活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成22年第4回定例会 11月22日~12月1日


〔1番高梨恭子君登壇〕

○1番(高梨恭子君) 
 通告1番,高梨恭子です。
 市庁舎の紅葉も赤く,とってもきれいでした。みずき野の街路樹の真っ黄色だったイチョウもすっかり散ってしまい,今週の初めには業者が入って落ち葉もきれいに片づけられました。落ち葉も慌てて掃除しなくてもと思うこともありますが,イチョウの葉っぱは油を含んでいるので,滑って危険なのだそうです。
 さて,本日は大きく二つの質問をいたします。
 まず,一つ目の質問は,高齢化を迎える住宅地の問題についてです。
 私の住むみずき野は,開発から30年余りが経過し,守谷市内では,高齢化する集合住宅地としては,その問題点も先進地なのではないかと思っています。
 よくマスコミに出てくるのは,松戸の常盤平団地の町内会やNPO法人による早朝のレストランや,孤独死を防ぐということで見回り隊などが,新聞やテレビでも紹介されています。また,柏の東急の団地なども同じような問題を抱えています。
 まず,(1)に挙げました空き家についてです。
 みずき野にも空き家が目立つようになりました。「貸し家」とか「売り家」という看板もちらほら。そういうところは,不動産屋さんの看板があるので連絡先がわかり,管理も行き届いていてありがたい方です。投資としてそのまま寝かせている家もございますし,ポストにチラシがあふれているようなお宅も見かけます。また,長期にわたり植木の手入れがされておらず,道路や隣の家までも植木が伸び放題というところも見かけます。
 隣の家の持ち主がわからないまま,万が一の災害などの場合連絡もとれないということが,今後起こり得るのではないでしょうか。
 現在,市内にどれぐらいの空き家があるのか,市として把握されているか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) 
 お答えさせていただきます。
 市内の空き家の現状でございますけれども,市として把握したデータはありませんけれども,総務省の統計局で調査しております住宅・土地統計調査によりますと,平成20年で住宅総数2万1,990戸,空き家数1,640戸,空き家率が7.5%となっております。
 この土地統計調査は,5年ごとに実施されております。前回調査の平成15年度につきましては,住宅総数1万8,510戸,空き家数が1,580戸,空き家率が8.5%となっておりまして,比較しますと,空き家数は60戸の増,空き家率が1ポイントの減となっております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
  7.5%ということですが,1,000件で75件,みずき野は2,000戸に該当する空き家は150件ということになりまして,私が歩いたりして見て回る数と,大体スパンごとに1軒,2軒ちらほら見えているような感じと同じかなというとらえ方をいたしました。それぞれいろいろなご事情はあると思いますが,数が多少なりともふえているというのは,これから心配になるのではないかなと思ってみたりしています。
 そんな中で,守谷市では,空き家をコミュニティの場にしようと,年間200万円程度の予算を計上しています。昨年度は,この予算は使われませんでしたが,この8月,下ケ戸地区におきまして,空き家利用のコミュニティ創出事業への応募が出て,運営が開始されたとのこと。関係部署の皆様のご努力のたまものと存じますが,さらにこの空き家利用を市内に広めるためにも,下ケ戸の例をご説明いただきたくお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) 
 下ケ戸地区の空き家を利用してのコミュニティ推進事業につきましてお答えさせていただきます。
 この事業につきましては,今,議員からご指摘のありましたように,21年の10月から募集開始いたしましたけれども,21年度は申請がございませんでした。22年の4月に募集を開始しまして,「広報もりや」,それから市のホームページに掲載し,また区長業務説明会で紹介させていただきました。7月5日に下ケ戸町内会より申請の受け付けがありまして,7月28日にコミュニティサロン運営に関する協定書を下ケ戸町内会と締結いたしました。8月29日に下ケ戸コミュニティサロン「ふれあい館」がオープンいたしました。
 現在までの利用状況としましては,その地域の老人会,それから子ども会や下ケ戸町内会の活動などに週3日程度利用されております。
 今後の計画でございますけれども,子育て中のお母さんの利用だったり,高齢者と子どもたちと一緒に,多様な年齢層がみんな一緒に集えるような場の設定をすることにより,「ふれあい館」を利用した地域の住民のコミュニティづくりを図る計画があるようでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 守谷市全体に先駆けて大変にうれしいことです。一度このような活動が始まった場合には,市との約束ではどれぐらいの期間継続できるのか。また,現在,年間2カ所分の予算になっていますが,今後この予算をふやす予定があるのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) 
お答えさせていただきます。
