活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成23年第3回定例会 9月1日~9月16日


○1番(高梨恭子君)
〔1番高梨恭子君登壇〕

○1番(高梨恭子君)
 通告4番,高梨恭子でございます。
 本日は,三つの質問をいたします。
 まず,一つ目の質問,図書館のことについてでございます。
 守谷市の守谷中央図書館は,平成7年の開館で,守谷町,つまり「町」という自治体では大変にすばらしい立派な図書館だということで,当時,新聞や情報誌などでも大きく取り上げられ,話題になったのを記憶しております。そのときの理想というか,運営などの理念を現在も引き継いでいると思うのですが,そういったことをお示しいただくとともに,利用状況といたしまして,図書館の蔵書数や利用者数及び貸出冊数の経年変化をまずお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 お答えいたします。
 図書館の理念ということでございます。開設当時から変わっておりませんけれども,資料を求める方々に,効果的に,無料で提供するということがございます。どなたにも,そしていつでも,市内のどこに住んでいる方にも,どんな資料でも提供するサービスを行うということで,一貫して方針を貫いているということでございます。
 利用状況についてでございます。
 平成7年5月に開館をいたしまして,その当時の蔵書冊数は13万8,143冊でございました。平成22年度末では36万9,074冊ということになっております。
貸出冊数でございます。平成7年に37万7,591冊でございました。平成22年度は81 万4,403冊ということになっております。
 それから,貸出者数でございます。平成7年11万7,209人ございましたが,現在は倍近くの22万66人ということになっております。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 開館以来,常に蔵書数の2倍強という貸出冊数となるわけで,図書館員の方たちが,守谷市民の嗜好や動向を考慮してよりよい本をそろえている結果だと思います。その評価というか,守谷中央図書館が,全国の図書館から比べた場合はどんな状況であるのかお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 お答えいたします。
 図書館年鑑というものがございまして,2010年,平成21年度の資料でございますが,全国レベルのことでございますけれども,蔵書の冊数については第7位ということでございます。それから,貸出冊数は第2位,予約件数は第1位,資料費については第5位ということで,この当時は人口6万人規模の市町村ということでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいま聞いておりますと,どの部門においてもベスト10に入っているという,大変にすばらしい状況にあるわけですね。
 私は,実は図書館開館当時にちょうど1冊目の著書ができ上がり,寄贈させていただいたことがございます。館長さんから丁寧なお礼状をいただきました。
 さて,平成13年に「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」が文部科学省から出されました。11項目ほどの運営に当たっての努力目標が書かれています。いろいろございますが,細かいことは省略して,特にそのなかの1点,開館日時について,次のようにございます。「住民の利用を促進するため,開館日・開館時間の設定にあたっては,地域の状況や住民の多様な生活時間等に配慮するものとする」とございます。
 そこでお尋ねします。現在の開館日時はどうなっているのか,また,それはいつ決められたものか,これまでに延長や開館時間を早くする,遅くするなどといった要望や見直しはなかったのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 お答えいたします。
 現在の開館時間は,午前10時から18時となっております。開館当初から変わってないというふうに記憶してございます。
 それから,稼働率でございますけれども,日数にしますと約70%ぐらいということになっております。時間を延長してほしいという要望は前からございまして,大分前ですけれども,平成14年度に半年間だけ夜8時半まで試行的に延長した経緯がございました。ただ利用者が余りいなかったということで,延長をやめたという経緯がございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 平成7年の開館以来,同じ開館時間だということですが,県南の近隣の市,千葉県の東葛地域の市の図書館はどんな開館時間なのか,把握していらっしゃるようでしたらお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 近隣の開館・閉館時間等でございます。つくば市,牛久市は,9時からやっております。それから,取手市,龍ケ崎,柏,我孫子等は,9時30分からということでございます。 閉館時間につきましては,つくば市,龍ケ崎,柏市等が20時まで。我孫子市は21時,失礼しました,20時までが我孫子市ですね。19時までが,つくば市,龍ケ崎市,柏市。21時までが牛久市ということになっております。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 近隣は,1時間早く,また,閉館も2時間,3時間遅いということでございます。
