活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成22年第3回定例会 9月1日~16日


〔1番高梨恭子君登壇〕

○1番(高梨恭子君) 通告1番,高梨恭子です。
 今回で8回目の一般質問になりますが,1番になったのは初めてのことで,大変うれしく思っております。
 中央政界では,民主党の総裁選をめぐりまして大変に関心が高まっておりますが,私は,粛々と足元の問題を見つめていきたいと思います。
 それでは,早速質問に入ります。
 一つ目の質問は,地域公共交通についてです。
 モコバス導入して1年が経過したわけですが,その現状ということでお尋ねいたします。
 モコバスの利用状況として,月別の利用人数,運賃収入をお示しください。また,路線バス,シャトルバスについても同様にお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 お答え申し上げます。
 今議員からありましたように,モコバスを導入しまして1年になります。このモコバスでございますが,「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に基づきまして,法定協議会としまして,守谷市地域公共交通活性化協議会を昨年設置し,バスルートの再編・見直しを,実証実験という形で昨年の8月1日から実施してきているところでございます。
 今ございましたように,1年がたちましたので,まず,モコバスの利用状況から申し上げます。モコバスにつきましては,6台の車両で,白寿荘・板戸井ルート,それから南守谷ルートの二つのルートを,それぞれ右回り,左回りということで,4ルートを1日当たり87便運行をしております。
 輸送人員でございますが,白寿荘・板戸井ルートにつきましては,昨年の8月1日からことしの7月31日までに,3万9,598人が乗っております。南守谷ルートが2万3,522人,合わせまして6万3,120人でございます。これを月平均に直しますと5,260人,1日平均では175人でございます。
 モコバスを導入する前のやまゆり号の利用状況としましては,3台の車両で,市内を4ルート,1日当たり32便を運行しておりましたが,そのうちの白寿荘・板戸井ルート,南守谷ルートのみを最初にご紹介をさせていただきます。
 白寿荘・板戸井ルートにつきましては1年間に2万7,700人,南守谷ルートが1万3,294人,合わせまして4万994人でございますので,月平均にしますと3,416人,1日平均では114人でございます。
 利用者数を比較してみますと,二つのルートの比較でございますが,輸送人員では2万2,126人,月平均では1,844人,1日当たりでは61人が,モコバスを利用したことよって増加いたしております。
 次に,やまゆり号の北守谷ルートにつきましては,先ほど申し上げました協議会の中で検討した結果,路線バスへの見直しを行っております。新規路線バスとしまして,北守谷急行バスを運行しておりますので,やまゆり号の北守谷ルートと北守谷急行バスの運行についての比較を申し上げたいと思います。
 北守谷急行バスの輸送人員としましては,昨年の8月1日からことしの7月31日までの1年間で9万8,965人,月平均では8,247人,1日平均では275名の方に利用していただいております。やまゆり号の北守谷ルートの20年4月1日から21年の3月31日までの1年間の実績としましては,輸送人員が2万3,632人,月平均では1,969人,1日平均では66人でございましたので,北守谷急行バスを導入したことにより,輸送人員としましては7万5,333人,月平均では6,278人,1日当たりでは209人の方が多く利用しているという結果になっております。
 そのほかの路線バスとしましては,関東鉄道の方で数回実施する乗降調査結果によりますと,1日当たりの平均輸送人員は,取手駅西口から守谷駅東口の,みずき野7丁目と守谷駅東口間の利用者数が194人,それから,新守谷駅から守谷駅西口間が293人,美園の循環バスが131人,それから,猿島・岩井から守谷駅西口の路線の,せせらぎの小路から守谷駅西口間の利用者数が31人,小絹駅から守谷駅西口の路線の,せせらぎの小路から守谷駅西口間が88人となっております。
 次に,運行経費でございますが,これについては,モコバスの6台の車両全体としてお答えさせていただきたいと思います。
 運行経費でございますが,21年度の実績,これは8カ月になりますが,6,641万7,000円の市からの負担金を出しております。その負担金の月平均としましては830万2,125円,運行費1台当たりの月平均の経費でございますが,138万3,687円となっております。これを1年間にまとめてみますと,運行経費として,市からの負担が9,576万6,387円ということで予定をしているところでございます。
 今申し上げましたのは市からの負担金でございまして,運行経費には,その市からの負担金と運賃収入を合わせました額が実際の運行経費となりますので,その額を申しますと,まだ1年間トータルしておりませんが,予想としては1億574万2,187円ほどの運行経費がかかっております。そのうちの運賃収入としましては997万5,800円,運行経費の9.4%程度が運賃収入として賄われているというのが今のモコバスの状況でございます。
 やまゆり号でございますが,先ほど申し上げましたように,3台の車両で4ルートを運行していたわけでございますが,現在は,北守谷地区とみずき野地区はモコバスの方は運行していませんが,トータルで当時の4ルートを運行した経費をご説明したいと思いますが,運行経費としましては,市からの負担金2,127万7,864円,月平均にしますと177万3,155円,1台当たりの月平均としましては59万1,052円,運賃収入を合わせました実際の運行経費としましては2,754万2,754円で,そのうちの運賃収入は626万4,890円でございましたので,22.75%を運賃収入で賄っていたという状況でございます。