 今後どれぐらい継続していくのかということで,予算を含めてのご質問ですけれども,今,地域福祉計画座談会,ワークショップを各地域で開催しております。その中で,高齢福祉,障害福祉,母子・児童,コミュニティの各分野におきまして問題点の精査を行いまして,その中で空き家を活用しての地域のコミュニティ,居場所づくりが必要であるという意見が多数出ております。このようなことからも,将来的にはふえてくるのかなと,今,想定しております。
 今後,社会福祉課,介護福祉課,児童福祉課と連携しながら,世代間交流が図れる居場所づくりを市民の方の意見をお聞きしながら,積極的に支援,推進してまいりたいと考えております。
 予算につきましては,今年度は,前年度からの分2件と新規2件を見まして4件分計上させていただいているところでございますけれども,今後の予算計上につきましても,同じぐらいな件数を計上したいと思っていますけれども,申請状況,問い合わせとかを踏まえた上で今後判断していきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 この空き家利用ですが,空き家を提供してくれるということと,利用してくれる団体が必要だということで,大変難しい面もあるとは思いますが,市内全体に広めていただくことを希望いたしまして,次の独居世帯についての質問に移ります。
 まず,市内の独居世帯率はどれくらいでしょうか。また,高齢化率はどれぐらいになるでしょうか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えいたします。
 守谷市のひとり暮らしの高齢者は,平成22年10月1日現在で504人となっております。そのうち,みずき野地区のひとり暮らしの方は48人で,9.5%になっております。
 なお,高齢化率でございますけれども,市の高齢化率が14.4%,みずき野地区においては15.5%でございます。ひとり暮らしの世帯の割合につきましては,市が2.2%,みずき野は2.3%でございます。
 みずき野の特徴としまして,ひとり暮らし高齢者の世帯割合は,市全体と大きな違いはないものの,高齢化率におきましては,市全体よりも1.1ポイント高い状況がございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 今,分析も含めてお示しいただいたとおり,みずき野はややリードしているのかなという感想を持ちました。
 独居世帯を把握されているというように思いますが,その独居世帯の方には,どのような施策がされているのかお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えいたします。
 独居高齢者の方への支援ということですけれども,具体的な高齢者の支援につきまして,実際の対応事例について申し上げます。
 ことしは非常に猛暑であったため,民生委員や近隣住民等から,独居高齢者及び高齢者世帯でぐあいが悪くなったなどの通報が相次いでございました。市の地域包括支援センターでは,通報があった事案は,すぐに訪問を行いまして,次の3点の支援を行ったところでございます。
 一つ目に,訪問と同時に異常があった事案については家族に連絡を行いました。二つ目に,介護保険の認定申請,医療機関受診の手配や配食サービスの手続を実施いたしました。三つ目に,介護保険の認定結果が出て実際のサービス利用ができるまでは,相談等の支援を行いました。
 また,日ごろから,特に認知症の独居高齢者の場合等におきましては,地域包括支援センターが調整いたしまして,親族と介護支援専門員,それから民生委員,デイサービス職員等の出席によるサービス担当者会議を開催いたしまして,その情報共有を図っております。
 中でも,徘回がひどい高齢者につきましては,親族の協力を得まして,区長や交番などにも連絡をとるなど行いまして,地域のネットワークを形成できるような支援も行ってきたところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 今の最初のところで,通報があったところにはとおっしゃいましたけれども,ひとり暮らしの方が市への通報というのは,どういうふうに通報されるのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 状況にもよりますが,本人である場合ですとか,あるいは民生委員からという形での第三者からの通報,あるいは消防署等からの通報もあります。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 わかりました。独居予備軍といいますか,日中独居とか,ご夫婦で高齢二人暮らしというふうに広げていきますと,いわゆる独居予備軍の占める割合も高くなっていくのではないかと思います。皆さん元気で暮らしているのなら問題ないのですが,それぞれに病気があったり,通院したり,また介護が必要になった場合,急な健康上の変化,また事故があったときはどうされるのでしょうか。独居ではなく独居予備軍,日中独居,高齢ご夫婦暮らしの場合には市ではどんな施策をされるのか。何か施策をされているのであれば,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 今,独居予備軍という話がございましたけれども,独居ですと,本人がぐあいが悪いというような場合に,なかなか通報というのが難しくなると思いますけれども,複数の世帯であれば,そのどちらかの方ですとか,あるいは状況においては民生委員等の訪問ということもありますので,そういったことでの対応が可能かなと思っております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 私ごとですが,私の両親は二人とも高齢者で,二人で暮らしています。つまり独居予備軍です。父はパーキンソン病という難病で,毎食後に薬をきちんと飲むことにより,普通の生活が何とか保たれている状況です。一度でも忘れると,子どものようになってしまったり,身の回りのことができなくなってしまったりで,大変な始末になります。薬さえ飲んでいれば家庭での生活ができますので,本当に薬,薬と母は大変です。