 私も,夏は1時間早くの開館を,また,曜日で分けてでもいいですから,開館時間の延長をと望むところです。また,公民館図書館については,家庭からパソコンでリクエストをして,近くの公民館図書館に取りにいくという借り方も,使いなれると大変便利に使っているわけですが,現在,4時半に閉まってしまうという利用時間を,5時までとはならないのかと思うわけです。現段階でのお考えをお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 現在,公民館の図書室につきましては,9時半から16時30分ということで開館をしております。
 ただ,この公民館図書室につきましては,非常勤一般職員という図書館奉仕員の方1名で,交代ですけれども,運営しておるわけでございまして,早目に閉館をして整理をするというような時間も必要かなということで,今こういう時間に設定しているわけでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 全国でも類を見ない,守谷市民として誇れる図書館であるということは大変よくわかりました。また改めて再認識した次第です。
 理想的な図書館とは何か,どこで何で判断するのか,これからますます発展していく守谷において,開館時間について一歩踏み出していただくことを期待して,この質問を終わります。
 次に,二つ目の質問です。
 災害時の公共施設の避難誘導ということでお尋ねいたします。
 まず初めに,3月11日の大震災により,中央図書館,元気館などで一部建物損壊したときの誘導状況についてお聞きします。
 まず,中央図書館についてお聞きします。被害状況はどんなだったのか,誘導は,また,けがをされた方の状況は,そして,その後の図書館再開についてお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 中央図書館の被害状況でございます。天井落下を一部してございまして,3カ所で天井材,それから石膏ボード等が落下をしております。幸い児童フロアと成人フロアのアルミルーパーの脱落のほか,書架・電灯・蛍光灯の破損,書架の損傷,本の落下などが被害の主なものでございます。
 避難誘導につきましては,職員及び図書館奉仕員が中心になって行いました。幸い1階フロアについては,利用者が偶然おりませんでしたので,子供たちはだれもいなかったということでございます。2階,3階の利用者については,ホールを避けまして,落下の恐れがない低い天井の方へ避難をしていただきました。揺れがおさまった時点で,正面玄関の方へ避難するよう誘導案内を行っております。
 それから,1名だけ負傷された方がございまして,その方につきましては,職員が車で第一病院の方へ搬送いたしまして,診察を受けていただきました。その結果,左手首の開放骨折ということでございまして,3月18日に手術を行いまして,3月26日には退院をされ,退院後は自宅療養で回復に向かったということでございます。市からお見舞い金をお渡ししたという現状でございます。
 それから,災害のときに,図書館が3月から6月まで利用できなかったということでございまして,公民館の図書室の方を利用していただいたという状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 一つ目の質問でも感じましたが,守谷の誇れる図書館です。これからの防災も含めて,ますますの発展を望むところです。
 次に,元気館でも天井の崩落があったということですが,そのときの誘導,また,再開の時期についてお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 元気館の被害といたしましては,2階エントランス部分の天井落下とエレベーターが動かなくなってしまったというのが,被害の主なものでございます。
 当日の元気館の利用者が9名ございました。担当職員が1名でした。避難誘導の状況ですけれども,社会福祉協議会の事務局職員3名が2階に上がりまして,利用者をテーブルの下等に誘導しまして,安全確保を行いました。この時点では,まだ天井が落下しておりませんでしたけれども,余震のため,利用者の安全確保に努めておりましたところ,2階エントランス部分の天井の一部が外れ,徐々に落下しまして,階段が使えなくなったという状況でございます。その後,余震の合間を見まして,外側にあります2階の非常階段の安全を確保いたしまして,事務局職員と協力をして,利用者を順次1階に避難誘導させました。その後,全員の避難を確認いたしまして屋外で待機していたところ,雨等が降り出しました関係もありまして,送迎用のワゴン車内で車内待機をしまして,自宅での受け入れを確認しました後,全員無事に帰宅しております。
 以上が,当日の元気館の利用者等に対する避難誘導の状況でございます。