 それから,北守谷の急行バス,これは路線バスとして負担金等も入れていますので,わかっておりますので,その経費についてご報告しますと,21年度の運行経費の実績としましては,これは8カ月分ですが1,247万4,511円,それを月平均にしますと155万9,313円,1台ですので,そのまま1台月155万9,313円になっております。運行経費の1年当たりの負担金としては,1,915万9,814円になる予定でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいまの大変詳しい説明によりまして,やまゆり号との比較などなどちょうだいいたしまして,利用者が多少なりともふえていて,少しでも守谷のバス状況,公共利用はよくなっているのではないか。ただ,それに対する経費としては,運行経費のうちの10分の1にも満たないというところが,今後の課題ではないかと考えております。
 さて,この事業は,冒頭にただいま総務部長からご説明いただきましたように,国土交通省の「地域公共交通活性化・再生総合事業」への応募でなし遂げられたものです。この趣旨の中には,路線バスの急行バス化と,路線バスとコミュニティバスの乗り継ぎ実証実験などの事業を実施するとございます。ただいまの説明の中に,路線バスの急行バス化というのは,新守谷駅から守谷駅までの急行バスが出ているということ。では,路線バスとコミュニティバスの乗り継ぎ実証実験というのは,どのような成果を得ているでしょうか。たしか4カ所乗り継げる場所があると思いますけれども,1日の平均乗り継ぎ数,乗り継ぎ利用度といいますか,そういったものがわかったら数字でお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 お答えします。
  路線バスとモコバスの乗り継ぎでございますが,昨年の8月1日からの最初から実施しておりまして,乗り継ぎ者数が2,294名,月平均としましては191人,1日当たりの平均が6.4人となっております。
 それから,モコバス同士の乗り継ぎも,途中で希望が出まして,昨年の11月1日から実施しておりまして,ことしの7月31日までの9カ月間でございますが,乗り継ぎ者数が348名,月平均で39人,1日当たりにしますと1.3人という実績でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 さて,昨年9月の私の一般質問におきまして,これに関する質問をいたしました。地域間交流バスというのが2011年開通と計画にありました。それは,郷州沼崎線の開通とともに,守谷市の東と西を結ぶ路線として考えられており,郷州沼崎線の開通の見通しがおくれるようなら,ぜひともその一部だけでもバスを走らせてほしいと要望いたしました。
私の住むみずき野地域は,守谷駅に向かう路線バスだけの運行で,守谷駅まで行って乗りかえないと,公共交通を使っては市内の西側に行けないというのが現状です。最速に市役所に行くには,例えば朝9時22分にみずき野中心部のバス停から路線バスに乗ります。そして,9時35分に守谷駅東口に到着し,駅の西側に出て7分後に出発する9時42分のモコバスに乗りかえます。そうしますと,9時55分に守谷市役所に到着ということになり,ドア・ツー・ドアで前後5分ずつを加算して,約45分でみずき野から市役所に行けるということになりました。しかしながら,用事を終えて帰るバスを探すと,思うようには帰れません。日常の衣料品の買い物や日用品の買い物などでは非常に不便を余儀なくされており,ついついマイカーを使ってしまっているのが現状です。
 この地域間交流バスが,みずき野から関東鉄道常総線の西側に出て,大型商業施設を回り,守谷駅に行くようなルートを走ってくれればというのが地域住民の願いでもあり,私の所属する「明日のみずき野を考える会」からも提案し続けてきた案件であります。
 先月,私のパソコンに1通のメールが届きました。国土交通省のホームページを見てください,守谷市のバスのことが公開されているので確認してくださいというものでした。早速国交省のホームページを見て,茨城県の守谷市の部分をダウンロードし,これがそのPDFをプリントしたものです。ここには,みずき野からけやき台・松ケ丘へ回る地域間交流バスのコースこそ示されておりましたが,いつから運行というようなことは書かれておりませんでした。
 そこでお尋ねいたします。この国土交通省から認定された新事業,地域間交流バスは,いつから,1日どれくらい,どのようなルートで運行されるのかお示しください。また,モコバスとの乗り継ぎなどについてもお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 お答え申し上げます。
 今議員からご紹介がございましたように,地域の皆様方から要望が数多く出されておりますし,また,一般質問の中でも要望が出されておりましたことから,先ほど申し上げました守谷市地域交通活性化協議会に諮りまして,今年度実施するということ。先ほどご紹介ありましたように,平成23年度から郷州沼崎線の開通に合わせて実施するという予定でございましたが,それを前倒ししまして,今年度から行いたいということで,先ほど申し上げました協議会にも諮りまして,ことしの4月に国土交通省に事業計画の変更申請を行ったところでございます。
 ルートとしましては,パークシティ守谷からジャスコ・西友楽市・ジョイフル本田・けやき台中学校・ロックシティを経由しまして守谷駅を結ぶルートとなっておりまして,便数は,朝の9時台から夕方6時台まで,1日5往復,10便と予定しております。この実施時期でございますが,ことしの10月1日から予定をしているところでございます。それから,モコバス等への乗り継ぎでございますが,乗り継ぎの可能なバス停を6カ所ほど予定しているところでございます。その具体的な場所としましては,向山,西友楽市前,けやき台4丁目,ロックシティ前,守谷駅西口前,守谷駅東口というような6カ所を予定しているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 これが運行されますと大変に便利になりますね。みずき野から,マイカーを使わず,市内の行きたい商業施設に行けるようになるわけです。しかも,これまでの半額の運賃になるわけです。なぜならば,今まで,路線バス同士の乗りかえですと割引がなく,400円かかっておりましたので。また,乗り継ぎの場所も6カ所ということで,モコバスと乗り継ぎができれば,市役所にも,守谷駅まで出ないで容易に行けるようになるかと思います。