 そんな両親のもとに,この3月,在住の市から緊急医療情報セットというものが配布されました。持病やかかりつけ医療機関,保険証のコピー,緊急連絡先,ふだん服用している薬などの紙ベースの情報を詰め込んだ容器「緊急医療情報収納セット」で,駆けつけた救急隊などが意識のない高齢者にも適切に対応できるようにし,救命率を高めるのがねらいとのこと。それが,どの家庭にもある冷蔵庫に入れてあるということが,ちょっとおもしろいところです。私の連絡先もその容器に記入して入れておくよという母からの電話で,それを知りました。
 まず,玄関に,このような救急車のマークが張ったシールを玄関入った裏側に張ってあります。そうすると,その家にはこの救急救命情報セットがあるということがわかります。そして,冷蔵庫,家庭の冷蔵庫を探すと冷蔵庫にも同じシールが張ってあります。冷蔵庫を開けると,この写真のような筒状の容器,高さ22センチ,直径6センチでプラスチック製のものです。この中に個人の医療情報が入っていて,至ってシンプルなものです。
 難病の父にとってはもちろんですが,介護している母に言わせると,母自身に何かあっても父の世話をきちんとしてもらえるという安心感を得たと言っています。
 実際そばにいて介護していなければわからない情報ですので,私自身も非常に助かると思いました。対象は高齢者単身,もしくは高齢者のみの世帯で,その地域では4,200セットで予算は200万円だったとのこと。守谷市でも,こういうアイデアぜひお考えいただけるとうれしいかなと思います。
 少し脱線いたしましたが,いつまでも健康でいられることが一番ですが,守谷市内において,65歳以上の介護保険利用者,また75歳以上といった場合には,介護保険利用者はどのぐらいいらっしゃにのでしょうか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えいたします。
 まず,人数ということですけれども,75歳以上の介護保険等利用している方につきましては3,521人でございます。それから,医療保険等を利用している方が3,444人という状況になってございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 この夏,所在不明の高齢者ということで報道がなされました。その調査の方法として,各種保険を利用されていない方が,まず調査の対象になったように記憶しています。
 守谷市の場合には,75歳以上でどこも悪くない方,しかしながら所在不明かもしれない方の調査はされていますか。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 守谷市が独自に行う行方不明高齢者の状況調査ということでございますが,これは必ずしも,今,議員からもお話がありましたように,行方不明であるということではございませんけれども,75歳以上の方で守谷市に住民登録をしている方を対象に実施いたしております。
 調査の内容としましては,75歳以上の方のリストに後期高齢者医療情報として受診状況,それから介護保険サービスの利用情報,さらに特定健康診査,人間ドック受診情報,それから高齢者福祉サービス利用情報などの情報を突合いたしまして,照合したデータの中で利用等の情報がない方は,守谷市の場合77名でございました。この方々に対しまして,保健福祉部職員による各戸への訪問調査を今月から来月にかけて実施いたします。これは既に調査の期間に入っております。
 以上のような状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 77名の方,それは対面調査ということでよろしいでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 調査の方法でございますけれども,これは高齢者宅を訪問いたしまして,高齢者本人と直接会って確認をいたします。高齢者が不在の場合には,家族に状況を確認いたします。調査につきましては,調査票を使用しまして,健康状態なども聞き取りを行う予定でございます。それから,何度訪問しても高齢者や家族に会えない場合等については,介護福祉課において再度対応していきたいと考えているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 続いて,(3)の民生委員の役割に移るのですが,今も話しましたとおり,この7月足立区での事件を発端に,所在不明高齢者問題が日本の各地で起こりました。事の発端は,東京・足立区の家族と一緒にお住まいの高齢者が,関東地区で最高齢になったようだということで担当の民生委員が訪問を繰り返していて,ミイラ化した遺体が発見されたという事件です。それから,全国各地で江戸時代生まれの人が戸籍上生存している実態が次々と明らかになり,歴史上の人物までも比較に持ち出され,毎日記録を更新していた時期もございました。戸籍上は生存しているが現住所がわからない100歳以上の高齢者は,23万人に達するという厚生労働省の調査発表もありました。