 この後,落ちました天井等の落下につきましては,修繕工事を行いまして,現在では供用を開始しているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 高齢者が集まるところは,本当に気を使っていただきたく思います。また,けが人がなくて何よりだったかと思います。
 現在,市内各地で活発に出前サロン事業が行われています。そういった場所での地震や火災といった災害時の適切な避難誘導について,何らかの訓練,指導が行われているのか,また,マニュアル化されたものなどあるのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 出前サロン等の利用者の件につきましては,地震対応のガイドライン等のものは現在ございません。これは,出前サロンの会場が,既に避難所であったり,あるいは地区の自治会館等でございましたので,これまで利用者向けの地震対応ガイドラインというものはございませんでした。今後につきましては,出前サロン利用者向けの地震対応のガイドラインを検討いたしまして,できるだけ早い時期に作成をして,対応していきたいと思っております。
 それから,現在のところ,出前サロンについては,避難訓練というようなことは行っていないのが状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 全サロンが,この4月から自主運営に切りかわりました。たまたまそういった場面に居合わせたボランティアの講師の方,また,運営に当たられる方にとっての,今どうしたらいいんだろうという心配の一つでございます。一日も早くマニュアル化などつくっていただきたくお願いいたします。
 次に,(2)といたしまして,公民館,指定管理者になっているところ,今後そうなるところの指導ということでお聞きいたします。
 一つが中央公民館について,二つ目がキターレ,ミナーデのような既に指定管理者になっているところについて,三つ目が,この9月から募集の始まったこれから指定管理者となる公民館の三つに分けてご質問いたします。
 まず,中央公民館についてです。
 401名が収容できる中央公民館ホールですが,イベント時には,中央公民館全体では,もっと多くの方が出入りしていることと思います。
 8月の終わりごろの新聞でした。水戸芸術館にて,実際の演奏プログラム中に地震を想定した避難訓練を組み込んだ「避難訓練コンサート」が行われたということです。出演者や観客も防災意識を高めてもらおうという初めての実施で,500人が仮想避難をしたというものです。集まった皆さんには,そういう訓練があることは知らされていましたが,どの曲のときかまではわからない仕組みでした。クラシック音楽のコンサート中,優雅な演奏が突然中断し,地震の効果音が響き,明かりが消え,大地震が発生しました,という訓練です。演奏者はドレス姿で,観客も着の身着のまま広場まで避難したそうです。10カ所ある非常口の前の方に避難が集中してしまったという分析もされて,全国でも珍しい取り組みとのことでした。こういう訓練をすることで,いろいろな状況分析ができ,これから役に立つということで新聞はまとめていました。
 守谷市の中央公民館でも,そういう訓練を,例えば今度10月2日に行われる防災シンポジウムなどのようなときにぜひ試していただきたいのですが,いかがなものかお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 お答えいたします。
 中央公民館の避難訓練ということでございます。消防法で定められておりますので,マニュアルは当然つくってございますし,訓練も実施をしてございます。ただ,今回の防災訓練のときにというようなお話でございましたが,それについて今のところ予定がございませんけれども,担当課とお話をしてみたいというふうに思います。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 中央公民館ホール近辺の構造上から見ても,狭い避難口に殺到してしまうのではないかと思ったりします。これから,何かの会の始まりには,避難口はあちらとこちらにあります,などというようなアナウンスをするということも大切なことではないかとご提案いたします。
 次に,二つ目,キターレ,ミナーデのような,既に指定管理者になっており,夏休みなどは特に子供たちが大勢集まっているような場所については,どのような指導をされているのかお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 児童センターの避難誘導等についてでございますけれども,平成23年度におきましては,市民交流プラザ及び南守谷児童センターでは,消防法に基づきまして,消火訓練及び避難訓練を年2回,それから,児童福祉施設最低基準に基づきまして,職員避難訓練や来館者を含めた避難訓練を毎月1回以上実施しております。
 キターレ,ミナーデにつきましては,以上のような状況になっておりまして,もう一つ,ひこうせんの方がありますので,こちらにつきましては次長の方からお答え申し上げます。

○議長(伯耆田富夫君) 
保健福祉部次長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君)
 守谷市障害者福祉センターひこうせんは,指定管理者であるキングスガーデンに委託して運営しております。この施設は,消防法施行規則で防火管理者にかかわる消防計画を定めなければなりません。この消防計画では,消火訓練及び避難訓練を最低でも年2回以上実施しなければならないことになっております。
