋ねいたします。
 体が不自由な方が活動しやすいように,バリアフリーと呼ばれる対策が市内のいろいろな施設で行われるように,色の識別がつきにくいという視覚障害をお持ちの方々がいらっしゃいます。従来は、小学校で毎年全児童を対象に色覚検査が行われていましたが,1994年以降は4年時における1回だけになり,2003年からはその検査もなくなっている。そういったことから,自分で色覚の障害に気づかずに生活されている方も多いそうです。そういったことを踏まえ,色使いに配慮した公共施設の案内表示や市が発行する印刷物,特にたくさんの行政情報を伝える広報紙について,色使いの配慮はどのようになされているのかお尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部次長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君) 
 お答えします。
 視覚障害者も一人一人それぞれ障害程度が違いまして,さまざまであるために,現在、視覚障害者を持つ方に対する通知等について色使い等の配慮などの工夫は行っておりません。しかし,視覚障害者等を持つ方に対して視覚障害者用活字読み上げ装置や視覚障害者用拡大読書機を初めとする日常生活用具の給付を行っているところです。この施策は障害者の日常生活の便宜を図るため,障害を補うための手段として,日常生活用具を購入する際,購入費用の9割を公費にて補うものとなっております。市としましては,これらの日常生活用具の普及,活用を図ることで,障害を持つ人が日常生活を送る上で支障のないよう非常に努めていきたいと考えております。
 障害に対する対応や考え方においては,障害の種別や程度を勘案し,個々の障害者のニーズに合ったサービスの案内を行い,また必要に応じて、社会福祉協議会や他の機関と連携して支援を行う体制を構築するなど,相談、支援の充実を図っていきたいと思っております。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 いろいろ配慮されていることはわかりました。大変軽度な方にとって,また皆さんにとって,色がますます重要な情報伝達手段になっていることは確かです。
 つい数年前まで、白黒が当たり前だった新聞、雑誌など見る見るカラーになりました。地図や案内図もカラーでないとみすぼらしく見える時代です。公共施設や博物館,テーマカラーで色分けされ,カラフルな説明表示であふれていますが,ところがこれらの表示は一般の色覚の人の見え方だけを考えて設計されていて,色覚の弱い人が情報を読み取れずに不便を感じるケースがふえています。これを解決するのが,カラーユニバーサルデザインです。どんな色が区別しづらいかもわかっていますので,そういった色の組み合わせを考えて今後につなげていただきたいと思います。例を挙げれば,間違いやすい色の組み合わせは,赤と緑,オレンジと黄緑,緑と茶,青と紫,ピンクと白などです。例えば「広報もりや」これ緑と黒でできていますが,これに1色入ると1つの色が見落とされるということになっています,なっているようですので,これからつくられる上で、色の組み合わせなどを考慮していただきたいと思います。
 最後になりますが,心のユニバーサルデザインということでお尋ねいたします。
 ちょっとした心遣いやきめ細かな対応で補えるような心のユニバーサルデザイン,物や施設などのハード面のユニバーサルデザインが整備されたとしても,サービスを提供する人の心の優しさや思いやりがなければ,本当の意味でのユニバーサルデザインにはなりません。つまり,心のユニバーサルデザインとは,気づきや配慮,思いやりの心で対応することなのです。
 例えば,市庁舎に入ってきて、きょろきょろしている方がいたら声をかける,庁舎の入り口にある車いすをどうぞと案内する,銀行の案内係の方のようないわゆるコンシェルジュサービスが必要なのではないかと思います。特に守谷市では,転入されてこられる方も多いはず。初めて市役所を訪れる方,勝手がわかりませんよね,特別の方を配置してとお願いをしているのではなく,気づいたらだれもがそういう役割をするような取り組みをしてはいかがでしょうか,お尋ねいたします。

○議長(松丸修久君) 
保健福祉部次長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君) 
 市では市の職員の心得を制定しております。その内容は,共通事項として、私たち守谷市職員は、すべての市民が幸せに暮らせるよう、市民全体の奉仕者として常に市民の目線に立って考え行動し,また早くて的確なサービスと誠実で丁寧なサービスを行動指針として定めております。各課のモットーもまた定めているんですけれども,ちなみに社会福祉課としましては,博愛の心をモットーとしております。博愛とはすべての人々を広く平等に愛することで,課員全員がこのモットーを毎朝全員で唱和していますので,今後もこの気持ちを持って対応していきます。以上です。

○議長(松丸修久君) 
高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 心のユニバーサルデザインをぜひとも心がけていただくこと,人と人とのつながりが薄れていると言われている中,全国に先駆けて「きずな」という言葉を使われた市長のご見解をお願いいたします。

○議長(松丸修久君) 
市長会田真一君。

○市長(会田真一君) 
 今,高梨議員がおっしゃったような案内係ではありませんけれども,そういう制度をとったこともあるんです。10年ぐらい前になりますけれども。ベテランの職員が玄関のところでお客様に対して,どちらへいらっしゃいますかというふうな対応をとったこともございます、いっときありました。現在でも職員には、今おっしゃったようなきょろきょろしている人やなんかには、声をかけるようにというふうなことも言っておりますし,実際ある方とお会いしましたときに,守谷の市役所は、職員がサービスいいなと,おれがちょっときょろきょろしていたらば,2回目に行ったんだけれども,そういえばあの職員がこの中どこにいるんだろうなというふうにきょろきょろしていたら,職員から声をかけられて,何かお困りですかというふうな声をかけられたというふうなお話もお聞きしておりますので,今後とも、職員それぞれ、今の答弁で申し上げたように,それぞれが自覚を持って対応していきたいというふうに思います。

○議長(松丸修久君) 
 高梨恭子君。

○8番(高梨恭子君)
 ただいまの市長のご答弁で,守谷市全体が温かみのあふれた、声かけ合えられるような町になることを願って,以上で私の一般質問を終わります。

○議長(松丸修久君) 
これで高梨恭子君の一般質問を終わります。

 




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.