 守谷市においても,新聞にて120歳の方がおられるなどと書かれておりましたが,そういう方はどのぐらいいらして,どんな措置をとられているかをお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 当市における100歳を超えている高齢者の不明処理対応でございますけれども,この件につきましては,去る9月定例会におきましても質問があってお答えしているところでございますけれども,守谷市に戸籍がある方で100歳を超えている高齢者は26名おります。そのうち,住民登録されている方,所在がわかっている方が6人でございまして,所在確認がとれない方が20名いることを報告した次第でございます。
 その後,法務省から第2191号の通達がこちらに来てございます。その内容を見てみますと,120歳以上の高齢者につきましては,戸籍の付票に住所の記載がなく,生死及び所在につき調査資料を得ることができない等々の理由の者につきましては,法務局の許可を得て戸籍の削除することができる,このような通達があったわけでございます。
 このようなものを受けまして,守谷市としましても,120歳を超えている高齢者7名につきまして,現実的に調査しようがなく,また所在の確認がとれませんので,去る11月11日に水戸地方法務局龍ケ崎支局長に戸籍訂正について協議申請しているところでございます。現在,法務局で審査中でございますので,その結果はまだこちらに来てないわけでございますけれども,それらの結果を待って対応したい,そのように考えているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 ただいま100歳以上の方が26名,うち6名は生存されている。そして,残り20名のうちの7名が120歳以上で,その方に対しては手続をしている最中であると。そうすると,残る13名,100歳から120歳までの方というのはどのようになるのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 現在,先ほど申しましたけれども,120歳以上の高齢者という通達が来て,それに基づいて私ども事務処理しているわけでございますので,基本的には120歳になりました,またこのような手続をとるということが原則かなと思っているところでございます。
 また,そのほか官公庁からの通達とかそういうものがあれば,それに基づいてまた対応していきたい,このように思っているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 そうすると,120歳にその方たちがなるのを待って,法的手続に入るという理解でよろしでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 基本的なものはそういうことになります。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 わかりました。そして,この問題を受けてクローズアップされたのが,先ほどから出ております民生委員ですが,民生委員の役割及び仕事の内容についてお示しいただければと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
保健福祉部次長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君) 
 民生法で民生委員の業務の内容が示されておりまして,まず一つとしまして,住民の生活状態を非常にに応じて適切に把握しておくこと,二つ目としまして,援助を必要とする者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように生活に関する相談に応じ,助言その他の援助を行うこと,三つ目としまして,援助を必要とする者が福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供その他の援助を行うこと,四つ目としまして,社会福祉を目的とする事業経営する者,または社会福祉に関する活動を行うものと密接に連携し,その事業または活動を支援すること,五つ目としまして,社会福祉法に定める福祉に関する事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること,また,これらの職務を行うほかに,必要に応じて住民の福祉の増進を図るための活動を行うということになっております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 市内には何人の民生委員の方がいらして,1人どれだけの方を担当しているのか,最大でどれぐらいの世帯,最少ではどのぐらいか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君) 
 今現在の守谷市の民生委員は,民生委員・児童委員ということで87名の方がいらっしゃいます。そのうち,主任児童委員といいまして,担当地区を持たない児童委員が5名いまして,実質的に担当地区を持っている民生委員は82名です。本来1人当たり,人口10万人未満の場合には,120世帯から280世帯までの世帯を担当するような形になっていますが,今現在,守谷市の11月1日現在の人口におきますと,1人当たり平均283世帯を持っております。一番少ない地区では100世帯370人,一番多いところでは,ひがし野地区の高層マンションが建っていますので,769世帯1,820人を担当するような形になっております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 1人で受け持たれている数も多い方もいらっしゃるということで,民生委員の役割というものは大変なものと思います。今後,高齢者の増加に伴い,民生委員の数をふやすということはご検討されるでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 保健福祉部次長横瀬 博君。