 平成22年度は,5月31日に火災を想定した自主避難訓練を,9月21日には地震を想定した自主避難訓練を,11月5日には消防署立ち会いによる避難訓練を,合計3回実施しております。その報告は,毎月の定例報告により報告されております。
 23年度は,5月22日に消防署立ち会いによる避難訓練を実施いたしました。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 消防法をもとに訓練をされているということで,大変安心いたしました。
 これから指定管理者になる公民館については,どのようなご指導になっているのでしょ
うか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 今,社会福祉課の方からもありましたように,公民館についても,指定管理者を募集するときに,同じように消防法によりまして決められたことをやっていただくということで募集要項の中に明記してございますので,同じような訓練をしていくということでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 たまたまなのですが,近所の公民館で火災報知機が誤動作したことがございました。公民館のホールで50名ほど集まっていた人たちは,顔を見合わせるばかりでした。誤動作と判断してその報知機のベルをとめたのは,ホールに来ていたお客さんの1人でした。公民館についても,館長さんの不在のときは怖いわねというのが,集まった人たちの感想だったということをお伝えしておきます。
 3番目に(3)に移ります。
 来年度から,小学校の放課後子どもプランについて,今回の議案の中でも債務負担行為として補正予算がとられています。この議案が通れば,確実に来年度から委託業務に移行するわけですが,その内容についてお示しいただくとともに,まさに避難誘導についての指示,指導をどうされるのかお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
教育部次長豊谷如秀君。

○教育次長(豊谷如秀君)
 お答えいたします。
 業務委託の内容ということでございます。放課後児童クラブと放課後子ども教室を連携して今運営しておりまして,それを放課後子どもプランというふうに呼んでいるわけでございます。これを9校一括で委託をしたいということで考えております。現在のマネジャーさん,指導員,アルバイトなどの人員管理,それから,事業の運営を委託したいということでございます。指導員の方については,原則,今の方をそのまま雇用していただきたいということでお願いをしていく予定になっております。
 事業についても,現在実施しているものもそのまま踏襲をしていただきたいということでございます。
 あくまで委託業務でございますので,事実上の管理権は市にございます。児童の入所・退所,保護者の負担金の徴収,施設の維持管理・修繕等につきましては,今までどおり,市の方で実施する予定でございます。
 避難誘導の件でございます。現在,災害時の避難対応につきましては,学校がまだやっている時間帯については,先生方がいる時間という意味でございます,学校長が放課後子どもプランの施設長ということでお願いしてございます。学校の指示に従って行動してくださいということでお願いしております。
 また,学校の職員の方々が退庁した後は,毎月各学校の放課後子どもプランのもとに実施しております避難訓練に基づきまして避難するということになっておりますので,業務委託後も同様に実施していただくということでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 実際,3月11日の震災のときも,預けていたお母さん方は大変感謝して,最後まで連絡がとれるまで見ていただいたということで感謝しておりました。今後もそういうようなきめ細やかな子どもプランをお願いしたいと思います。
 共働き世帯がふえて,大切な子供をお預かりするわけです。郷州小学校では,年度初めの予測をはるかに超えた60数名が利用されているそうです。
 私事ですが,まだ郷州小学校に学童保育がなかったころ,うちも共働きで,うちの子供は守谷小学校の学童保育に通わせていただきました。大変優秀な指導員さんがいらして,散歩といっては,守谷城址,守谷沼,森林公園に連れていってくださり,守谷の昔話を聞いたり,イナゴを取ったり,ツクシンボや季節の草花の名前をいっぱい教えてくださいました。また,あるときは卓球を一緒にやったりと,小学校低学年という多感な時期を充実して過ごさせていただき,私,自分が一緒にできないことを,一緒にいられない時間を,大変有意義に過ごさせていただき,心から感謝しています。もう十五,六年も前のことですが,そのときのことは,今でも家族でときどき話題になります。この場をおかりいたしまして,当時の関係の方々に深く御礼申し上げます。
 委託業務となることにより,そこで働く方の意識も含め,サービスの低下が起こらないようにお願いするわけでございますが,日がわり,人がわり,ただそこに人がいればいいというようなことのないようにお願いしたいということでございます。