 さらに,商業施設とタイアップした利用策,何円か以上の買い物で片道無料チケットなどがいただけるというような,利用促進がされたらいいかなと考えております。
 この地域間交流バスのルートは,以前,美園行きバス路線が使用していた部分があり,ダイヤ改正により廃止された経緯があります。停留所名を申し上げます。松ケ丘1丁目(そよかぜ公園の前),けやき台中学校,けやき台6丁目(ハンス・ホールベックの前),けやき台(高野公民館の北側),西友楽市敷地内,けやき台3丁目(けやき台公園そば),これらのバス停は,2005年8月24日から2006年12月15日までの路線バスの停留所でした。また,その一部は,その後,やまゆり号が2007年2月から2009年8月まで使用していたバス停です。さらに,昨年末に廃止になりました北柏行きでは,向山,現在モコバスで使用中ですが,それらの過去のバス停を使用されるのでしょうか。お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 お答え申し上げます。
 先ほどルートとして申し上げましたが,パークシティ守谷から,みずき野の地内さくらの杜の公園の方を通りまして,それから,みずき野野球場前,いちょう通りの方に抜けまして,それから,今ありました向山,美園1丁目,戸頭団地,ジャスコ前,美園を通りまして,ふれあい道路からけやき台3丁目のところを右折しまして,けやき台1丁目の方に行きまして,西友楽市前を通りまして,さらに高野公民館の前の通りを通ります。それから,ジョイフル本田の入り口でとまりまして,けやき台中学校の方に入りまして,松ケ丘1丁目,ロックティを通りまして,守谷駅の西口,東口ということで,この路線バスにつきましては,商業地等を利用できるように,また,先ほど申しましたように,モコバスとか路線バスとの乗り継ぎを重視した形で運行をする計画でおります。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 数年で忘れ去られるバス停とならないよう,再度の復活を考えていらっしゃるとのことで,きめ細かな配慮に感謝いたします。
 この補助事業は,平成24年3月,2012年3月までと聞いていますが,その後の事業継続,もしくは本稼働ということになるには,やはり利用者数次第ということであろうと思いますが,市では,その利用促進策をお考えでしょうか。
 私がこれまで目にした取り組みでは,路線バスですが,昼時間帯割引実証実験,それから,ボンネットバス乗車体験です。この1年間の具体的な取り組みとその成果について,また,今後の計画がありましたらお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部長寺田功一君。

○総務部長(寺田功一君)
 利用の促進策としましては,まず,ホームページや「モバイルもりや!」の携帯サイトで,バス関連の情報を充実させていただいたところでございます。
 もう一つは,「バスブック」という形で,すべての守谷市内のバス路線の時刻表を書いたものを各戸に配布してございます。
 それから,モコバスと路線バスの乗り継ぎの設定として割引制度,100円の割引という形で行っております。
 それから,モコバス同士の乗り継ぎについても,先ほど申し上げましたように行いまして,これは無料で乗り継ぎできるようになっております。
 それから,モコバスの守谷駅の起点,もともと出発地点は市役所ということでしたが,利用者が守谷駅の方が多いであろうということで,起点を守谷駅にしたということで増進を図っているところでございます。
 それから,モコバスルートの変更,バス停の新設という形で,中央公民館前と原という,要望のあったところに増設をしております。
 それから,路線バスにおける高齢者割引定期券の発行ということで,70歳以上の方を対象に,3カ月間で4,800円でございますが,市内の路線バスが乗り放題となる定期券でございます。
そ れから,路線バスにおける昼間時帯の割引も実施しております。これは,毎週金曜日,昼間の時間帯のバスの利用者の掘り起こしということをうたって,毎週金曜日の午前9時から午後5時までの便については,全区間100円で乗れるような割引を行っているところでございます。
 ご紹介ありましたように,イベント時におけるバス乗車体験という形で,ボンネットバスを持ってきまして,バスに対する関心度を高める工夫も行ったところでございます。
 それから,高齢者の運転免許証の返納支援ということで,高齢者の交通事故の減少とバス利用の促進ということを目的に,65歳以上の高齢の運転者の運転免許証を自主返納した方については,モコバス及び路線バスの回数券をそれぞれ1万円分,合計2万円を交付しているところでございます。
 以上が,これまで実施してきたものでございますが,今後の予定としましては,モコバスの無料期間の設定というようなことを考えているところでございます。これは,ことしの9月25日から10月1日の期間を市内一斉ノーマイカーウィークという位置づけをしまして,そのとき「商工まつりときらめき守谷夢彩都」の期間に入っておりますので,このときにバスに乗ってもらうきっかけづくりをしていきたいということで,あと,環境面というか,自家用車から公共交通への利用転換ということで,無料でこの期間についてはバスに乗っていただくことを考えているところでございます。
 先ほどご要望がございました商業施設との連携ということでございますが,一定金額以上お買い物をしていただいた方に,商業施設の方から,サービスカウンター等でレシートを提出するとバスの運賃補助金を交付していただけないかということで,今,ロックシティなどと交渉をして,よい感触を得ている,ぜひ実現していきたいということで進めているところでございます。
 以上,多くの方に利用していただけるように,今後ともいろいろ考えながら対策をとっていきたいと考えているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 近々無料デーが来るということで,皆さんのバス利用を促進していただきたいと思います。また,そういうのも広報や何かでお知らせがあると思います。