○保健福祉部次長(横瀬 博君) 
 お答えします。
 ことしの12月1日付で民生委員の一斉改選があります。そのときに,今現在87名だったものを,90名にふやすということでいろいろお願いしたところですけれども,最初は3名の増員の方すべて了承していただいたんですけれども,1人の方が,その後内定した後病気になってしまいまして,今回はお引き受けすることができないということで,2名の増員になってしまいますけれども,今現在11月末までは87名,12月1日からは89名ということになります。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 大変ありがたいことです。ご町内の情報を持ち,常日ごろご近所への配慮をされている民生委員の方々に敬意を表すとともに,また,既に何回か開催されている福祉の座談会,ワークショップ,私もみずき野地区で参加させていただいていますが,地域福祉計画を作成するためとのことです。ぜひともよい計画ができるようお願いいたしまして,次の質問に移ります。
 次は,(4)ペットの増加ということでお尋ねします。
 高齢化する住宅地においては,子供の数よりもペットの数が多いと思われるほど,天気のいい日の朝晩は,まさにペットの散歩ラッシュです。11月14日の茨城新聞のコラムにもありましたが,県内の犬登録数は2009年度末で20万匹に迫ると。その一方,悲しいかな,飼い主から見放されるなどして殺処分された数は,減少傾向にあるものの,同年末で4,000匹を超えるというものでした。
 守谷市内では,犬登録数,そして処分数はどれぐらいあるのか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 守谷市における犬の登録数でございます。これは平成21年度末でございますけれども,4,397頭でございます。
 それから,もう一つの質問,ちょっと聞き逃したもので,済みません。

○1番(高梨恭子君) 
 処分数。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えします。
 捕獲頭数でございますけれども,23頭でございます。なお,この23頭につきましては,捕獲された後,茨城県の動物指導センターに一定期間保護されるわけでございます。この間飼い主が見つかったり,引き取られる,そういう場合がございまして,その後致死処分となるわけでございます。
 そういうわけで,守谷市が捕獲した犬が引き取られたかどうかは確認できませんので,守谷市で捕獲されたものは最大で23頭だということでございます。もちろんこの中には,捕獲したけど新しい里親ができたとか,飼い主が見つかったとか,そういう件数は入っておりませんのでご報告いたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 犬について言えば,狂犬病の予防接種が義務づけられています。その接種率はどれくらいかをお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 先ほど頭数4,397頭と答えたところでございます。そのうち,注射済みの頭数は3,661頭で,接種率83%でございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 そうすると,17%の方が受けていないということですが,そういうケースについてはどのような指導をされているのでしょうか。また,マナー啓発はどのようにされているのか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 指導方法としましては,登録後10月秋口に,未実施者について再通知いたしまして,督促をしている状況でございます。そのほか「広報もりや」に記事を掲載し,啓発してございます。また,長期間連絡のない,届け出のない方に関しましては,直接電話対応などで,死亡等,もしくはあげたとか,そういうものを確認している状況でございます。
 それから,マナーにつきましては,これは登録時も同じようなことをしているわけですけれども,1年に1回の接種義務,それから特定犬,秋田犬とか土佐犬,ドーベルマンなどは特定犬になりますので,特にということでその飼い方などを指導,それから飼い主のマナーということで,特に私どもの生活環境課に寄せられる意見としましては,飼い主のマナー,例えば犬の徘回とか,鳴き声とか,ふんの始末とか,そういうのが寄せられておりますので,それらにつきましては特に指導しているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 今,一部クレーム等についての説明もございましたけれども,いわゆるペットについてのクレーム,それから犬以外の種類のペットが守谷市内で飼われているという報告があるのか。また,ペットによる事故などの報告が市内であればお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 まず,最初,犬がかみついたなどの報告でございます。茨城県全体では,昨年度147件の届け出があったそうでございます。守谷市におきましては,報告があるものは年に1件程度でございまして,昨年度も1件で,ことしも1件そういう報告があったところでございます。