 市長のご見解をお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 
市長 会田真一君。

○市長(会田真一君)
 今回,委託業務ということで債務負担をお願いをするわけですけれども,当然,その業者さんには,今まで以上のサービスを心がけていただくようにお願いをしていかなければならないと考えておりますので,そういう点からすると,サービスの低下が起きないことを大前提として我々も考えているわけでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 誠意のあるお言葉を聞いて安心いたしました。
 続きまして,三つ目の質問です。
 節電対策の実施と成果についてお尋ねいたします。
 これまで,つまり夏に向けての取り組みと成果ということでお尋ねします。
 守谷市では,福島第一原発事故以来,いち早く節電対策本部を立ち上げ,近隣自治体が15%でも難しいのではといっている中,20%削減という節電目標を掲げました。すぐさま市庁舎の立体の明かり窓を農業用遮光シートで覆うなど,対策が新聞に掲載されたりいたしました。実際,日々の取り組みは,暑いときは大変だったとは思います。どんなもの
だったのか,具体的にお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 守谷市の節電対策につきましては,議員からおっしゃられましたように,節電対策本部を設置しまして,守谷市全体で節電に取り組んでまいりました。取り組み期間を5月1日から9月30日までとして,前年比最大使用電力の20%の削減目標を掲げ,市の施設35施設のほか,市民,事業者へ広報してまいりました。
 具体的な取り組みということでございますけれども,まず庁舎事務室内の照明を60%削減,それから,冷房温度管理は,設定温度を28℃として,計画空調によるローテーションで各フロアの空調機1台を輪番で停止させる,ピーク電力時の削減にも努めました。
 また,待機電力削減のためには,コピー機,プリンターに,スイッチつきのタップコンセントを購入し,つけました。
 さらには,今お話のありましたように,庁舎屋上の立体の明かり取りの窓ガラスに遮光カーテンを設置して,1階のホール日差しを約55%カットして,夏の室温を下げることができました。
 それから,ご存じのように,本庁舎のほか,保健センターや各公民館,それから各保育所等,15施設にグリーンカーテンを設置しました。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいまの取り組みにより,電力使用量におきましては,前年比ではどれくらいになったのかお示しいただければと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 以上のような取り組みによりまして,守谷市の各公共施設電気使用量が,昨年度と比較しまして,4月から7月までで32.3%の削減率となっております。目標は達成されたのかなというふうに思っております。
 それから,守谷市全体についても,東京電力に確認しましたところ,5月分までしか出ていないということですけれども,4月が11.1%の削減,5月が10.2%の削減率という状況でした。このようなことからも,守谷市全体で節電できたのではないかというふうに思っております。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 守谷市の取り組みにより,目標を上回る32%という削減になったということをお聞きして,また,市民の皆様の努力により,全体では10%強の削減になったということでございまして,大変安心いたしました。
 こういう災害が起きて,それまで何もかもが当たり前という生活が,エネルギーには限りがあるということを知り,節電や省エネということを一人一人が真剣に考えさせられた機会だったかと思います。
 昨日の守谷市のホームページには,市庁舎を囲むグリーンカーテンの写真が更新されていて,随分高いところまで伸びていっているんだなということがわかりました。9月といいましても,まだまだ暑いです。ことしは,各家庭でもグリーンカーテンが一層活躍していることと思います。
 さて,お彼岸を過ぎると,遮光とは逆に太陽の光がありがたく感じるようになります。そこで,これから冬に向けての取り組みについてお尋ねいたします。
 これからの冬に向かう取り組み,どんな取り組みを考えていらっしゃるのか,具体的にお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
生活経済部長松丸美恵子君。

○生活経済部長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 これからの冬に向けての取り組みということでございますけれども,先日,経済産業省による電気使用量の使用制限終了が決定されたところでございます。これによりますと,大口需要家は9月9日を最後に使用制限解除になりました。解除後も,15%の需要抑制は努力目標とするということから,守谷市としましても,無理をしない範囲で引き続き節電に取り組んでまいりたいと考えております。