 先日たまたまテレビを見ておりましたら,高齢者運転免許自主返納支援ということで,山梨県の中央市では,高齢者運転免許自主返納支援として,運転免許証を返納した高齢者はコミュニティバスに無料で乗車できるというのを,この8月から開始したそうです。そこまでいかないにしても,2万円,50往復分のチケットがいただけるということですので,環境にも優しいバスをぜひ利用していくようにしたいと考えます。
 また,守谷限定のフリーパスというのを関東鉄道では発行されています。「守谷駅200エリアフリーパス」という特別な定期券です。これは,取手,つくば,土浦,水戸などの,関鉄のほかの拠点には存在しておりませんで,まさに守谷しかないものです。定期券に記名した人だけでなく,定期券を持っている1名だれでも利用できる持参人式でつくられていることは,余り知られていないのではないかと思います。例えば,ご家族で1枚購入して,普段は守谷駅までの通勤で使用し,その人が休みの日は,市内の別の路線に乗って買い物などで使うことができます。今度の新路線では,さらに有効活用できるのではないでしょうか。
 ひがし野に住まわれている方も,この地域間交流バスの早期の開通を望んでいます。いずれ郷州沼崎線が開通した折には,市内南地区循環バスとなるように希望し,関係部署の皆様にさらなるご努力をお願いいたします。
 そして,実証実験が実験のまま終わってしまうようなことのないように,だれにでも公平に訪れる老いというものに備えて,公共交通機関の利用をしていくべきだと考えます。 せっかく市内に映画館やスポーツジムがあるわけで,バスで行けるなら,こんなに環境に優しくすてきなことはないでしょう。たまには夫婦で夫婦割引料金の映画を見に行こうというのもいいのかなと思います。このバス事業の成功を祈って,次の質問に移ります。
 二つ目の質問は,姉妹都市についてです。
 守谷市の姉妹都市は,ドイツのマインブルク市とアメリカのグリーリー市とがあり,青少年派遣事業などを通して活発な交流活動をしています。その締結までの経緯,そして,どんな交流をしているのか,また,現在の状況などをお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 姉妹都市の締結の経緯でございますけれども,マインブルク市とは,昭和63年4月に町内工業団地に進出が決定しました企業,アサヒビール株式会社さんが,マインブルク市で栽培しておりますホップをビール原料に使用する仲介によりまして,当時の町長がマインブルク市を表敬訪問したことがきっかけで交流が始まりまして,平成2年11月3日に町制施行100周年記念事業として,マインブルク市長ほか代表団の方をお招きしまして,姉妹都市提携の調印を行いました。
 グリーリー市につきましては,平成2年に開始しました守谷市青少年海外派遣事業で,町内工業団地に進出していましたイーストマン・コダック社のコロラド工場社員宅に中高生を派遣しておりました。その周辺から姉妹都市を探そうという機運が盛り上がりまして,調査を行った結果,周辺五つの都市の中から,街並みがとても美しく,人口規模も近いというグリーリー市に姉妹都市締結を申し込みしまして,平成5年,町長ほか同市を訪問しまして,8月3日,姉妹都市の提携の調印を行いました。
 これまでにどのような交流をしてきたかということでございますけれども,マインブルク市との交流につきましては,青少年海外派遣事業が平成13年から隔年で派遣しまして,平成21年度までに計5回実施しております。それから,スポーツ交流では,守谷市サッカー少年団が3回マインブルクに訪問しておりまして,マインブルク市からは,柔道チーム,それからサッカー訪問団が来日しております。それから,市民の方の友好訪問やマインブルク市民の方の来日等が5回ございました。高校生が2回。それに,マインブルク市の市制50周年記念式典に訪問もしております。
 グリーリー市との交流につきましては,青少年海外派遣事業が,平成5年から12年は毎年行いまして,14年以降20年度までは隔年で派遣しておりまして,今までに12回実施しております。それから,グリーリー市友好訪問団やグリーリー市の高校生の来日が4回,守谷市の記念行事としての交流として,姉妹都市締結10周年記念行事や市制施行記念式典やつくばエクスプレス開通記念行事等に来市いただいております。
 現在の状況ですけれども,現在は,海外派遣事業はマインブルクとグリーリーを隔年ずつ派遣しているんですけれども,グリーリーの都合により,22年,ことしは派遣が残念ながら中止になっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 アメリカのグリーリー市への青少年派遣事業が,ことしは急遽中止になったということで,応募を楽しみにしていたお子さんやそのご家庭も多かったかと思います。グリーリー市とは,平成4年に,会田市長,当時は会田守谷町長らがグリーリー市に赴き,姉妹都市締結を調印したと聞いていますが,残念ながら現在のような状況です。グリーリー市とは,その後何らかの話し合い,例えば3年間は休みましょうと申し合わせているのか,そのときに断りがあったからそのままにされているのか,また,今後前向きな働きかけをしていく予定はあるのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 グリーリーの方からは,財政的な事情によるものだということでございまして,景気後退に伴う財政的な理由でありますので,景気が回復した際には事業実現について検討するというような連絡もいただいておりますので,守谷市としては,なるべく早い時期にまた交流事業が再開できることを期待しているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 早い時期にそのようになることを私も待っております。
 そのような中で,この秋には,ドイツのマインブルク市からライザー市長らが守谷市に来て,姉妹都市締結20周年記念式典を行うことになっていると聞いております。20年と一口に言いますが,現在の世の中のスピーディーな変化を思うと,両市ともに経済的にも恵まれ,安定した安全で平和な暮らしがお互い保たれていたからの交流だったと感謝をしなくてはならないのかなと思っているところです。