 そのほかのクレーム等でございますけれども,犬猫に関するもの以外は,特に捨てられるとかの苦情はないところでございまして,件数でいいますと,マナーの問題が17件と一番多いところでございまして,そのほか遠ぼえ,鳴き声が9件と多いような苦情の内容でございました。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 一つ漏れていたのが,犬以外の種類のペットの報告というのはあるでしょうか。ちょっと変わった動物を飼っていらっしゃるとか,そういう報告というのは市としての把握というのはあるのか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えします。
 質問の趣旨,取り違えているかもしれませんけれども,犬以外のものからかみつかれたとか,そういう苦情というふうに理解してよろしいでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 事故ではなくて,犬以外のペットを飼われている,例えば獰猛なペットというんですか,カメとかヘビとか,把握できないのであればそういうお答えをいただきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 特に私どもで把握していない状況でございます。ただ,個人的な情報という感じでは,あそこの家ではこういうものを飼っているというのはある程度わかっております。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 わかりました。高齢化によって,愛玩動物というんですか,猫とか犬とかのペットを飼われている方がかなりふえているように思います。マナー啓発にもご尽力いただけるようにお願いいたしまして,大きな一つ目の質問を終わります。
 二つ目の質問に入ります。二つ目は,霊園墓地建設についてです。
 数年前,みずき野に隣接する取手市貝塚というところで墓地建設の話が持ち上がり,当時大変な反対と署名活動がなされたのも記憶に新しいところです。そして,最近になり,守谷市本町金ケ崎という場所で,墓地建設反対の旗が立ち始めました。聞くところによると,取手市の野々井というところでも,似たような地形を選んで墓地建設の話があるということです。
 まず,(1)の質問です。近隣市を含めて,市が把握している墓地及び霊園の建設計画はあるのでしょうかということでお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 私どもで,取手市,常総市,つくばみらい市,近隣市町村ということで問い合わせしたところ,新たな墓地建設はないということでございました。
 ただ,今,議員からご紹介ありました貝塚地区につきましては,議員からもご紹介にあったとおり,不許可,許可されないという経緯があるところでございますけれども,もう一つの取手市の野々井の例は,私ども把握していませんので,詳細はわからない状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 市の方ではそういう計画については把握されていないと,近隣市においては把握されていないということですね。守谷市では,今はどういう状況でしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 この墓地建設につきましては,平均,年間一,二件程度の問い合わせはあるような状況でございますけれども,具体的に申請書が提出されるまでには至っていない,このような状況でございます。
 そのような中,議員からもご紹介ありました金ケ崎地区ですか,これにつきましてはまだ正式に経営許可申請書は出されていない状況でございますけれども,去る9月29日ですが,地元説明会を実施したとの報告を受けているところでございます。これにつきましては,地元からの問い合わせもあり,私どもとしましても,事業者に概要等がわかる資料の提出を求めたところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 つまり計画は持ち込まれるものの認可には至っていないというのが現状のようですね。
 そうしますと,(2)の質問に移りますが,そういった墓地,霊感の造成の法的手続,それから許認可の具体的な方法,そういったものについてお尋ねしたいと思います。つまり開発する業者はどんな手続で開発が行われるようになるのか。守谷市でそういう事案が出た場合にだれが許可するのか,その辺のところをお示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 まず,手続等でございますけれども,墓地には種別が4種類に分かれてございます。まず,一つが霊園墓地でございます。これは地方公共団体や宗教法人等が経営する墓地でありまして,その墓地所有者につきましては信者,宗派を問わない,これが霊園墓地でございます。二つは寺院墓地でございますけれども,これは宗教法人が自己の用に,信者のために使用させる目的で経営する墓地でございまして,三つ目としては共同墓地というのがあります。この共同墓地というのは,自治会等の地域共同体の構成員のみ使用される,これが共同墓地でございます。四つ目に個人墓地というものがございまして,これは墓地使用者個人みずからが経営する墓地ということで,この4種類に分かれているところでございます。
