活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成23年第4回定例会 11月25日~12月5日


〔1番高梨恭子君登壇〕

○1番(高梨恭子君)
 通告1番高梨恭子です。
 朝晩大変寒くなってまいりましたが,高梨恭子,元気に一般質問をいたします。
 一つ目の質問です。
 みずき野に隣接する取手市貝塚地域で,また盛土工事が行われるということで,去る9月23日,業者による地元説明が開かれそうになりました。が,郷州公民館に集まった住民が説明会を成立させることなく,ボイコットした経緯がございます。その盛土工事についてお尋ねいたします。
 この地区は,ゴルフ練習場,霊園,ドッグランなど,幾度となく計画,造成工事などが施されてきました。住民の反対によりなされなかったものや,途中で話の消えたもの,また,実施途中で放り出されたことなどがありますが,今回の盛土の計画は,いつごろ市に出されたのか,そして,どんな対応をしたのか,その経緯についてお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 このみずき野地区隣接の盛土についてでございますけれども,ことしの6月20日付で茨城県から,取手市貝塚の土砂等による土地の埋め立て等に関する事前協議要綱に基づく意見が求められまして,関係各課で,問題点,指導事項等の意見を取りまとめまして,7月28日付で県に市の回答書を提出しております。
 その内容というのは,意見書の内容でよろしいのでしょうか。
 その内容につきましては,地元関係者に対する説明会の開催,または同意取得の必要性についてでございますけれども,それは,事業区域の隣接地地主及び区域の境界から半径100メートル以内に位置する近隣住民の同意を得ることが望ましい,また,300メートル以内の居住者に対しての説明会の実施が明記されておりますけれども,同埋立地区は,今議員からお話がありましたように,過去においても,墓地,レジャー施設,ドッグランほかの計画がありまして,当時周辺住民から反対運動があった経緯もございます。このようなことから,今回の埋立計画においては,周辺住民の周知徹底を図ることというようなことを明記しております。
 それから,土地利用上の整合性については,各課からいろいろ上がりまして,都市計画課においては,雨水の放流先が改良区となっていますが,守谷市側に流れるようなので同意はもらっているのかというようなことを明記しております。
 それから,建設課の方につきましては,土砂等の搬入工事についての特殊車両の場合の必ず許可を申請することとか,市道を通行する際の徐行と振動がないように配慮するとか,土砂等を落下させないこと,落下した場合には速やかに清掃してもとの状態に戻すとか,雨水排水はすべて宅内処理をすることとかを明記しております。
 経済課については,流末について改良区と十分協議すること,農業委員会においては,周辺農地に影響があると思われるため,土地改良区と協議をすることなどを配慮しております。そのほか,埋め立て等区域周辺の生活環境への配慮につきましては,埋立区域の土砂の搬入経路について,市内団地内の道路を使用する場合は,搬入計画を事前に説明するなど万全を期すこと,また,影響が出た場合は速やかに対処してください。学校教育課の方からは,工事車両が守谷市内の道路を通行する際には,児童生徒の安全確保を留意すること,以上のようなことを県に回答しております。
 それから,事業主さんの方にもこの意見書を提出しております。
 経過については,以上のような経過でございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 いろいろ近隣住民に対して市の方で話し合いをされて,そのような意見書を出されたということですが,私どものみずき野住環境プロジェクトというところでこの調査をいたしましたところ,この事業主体は金子不動産グループであり,この会社は,過去にゴルフ場,大規模霊園を計画した会社であります。このたび,埼玉県春日部市で計画されているショッピングモールからの土砂をそこに入れる予定になっているようです。
 また,今回の地権者の株式会社国際資源リサイクルセンターの代表は,あの霊園開発工事を仕掛けた元第一建設の代表と同じ人物です。現在その場所は,造成が途中でストップし,大量の建築廃材,コンクリート片などが投棄されたままになっています。計画に適合しないことを行い,放り出したということです。こういう背景を考えますと,地元住民としては,まず不信を抱くのも当然のことかと思います。
 そして,この土砂の搬入ルートが,新大利根橋を渡り,乙子からみずき野を抜け,やすらぎ苑のあたりから貝塚地区に入るということで示されています。その造成埋め立ての高さは,5メートルで計画されているようですが,面積2万9,900平米すべて土砂5メートルで盛り立てるとなると,搬入土砂は約15万立方メートルとなり,大型ダンプの10トン車で運搬,工事期間1年間とした場合,実働290日で計算しますと,土曜日を含み,1日当たり210台が往復するわけです。1時間当たり30台の割合で大型ダンプがみずき野町内のいちょう通りを往来することになるのです。郷州小学校の通学路にもなっている道路です。これでは,沿道での粉じん,交通騒音,振動による家屋への影響,児童の通学時間帯であり事故の発生の危険など,みずき野全体で大きな問題が発生する可能性があります。
 ただいまの生活経済部部長の答弁によりますと,そういうことが起こったらすぐに解消するようにという意見書でありましたが,事実,もしこの計画が実行された場合には,このような影響があるというところまで深くお考えいただいているのでしょうか。
 茨城県土砂等による土地の埋め立て等の規制に関する条例によりますと,住民説明会は,茨城県より取手市・守谷市長あてに,当該埋め立て等に対する意見を求め,意見に基づき住民説明会の開催を指示することとあります。先ほど説明もありましたように,守谷市もそのようなことでこの意見書を出されたのかと思われます。また,「該当埋立て等区域の周辺の地域の生活環境の保全及び災害の防止のために必要な措置を講じなければならない」「土地の所有者は,その所有する土地を土地の埋立て等を行うものに使用させる場合にあっては,当該土地の埋立て等を行う者により適正な土地の埋立て等が行われるよう必要な配慮をしなければならない」とあります。また,同条例において,周辺地域,埋め立て区域の境界から半径300メートル以内の住民に理解を得るように努めるとあります。この条例は,過去の都市計画法に触れる開発と異なり,非常に緩い規制になっており,そういうことも住民の心配の一つになっています。
 また,何度なく繰り返される貝塚地区の問題ですが,これまでの経緯を把握しているのは,県の技術指導課で土浦にございます。今回の担当部署は,茨城県生活環境部で,これは水戸になっております。この地区をめぐってのこれまでのいきさつが,担当部署が違うということで,県の方たちの情報の共有がなされているのかも心配の一つですが,その点についてお分かりでしたらご答弁をお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 議員ご承知のとおり,この埋め立てについては,5,000平方メートルを超えていることから,県の許可事業となります。今現在は,地元説明会の日程がまだ決まっていないというような状況で,次の段階に至っていない状況でありまして,県との共有というようなお話ですけれども,取手市内の事業ということではありますけれども,みずき野からすぐ隣接しているところですので,今後も取手市や地元の情報,それから県といろいろ連携しながら対応していきたいと考えております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 私がお尋ねしているのは,県の中で情報の共有がなされているのかということを,もしおわかりでしたらということです。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 申しわけありません。県の中でその情報が共有されているかどうかというのは,今,私把握しておりません。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ぜひともそこら辺のこともお調べいただきまして,これまでの経緯と,違う担当部署になったわけですから,それを引き継がれているように守谷市としても意見を言っていただけたらなと思います。
 また,持ち込まれる土砂について,残土受け入れ基準により,28項目の検査はもちろんのこと,放射性物質についても懸念されています。そういう検査をきっちりと実施していただけるよう守谷市にも対応をお願いしたいのですが,いかがでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 先ほどお答えしましたけれども,県の方に市の意見書を提出しております。それと同時に,この事業所にも出しておりますので,その意見に対する回答をいただくことにしておりますので,また,その中に放射性物質のことは入ってなかったのですけれども,改めてそれはお話したいと思っております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 よろしくお願いいたします。ただいまもございましたように,住民説明会がまだ開かれていないということで,どうにもならないということですが,今後,この住民説明会が開かれてこの工事が進行していく場合には,市はどのように対応されていくのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 済みません。先ほどの県の担当部署の件についてでございますけれども,県の担当部署は,以前と同じ本庁の部署だそうです。県廃棄物対策課には,事前に市の方からも伺って,打ち合わせはしているというようなことです。
 今の質問,済みません,もう一度お願いしたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 今後,住民説明会が開かれ,この盛土の工事が進んでいく場合に,市はどのような対応をしていくのかということです。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長 松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 この回答につきましては,先ほど回答させていただきましたけれども,取手市とか地元の情報を密にしながら,県とも県の廃棄物対策課と連携をとりながら協議していきたいと考えております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 では,そういうことでよろしくお願いしたいと思います。
 これまで,みずき野の住環境プロジェクトを中心として,貝塚地区の開発が持ち上がるたびに,自分たちの住環境を守るため,私たちはさまざまな活動をしてきました。むやみやたらに反対,反対と言っているわけではありません。適切な指導のもとに,住んでいる者の立場に立って,きちんとしたやり方をやっていただけるよう,市としても対応していただきたいと思っているのです。みずき野をついの住みかとして暮らしていく私たちにとって,住環境を守っていくことは必至のことです。1年経過すればこの話もなくなるそうです。これだけ何度も話の出ている場所ですから,しかも,たどっていくと,会社名は変わっていても,その経営者の名前は同じということ,そういったことを考えても,いずれまた何らかの話が持ち上がるでしょう。そのときにも,必ずこれまでの経過を見据えてきちんとした対応をしていただきたいのですが,市長のお考えをお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 市長会田真一君。