 この姉妹都市との交流経費は,毎年どのくらい予算計上されているのか,また,その費用はどこから出ているのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 青少年海外派遣事業の予算ですけれども,派遣団員の負担額を除いた経費を青少年海外 派遣基金から充当しております。大体,20年度の決算で,マインブルクの経費繰入金が368万6,000円となっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいまのは青少年海外派遣事業の基金で,姉妹都市交流全体の予算はどこからでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 姉妹都市関係は,国際交流推進経費という事業がございまして,それもやはり国際交流基金がありますので,その基金から全額充当しております。20年度の決算で203万2,893円となっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 高額な金額をかけているわけではないようですし,市財を使っているということでもないようです。この姉妹都市交流のおかげで,多くの青少年が互いの国を訪れ,ホームステイをし,一生の間で忘れられない経験をしてきたことを思いますと,その後の人生をも左右する出会いで,国際協力の方で活躍したり,国際的な場所を仕事に選んだ方など,立派な方を輩出していることも事実かと思います。
 そんな中,青少年海外派遣事業は,その基金がなくなり次第廃止する予定という決算報告書が上がっております。何という名称の基金で,どのようにつくられた基金か,そして,その使途と現在残高がどのくらいで,あと何年くらい派遣事業が継続できるのかをお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 青少年海外派遣事業につきましては,中高生を海外に派遣し,異文化を体験させることにより,国際的視野を持つ人材を育成するという目的でやっております。青少年海外派遣基金からすべて充当してやっているわけですけれども,今,21年度末の基金残高が1,580万5,507円です。あと何回くらいかというご質問でございますけれども,20年度の決算で大体368万6,000円なものですから,大体あと4回分残っている計算になっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいま,あと4回ということですが,それは4年という意味でしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 4年とかではなくて,4回分です。なぜならば,グリーリーとマインブルクに毎年交代で行っているのですけれども,ここのところグリーリーの方からは財政的に無理だということで,受け入れができないということなものですから,今後,毎年マインブルクに行くとか,隔年置きで,ことしは行かなかったけれども,毎年ずっと行くとかということになりますので,何年までという答えはできないというか,4回というふうにお答え申し上げます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 そうしますと,その後の姉妹都市との交流事業はどうなるのか,その後の方向性をお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 確かにこの青少年海外派遣事業,行ってきた子どもたちに聞くと,今議員がおっしゃられましたとおり,一生の思い出で,国際的視野を持つ人材育成されるのかなと思うんですけれども,だんだん今,異文化の体験とか国際的視野を養成する事業というのが,民間でも,短期とか長期の海外派遣とかホームステイをあっせんする事業もありますし,高校とかでもホームステイに2週間行くとか,いろいろあるようでございます。それで,前に比べて今申し込みが少なくなっている現状でございます。それから,先ほども申し上げましたとおり,この海外派遣事業については,基金から実施している事業でございますので,行政評価の市の方針として,基金がなくなった時点でこの事業は廃止するという予定で今ございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 世の中が変わりつつある中で,東南アジアなどに別途姉妹都市を求めないのかということや,災害時に備えて,国内の姉妹都市も必要ではないかと思いますが,その点はいかがでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 国内とか東南アジアとの姉妹都市というお話ですけれども,先ほどお答え申し上げましたとおり,守谷市の姉妹都市交流につきましては,本市と何らかのつながりを持っている都市との間で結んでいるような状況におります。現時点においては,姉妹都市を新たに提携するという考えはないのですけれども,国際交流協会におきまして,ラオスとの交流を継続的に今行っております。
  また,国が実施している事業で「21世紀東アジア青少年大交流計画」というのがございまして,それに基づく青少年の受け入れを積極的に実施していただいております。市としても,これらの活動に支援を行うことにより,アジア諸国との交流が広がっていくことが期待できるのかなと考えております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 私も,守谷市国際交流協会の一員として,先日インドからの女性を2人受け入れましたが,日本の文化に触れて大変喜んで帰られました。
  最後に市長にお尋ねします。姉妹都市交流を今後どう考えるのか,また,青少年海外派遣事業の見通しについてはどうされるのか,お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 市長会田真一君。

○市長(会田真一君)