 今回の金ケ崎地区の墓地については,霊園墓地となっているところでございます。これらにつきましては,墓地埋葬等に関する法律というものがございます。また,それに基づく県条例がございます。並びに守谷市の規則要綱等がございます。それらに基づきまして,守谷市に申請することになります。また,このほか都市計画法に基づきまして,開発行為等の許可が必要なときもございます。これらのときも,守谷市に申請することになります。よって,許可は守谷市長ということになります。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 守谷市にいろいろなことを申請するということで,今まで市の方では,金ケ崎地区に関する資料というのはお持ちでしょうか。申請書類というのは一切出ていないということでよろしいのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 まだ正式なものは出ていないものですから,確定的な位置,面積というものはわかりませんけれども,先ほど答弁いたしましたとおり,事業者に概要等がわかる資料の提出を求めておりますので,そういう意味で概要はわかってございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 9月に行われた守谷中央霊園説明会次第(仮称)ですけれども,このような資料が手元にあるんですけれども,この資料によりますと,8,200坪の土地に4,200基の墓地ということが書かれております。隣接しているみずき野として最も心配していることは,この8,200坪の土地に盛り土をして造成するというふうに計画書にはのっているんですが,その搬入の土の量が多いということから,かなりのダンプがみずき野町内を走行するのではないか。騒音とか,道路がほこりになるのではということをまずもって心配しています。
 敷地全体を2メートル土を盛るということにすると,5万4,000立方メートルという土の量だそうで,10トンダンプ約9,000台に相当するということ。造成工期が,この説明書からすると,残りあと5カ月ぐらいでつくるというふうに書かれておりまして,それを考えると,1日の走行すごいうるさいんじゃないかとか,そういうことがまずもっての当面の心配でございます。
 また,本当に霊園になるのか。ただの残土処分場になるのではないかということを心配しているわけで,その辺は市の条例などで規制がかかっているのでしょうか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 霊園の場合,計画ですと,先ほど申し上げたとおり法に基づいて対応する,許可するということになりますけれども,それ以外のこと,例えば墓地以外であっても,盛り土するようなものであれば,土砂等による土地の埋立て,盛土及び堆積の規制に関する条例,こういうものがございまして,規制されることになります。
 また,その土地の利用によっては都市計画法による開発行為の許可,先ほどの霊園の場合を言いましたけれども,霊園以外の土地利用であっても,場合によっては都市計画法による開発許可が必要になる場合がありますので,それらの基準を守るように規制されるということになろうかと思います。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 ただいまご答弁にありましたように,盛り土条例,それから都市計画法というものがあって,守られているということで,多少安心したところでございます。
 (3)の市としての対応はということになるわけですが,全国的にふるさとのない団塊世代がお亡くなりになった場合,墓地は不足するというふうに考えられているようですし,定年退職した途端に墓地のダイレクトメールがたくさん来るということも事実でして,ご近所の方も,茎崎,つくば市ですが,霊園をこの春購入したということでした。
 守谷市において,また近隣においても墓地が不足しているのか。市としては,今後この
ような計画が持ち込まれた場合にはどのように対応していくのか,お示しください。

○議長(伯耆田富夫君)
 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) 
 お答えいたします。
 墓地については,人口増があれば当然それなりの墓地の需要はあると認識しているわけでございますけれども,市としての対応としましては,今回の件で言いますと,まだ正式な経営許可申請書は提出されていないもので,それらの審査ができない状況でございますけれども,これらにつきましては法に基づいて対応していきたい。霊園計画がありましたら,今回の計画にかかわらず,すべての計画につきましては,法に照らし合わせて開発基準,立地基準,技術基準,それらに該当するかを精査して対応していきたい,そのように考えているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君)
 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 
 9月25日の地元説明会の後,同意も得られないうちから,10月の中旬のある日,測量のために早朝から重機の入った整地作業などがあり,隣接する住民は気持ちの上で何らかのこじれがあったように聞いています。市の適切な指導措置をお願いいたしまして,本日の私の一般質問を以上で終わります。

○議長(伯耆田富夫君)
 これで高梨恭子君の一般質問を終わります。

 




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.