○市長(会田真一君)
 今部長の方から答弁したように,当該地は一応取手市でございます。しかし,守谷市に隣接しているということでございますので,守谷市としても関心を持ちながら,取手市,あるいは県と連携を密にして進めていくしかないと思いますので,今後も十分注意して見つめていきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ありがとうございます。市長もぜひコンクリート片が投棄されている取手市貝塚の現場を一度ごらんになってください。また,みずき野7丁目,8丁目の地区からもそこの場所をごらんになってください。計画に適合しないことが行われ,放り出されたところを見ていただければ,私たち住環境プロジェクト,また,そこに住む者の気持ちがわかっていただけるかと思います。
 お願いいたしまして,次の質問に移ります。
 二つ目の質問です。企業広告ということでお尋ねいたします。
 地方交付税や国庫補助負担金の削減,団塊世代の大量退職による退職手当金急増などで,自治体の財政は厳しい状況です。こんな中,企業広告を導入して財政難を補助しようという自治体がふえています。全国でホームページや広報紙に企業広告を掲載している自治体は280市区町村に上ります。そのほか,施設に企業名や商品名をつける命名権を導入しているのは10自治体あるそうです。経費削減,財源確保ということから,守谷市でも,広報紙への広告,ホームページのバナー広告,雑紙収集袋への広告など行っています。
 私が今申し上げたほかに導入しているものがあれば,現在行っているものについてお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 総務部長 寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 現在行っているものについては,議員が今説明していただいた内容どおりでございまして,そのほかに,広告という形ではないのですが,総合窓口課で窓口用の封筒,これについては,窓口用の封筒は寄附をいただいているのですが,寄附事業者,広告主を募集しまして,その広告料により作成しました諸証明用の封筒の寄附を受けておりまして,平成21年1月から約年間4万枚をいただいております。このものを市で作成したと仮定しますと,これは参考までですが,19年度に同じように窓口の封筒を4万枚作成しておりますが,それについては約11万円ほどかかっておりますので,そのくらいの効果があると思っているところでございます。
 そのほかと申しますと,先ほどありましたように,広報紙への掲載,バナー広告,そのほか雑紙のところがありましたが,市直接ではございませんが,守谷ハーフマラソンにおきましては,企業協力によりまして協賛しまして,大会用のプログラム等については作成を行っているという状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 それでは,広報紙の場合はどれぐらいの収入になっていて,割合ではどれくらい助かっているのかということ,また,バナー広告は,どれくらい企業広告があって,どれくらいの収入になっているのかをお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 総務部長 寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 22年度の決算の実績で申し上げますと,広報もりやの場合,掲載料から最初に申し上げますと,半枠と全枠というふうに,縦45センチ,横175センチ全部を使ったものが全枠といっていますが。