 青少年海外派遣事業については,先ほど次長の方から話がありましたように,とりあえずは基金がなくなった時点で廃止という方向ではおりますけれども,今後は皆さんの動向を把握しながら決めていくことも大事だと思いますが,先ほどの話にありましたように,もう20年前と大分様子も違っておりますので,例えば高校の修学旅行で海外に行くとか,あるいは,民間でホームステイをあっせんするというのがかなりはやってきておりますので,それをどの程度市の方の補助でやっていくことがいいのかということは,今後議論になるんだろうと思います。
 それと,姉妹都市の提携の今後につきましては,せっかくここまで異文化の交流ということで,私もグリーリーにも1回行かせていただいて,調印をさせていただきました。マインブルクにも,市民交流団,あるいは,先方からの先方の市制50周年の招待を受けて,あるいは,先方がギリシャの都市と姉妹都市をするので,先に守谷と姉妹都市をしているのであんたも来なさいということで,お邪魔したような経験もございます。今度,10月には,20周年を祝おうということで,また向こうから来ていただくことになっております。せっかくいろいろな形の交流をさせていただいておりますので,できるだけ交流は続けていきたいと。そして,守谷には多くの皆さんがいらっしゃいますし,グリーリーに行ったよとか,あるいは,マインブルグに行ったよという市民の方もいらっしゃいますし,行く場合には,我々の親書をお願いしたりなどということもございますので,今後とも姉妹都市の交流はできる限り続けていきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 前向きなお考えをありがとうございます。
 私の3番目の子どもが,この青少年海外派遣事業で,3年前にドイツに行かせていただきました。そのときの壮行会で会田市長のごあいさつがございました。市長自身も先ほどおっしゃっていましたとおり,マインブルクにホームステイされて,その経験談が壮行会のあいさつでございました。ドイツの男性は家庭の中でよく働いていてびっくりしたというような内容だったかと記憶しています。それが,その家庭に宿泊させていただいて初めてわかる国際性なのではないでしょうか。時代は変化していきますが,いい方向で残せるものは残していただきたくお願いして,次の質問に入ります。
 三つ目の質問は,健康診断についてです。
 毎年年度初めになると,厚紙で大判の健康診断カレンダーが,これです,広報と一緒に届きます。子どもが小さいころは,これをしっかりと見て,間違いや漏れのないように,健診や予防接種に連れていったものでした。守谷に引っ越してきて間もないころ,今の保健センターの場所に町役場があり,その奥の方が予防接種の会場になっていました。私は,そのとき初めてポリオの投与に子どもを連れていったのですが,その場面をとてもよく鮮明に思い出すことができます。それは,とても古めかしい場所だったからです。ガラス戸から入ると,長い廊下があり,障子のある広々した畳の部屋で,カビ臭いそこに赤ちゃんを抱いて座って順番を待ち,ふすまの奥の狭い部屋でお医者様にポリオを投与していただきました。モノクロ写真の中に入り込んでしまったような古めかしいところでした。それから20数年がたち,目まぐるしく発展してきた守谷市を考え,今,自分自身は,赤ちゃんの方ではなく,こちらの成人検診の欄を見なくてはならなくなっていることに,驚きながらも自覚せざるを得ません。
 さて,守谷市の集団による健康診断が,8月26日から市内の公共施設で始まりました。多くの方が受診されているとは思いますが,実際どれくらいの方に通知を出して,どれくらいの方が受けていらっしゃるのか,年代別にお示しいただきたくお願いいたします。できれば受診率がわかるとありがたいのですが,お願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部次長豊田みよ子君。

○保健福祉部次長(豊田みよ子君)
 お答えさせていただきます。
 集団検診の実績はというご質問でございます。その前に,少しだけ検診の経過等につきまして簡単に説明させていただいてよろしいでしょうか。
 はい。住民検診につきましては,平成19年度までは,保健センターが老人保健法に基づきまして実施しておりました。平成20年度から,高齢者の医療の確保に関する法律に基づきまして,医療費の削減に向けて各保険者が責任を持って取り組むという目的のもとに,各保険者がそれぞれの被保険者に対しまして,特定健診,メタボ健診というふうにも言われておりますけれども,実施することが義務づけられました。この国民健康保険の保険者である国保が担当している特定健診と,保健センター担当の肺がん検診,そして,介護福祉課担当の生活機能評価を合同しまして,例年8月から9月にかけまして,市役所,保健センター,各公民館等を巡回して実施しているところでございます。
 ご質問でございます保険者としての守谷市国民健康保険が行いました平成21年度の特定健診の実施状況について,お答えさせていただきます。
 40歳から49歳まで通知を出しました対象者が1,328人,受診者が306人,受診率は23.0%,そして,50歳から59歳までの対象者1,715人,受診者は531人,受診率31.0%,60歳から69歳まで,対象者が4,387人,受診者が2,155人,ここは多く受診されております。受診率49.1%です。そして,70歳から74歳まで,対象者が1,794人,受診者は791人で,こちらの受診率は44.1%。合計しますと,通知を出した方が9,224人で,受診された方が3,783人,受診率は41.0%という結果になっております。それから,75歳以上は後期高齢者医療健康診査という取り扱いになりまして,こちらの方の対象者が3,558人,受診者が855人で,受診率は24.0%になっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 ただいまの回答によりますと,60歳代,70歳代前半の方の受診率は40%台後半で,大変よいように思われますが,その他の年代によりますと,少々思ったより低いのではないかなという感じを持っています。
 そこでお尋ねしますが,受診率の数値目標などは設定されていらっしゃるのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部次長豊田みよ子君。

○保健福祉部次長(豊田みよ子君)