 具体的な取り組みということでございますけれども,今までやっていました事務室内の消灯とか,待機電力削減とか,引き続き実施します。それから,必要に応じて対策本部の実行委員会というものがありますから,そちらの方で,冬の節電について検討していきたいと考えております。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 無理のない範囲ということで,仕事が効率よくできるように,また,小中学生がしっかり勉強できる,バランスのよい節約をお願いいたします。
 最後に,守谷駅のエスカレーターについてです。
 昨日9月12日から,鉄道各社,もちろんTXも,節電ダイヤが改善され,平日ダイヤを普通ダイヤとして運行となりました。新聞やニュースなどで周知されていたとおりです。
 つい数日前まで,「9月末をめどに運転します」という守谷市の張り紙のついた,ロープで囲われている守谷駅の4基のエスカレーターが,市民の願いが通じたのでしょうか,私がこの一般質問の通告をしたせいなのでしょうか,はたまた鉄道各社の節電対策にピリオドが打たれたせいなのでしょうか,当初の予定よりも19日も早く,昨日より運転されるようになり,大変ありがたくお礼を申し上げる次第です。
 毎日,通勤,通学で利用している方は,いつまで動かないのかなという率直な疑問,また,バスやタクシーの乗降場は屋根がありますが,階段には屋根がありません。屋根はエスカレーターに連結されているのです。雨の日などは少しの間でも傘を広げなくてはならず,屋根のある動かないエスカレーターが一層恨めしく思ったりしていた方は多いはずです。
 また,動かなくなった当初は,それはそれは非常事態であったため,協力はもちろんでした。しかしながら,あのエスカレーターは,たしか自動センサーで動くのでは,動かしてもらってもいいのではないか,電力使用時のピーク時は午後2時なのだから,朝の混雑時の1時間動かしてもらっても,という声も聞かれました。
 そこでお尋ねいたします。エスカレーターを動かなくしたことでの節電量,使用量の前年比についてお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 
都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君)
 市といたしまして,エスカレーターの管理をしてございました。そういうようなことで,今回の大震災を初めとして対策をしてきたところでございまして,9月12日に6時に通常運転に合わせまして,私どもも使用ができるようにさせていただきました。
 その使用量等々でございますけれども,昨年の8月の使用電気量1万1,822キロワット/hに対しまして,電気料金が18万7,287円でございました。ことしの8月の電気量4,860キロワット/h,料金が9万9,784円となってございまして,1カ月当たり8万7,503円の節電となってございます。比率では,電力量が58.89%の削減,料金で46.72%の節約となってございます。
 節電の間,大変市民の皆様方にご不便をかけましたことを,ここでおわびをさせていただきます。ありがとうございました。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 かなりの節電につながっているのですね。
 エスカレーターにかかわるメンテナンス費用というものは,動かしていても,動かしていなくても,ほとんど変わらないということをお聞きしていますが,それを含めた全体での節約はどのくらいの割合になるのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 
都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君)
 メンテナンスの料金でございますけれども,エスカレーター8基を動かしますと,あとエレベーター4基,合わせまして月当たり84万円ほどになります。そのうち,エスカレーターの保守点検業務としましては,全体の約75%を占めてまいりますので,今回の節電に関しましては,8.5%ぐらいの節約としかなってございません。

○議長(伯耆田富夫君) 
高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 機械は,車でも何でもそうですが,使っていないより使用していた方が,長持ちするし,故障も少ないということは耳にすることです。これまでのせっかくの市民の協力に対して,ねぎらいというか,ご協力に感謝する意味の張り紙などをしていただけたらと思います。例えば,1万1,800キロワット/月の電力が節電できたということであれば,市内何世帯分の電力使用量が節約できましたというような,具体的に,直接的にわかるような表現での「ありがとう」という張り紙をお願いしたいところです。そういった張り紙を見ますと,皆ほっとすると思います。
 また,今月24日,25日に予定の「きらめき守谷夢彩都」,守谷市を挙げてのお祭りで,守谷駅の東口,西口を行ったり来たりするようなイベントも考えられているようです。守谷駅のエスカレーターの早期運転再開に感謝いたしまして,私の一般質問を終わります。

○議長(伯耆田富夫君) 
 これで,高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.