〔発言する者あり〕

○総務部長(寺田功一君)
 4.5センチと17.5センチでございます。大変申しわけございません。それが全枠と申しますが,それが3万円,それから半枠,その半分のものが1万5,000円というような1枠の掲載料をいただいているわけでございますが,22年度の実績で73枠の掲載がございまして,収入が114万円ほどございました。広告印刷に係る広告料の割合でございますが,約780万円ほどの印刷費がかかっておりますので,それの14.46%に当たります。
 それから,ホームページのバナー広告でございますが,1バナー当たり月額2万円ほどの掲載料をいただいておりまして,これも22年度の実績でございますが,93枠ございました。それで,収入としましては186万円の収入がございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 企業広告ということで,いろいろなところでこれを取り入れたらいいのではないかと私思うところでございます。主婦という立場から考えますと,小さいところから集める,「ちりも積もれば山となる」,できるものには何でも企業広告をやってみたらと思うのです。
 思いつくのは,給与明細への広告や封筒各種への広告,また,ごみ収集日のカレンダー,ごみ指定袋などの広告です。主婦は毎日目にします。そういったところにもぜひとも企業広告を導入していただきたいと思います。自治体にとっては経費の削減にもなるし,企業にとっても信用性が高い自治体の媒体を利用するということで,企業のイメージアップを図れるということではないでしょうか。
 先般取手市から手紙が来まして,見ましたところ,このように広告が入っておりました。こういった封筒にもしっかり企業広告が入っていて,取り組んでいるんだなという印象を持ちました。これから守谷市でも検討しているものがありましたらお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 総務部長 寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君) 
 今後の予定としましては,平成24年度に使用します納税通知書等の封筒につきまして,企業広告掲載の募集を現在行っておりまして,12月22日までの募集期間で行っております。これは6万5,000枚の封筒を作成するわけでございますが,封筒の裏面に2枠ほどの広告の掲載場所を設けております。1枠当たり13万円の広告料を予定しておりまして,2枠が埋まれば26万円ということで,これは来年度からやるということで今準備を進めております。
 今ご紹介がありましたように,そのほかの封筒もかなりつくられております。これらの封筒,それからカレンダー等も出しておりますが,そういうものについて広告が可能であるかどうか,枚数的にどうなのかというところも含めて,現在,事務改善研究会,庁内に事務改善研究会という係長クラスで組織している組織がございますので,そこで調査検討を行っておりまして,来年早々にやれればよかったのですが,もう印刷の準備等も進んじゃっておりますので,来年度中に結論を出して,その次の25年度に実施できるものについては実施していこうということで,現在調査検討を進めているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 守谷市でも自主財源確保の重要性や有料広告掲載の必要性を十分に認識していただいていることがわかりまして,大変安心いたしました。いろいろな方面からご検討をお願いいたしまして,以上で私の一般質問を終わります。

○議長(伯耆田富夫君)
 これで高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.