 目標値はございます。各保険者が特定健診実施計画というものを策定することになっておりまして,この中で,特定健診実施率とともに,特定保健指導実施率,メタボリックシンドロームの該当者予備軍の検証率のそれぞれの目標値を定めております。最終的には,平成24年度までに,それぞれ65%,45%,10%になるよう定めております。
 この目標値と実績値との対比でございますけれども,平成20年度目標値が35.0%でした。20年度の実績値は40.5%で,初年度の目標値は達成しておりました。平成21年度になりますと,目標値が42.5%,実績率は41.0%で,20年度よりは実績値は向上しておりましたけれども,目標値には及びませんでした。ことし,平成22年度の目標値は50.0%,平成23年度の目標値は57.5%となっております。わずかですが実績値は上昇しておりますけれども,今後,目標値の達成は大変厳しいものと思われております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 目標値が今とかけ離れているというか,高いのには驚きましたが,つくば市では,この10月から健康マイレージを実施するそうです。市民の生活習慣病や健康づくりを促進させるために,健康診査の受診,がん検診の受診,健康づくりイベント参加,個人の健康目標達成など,それぞれ1ポイントとし,4ポイントためると景品と交換ができ,さらに抽選で豪華賞品が当たるそうです。健康診断を受けるという意識のなかった人に対して,また,さらに健康であり続けたいと思う方に有効だと考えられます。
 また,取手市では,市内にお住まいの高齢者に対して,個別健診をこの7月から開始したそうです。利根町におきましては,集団検診の漏れ者に対して個別健診を取り入れています。
 守谷市では,そういった意味で受診率アップのための取り組み,工夫があったらお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部次長豊田みよ子君。

○保健福祉部次長(豊田みよ子君)
 お答えいたします。
 まず,つくば市の健康マイレージということでございますけれども,新たな取り組みとして工夫をされていると思います。ただ,これらを実施する場合,新たな物的・人的な負担がまいりますので,担当課としては,ポイントがたまると景品と交換できるというよりも,これまで健診に来られなかった方にどうしたら来ていただけるようになるのか,あるいは,まだ健診に行かなくても大丈夫と思っている方々に健診の必要性を工夫をこらして周知していくことにより,受診率の向上を図ってまいりたいと考えております。
 それから,個別健診ですけれども,既に取手市さんの方,利根町さんの方でも,同じ取手医師会ですけれども,始まっております。守谷市におきましても,ことし7月から関係各課によりまして検討を始めております。取手医師会の先生方とも協議をしているところでございます。ただ,取手市の場合は,個別健診という形ですけれども,特定健診のみの個別健診で実施しております。守谷市の集団検診が,冒頭に申し上げましたけれども,特定健診と肺がん検診と生活機能とやっている,一緒に1回で済むように実施しているのですけれども,取手市の場合は,集団検診ではそのようにしておりますけれども,個別健診では,特定健診のみということで対応されているようです。
 それで,私たち担当の方で話し合いまして,市民の方に個別健診を導入するとしても,なるべく集団健診と同じようにできることが望ましいのではないかということで,そちらに向けて,今,方向性を探っているところでございます。
 その協議の中で課題が上がっておりまして,一つ目といたしまして,先ほど申し上げましたけれども,集団健診と同様の健診項目を,市民が希望する各医療機関で実施できるかどうかということがあります。具体的に言いますと,特定健診と一緒に実施しております肺がん検診につきましては,集団検診ではレントゲン撮影したものを医師会の読映委員会で2人の先生方が,昨年度のものと比較しながらその変化を確認しているということでございます。個別健診とした場合に,希望する医療機関すべてにおいて同様の映像を撮ることができるか,医院により現状では設備に差があるということでございます。集団健診と同様に映像が撮れ,それをデータとして医師会へ転送することが可能であるかどうかが課題となっておりまして,この件につきましては,現在,医師会内でご検討いただいているところでございます。
 また,特定健診項目に眼圧検査が含まれております。これは眼科での検診を必要としますけれども,眼圧検査を希望する方は,眼科を含めて少なくても2カ所以上の医療機関で受診しなければならないということで,逆に市民の負担を増すことにもなります。
 二つ目として,費用負担の問題があります。個別健診の場合,医療機関での1人の健診に要する時間や,医師会での集団健診受診者と同様な一元的なデータ管理のために,新たな費用がかかってまいります。その分,集団健診よりも個別健診の方が割高になりますので,その増加分を応分負担とするかどうかということが課題となっております。
 また,個別健診を導入した場合の効果として,受診率の向上がどれくらい期待できるかというところが上げられております。しかし,市民が健診を受ける選択肢を多くしまして,より多くの被保険者を生活習慣病を初めとした病気の早期発見や予防につなげることも,保険者として必要であると考えております。
 個別健診の実施につきましては,関係各課を初め,取手医師会を含めまして,今後も検討を加えた中で総合的に判断してまいりたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 個別健診も前向きなご検討をいただけるということで,ぜひお願いしたいと思います。
 そして,皆様の努力で,経費をかけずに何とか多くの方が健康診断を受けられるように,ご近所誘い合ってではないですけれども,そんな感じで集団健診に行けるようになると,経費もかからず,よいのかなと感じております。
 さて,もう一つの質問です。乳幼児健診,特に5歳児の健診推進ということでお尋ねいたします。
 乳幼児健診は,3から4カ月児健診,1歳6カ月児健診,そして3歳5カ月児健診と,間をあけずに行われています。その現状について,受診率等も含めてお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 3歳5カ月児健診と1歳6カ月児健診ということで申し上げたいと思います。
 3歳5カ月児健診につきましては,1年間で25回の健診を行っております。その実績といたしましては,平成20年度受診者数が577人,受診率は93.4%でございます。21年度につきましては,受診者数が617人,受診率は95.1%でございます。この1年の間に40人ほど増加しております。
 それから,1歳6カ月児健診でございますけれども,こちらの方につきましては,平成20年度が20回行っておりまして,566人の受診者数でございます。受診率は94.2%,それから,21年度が24回行っておりまして,受診者数は632人,受診率は93.5%となっております。
 それから,3から4カ月児の健診ですけれども,こちらの方も申し上げたいと思いますが,平成20年度につきましては,24回行っておりまして,受診者数が609人,受診率は95.6%,それから,21年度につきましては,同じく24回でございまして,受診者数が617人,受診率は95.3%という状況になってございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 すべて90数%の受診率ということで,親が子を思う,健やかな成長を願うのは,いつの世も変わらないのかと思ったりしています。
 ところが,3歳5カ月児健診を過ぎますと,次は就学時前健診というわけで,3年間もの間健診がございません。ぜひともその間における5歳児健診をやっていただきたいのです。その理由は,ADHD,つまり注意欠如とか多動性障害などの発達障害を早期に発見するために,5歳児の健診の必要性が早くから指摘されております。特に最近はこの必要性を訴える声が大きいようです。母子健康保健法で定められております乳幼児健診は3歳5カ月までですが,発達障害は,3歳までではまだ判別が難しいと言われております。鳥取大の小枝達也教授は,3歳では多動は普通だが,5歳になればそれなりの社会性が身について見きわめ可能ですと,5歳児健診の重要性を指摘しています。つまり,発達障害という増加傾向にある病に対して,発見するちょうどいい時期だということもあるのです。
 守谷市の場合,発達障害児の実態はどのように把握されているのか,実情をお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 発達障害につきましては,守谷市の障害児数ということで申し上げますが,小学校で74人,中学校で41人,合計で115人となっております。これは,ことしの5月1日現在ということでカウントしているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 小学校,中学校の人数ですが,その発達障害児を発見するための方法というか,注意を喚起するようなステージというのはありますか。

○議長(伯耆田富夫君) 保健福祉部長茂呂 茂君。

○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えいたします。
 発達障害の把握につきましては,茨城県作成の発達障害児スクリーニングマニュアル(3歳児健診用)と知能検査等をもとに実施いたしまして,心理相談員の相談なども活用して実施しております。3歳5カ月児健診の経過観察としまして,4歳児過ぎまで相談を行い,健診の際,4歳以降の発達の目安や,集団に入ってからの様子などを確認していくように,保護者に対しても指導を行っているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 茨城県内では,行方市が,2006年の合併時から5歳児健診を行っています。内容は,計測,集団遊び,歯科指導,視力検査,発達心理相談,そして保健栄養相談,カンファレンスというもので,対象者へ誕生月ごとに個別通知して実施しているそうです。受診率は80から85%,全額市の公費負担で実施されているそうです。
 発達障害支援法という法律が,2005年4月に施行されております。健診の際には,発達障害の早期発見に十分留意しなければならないと規定しておりますが,実はこの法律を裏づける母子保健法は,自治体が公費で行う健診は,1歳児半か2歳児,それと3歳から4歳児までの間で行うとしておりまして,5歳児健診については定めておりません。したがって,5歳児を行うとすれば,市の負担が予想されるわけです。ただ,現在大変注目されている病気でありまして,小学校入学後に,対人関係,行動コミュニケーション,社会性に問題を有することが多く,不登校や心身症などの2次障害を示しやすいと指摘されています。2005年施行の発達障害者支援法及び2007年より本格的に開始された特別支援教育制度により,発達障害は,医療・教育・福祉の分野が連携して支援すべき対象ととらえるようになりました。しかし,効果的な支援の実施に不可欠な早期発見のシステムが発展途上にあります。そこで,発達障害の有無の検索を主眼に置いた5歳児健診を実施することで,早期の発見から周囲の気づき,対応方法の普及に役立てていただきたくお願いするものです。
 厳しい財政状況であることはわかっておりますが,ぜひとも子育てしやすい守谷市として,5歳児健診を取り入れていただきたい,市長のご見解をお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 市長会田真一君。

○市長(会田真一君)
 いろいろと今,ワクチンの話などがございますので,今ここで初めて聞いた話でもございますし,やりましょうというご返事は控えさせていただきますが,内容については,よく精査をさせていただきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君)
 5歳児健診,よろしくお願いいたします。
 以上で,私の一般質問を終わります。

○議長(伯耆田富夫君) これで,高梨恭子君の一般質問を終わります。






守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.