活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成22年第2回定例会 6月8日~16日


〔1番高梨恭子君登壇〕

○1番(高梨恭子君) 通告4番、高梨恭子でございます。
 本日は、三つのことについて、順次質問してまいります。
 最初に、「クレトイシ跡地開発の進捗状況について」ということで質問いたします。
現在の開発の進捗状況を大まかにお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) 松並土地区画整理事業の進捗状況についてお答えいたします。
 現在、松並地区においては41.8ヘクタールと、原東地区、これは下の三角のところですが、その2.2ヘクタールの、二つの組合施工の区画整理事業による面整備を実施するために、地権者などによりまして準備作業を実施しております。また、市では、これらの事業を受けまして、この事業の区域の48ヘクタール、これは、面積が違うのはおおくら団地、それから永泉寺を含みまして、市街化の編入作業を行っているところでございます。
 松並土地区画整理事業につきましては、第1回準備会を平成20年10月28日に開催しておりまして、現在、23回準備会を実施しております。そのときに、事業計画や定款を作成しております。地権者の同意率でございますけれども、93.5%でございます。今後も権利者全員の同意を取得するため、事業の説明を行っていく方針でございます。
 原東土地区画整理事業は、現在、個別の説明を実施しまして、地権者の理解が得られたことから、準備会を立ち上げるために、発起人会を組織づくるために作業を進めております。
 今後、二つの区画整理事業とも、平成22年度末までに予定している市街化編入の都市計画決定と同時に事業認可を受けまして、原東地区につきましては平成25年度末、松並地区につきましては平成27年度末の事業完了を予定しているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 当事者たちの心配はもとより、市民の皆様、周辺の方々が心配していることは、数多くあると思います。高層マンションが建つのではないかとか、緑は守られるのかとか、いろいろございますが、きょうは、現時点で私が最も心配していること、1点、ご説明をお願いしたいと思います。
 それは、この場所が工場跡地ということです。かつて守谷市内の明星電気の跡地がそうであったように、有害な物質の残留が多々あるということです。しかも、それが後からわかるということです。
 そこで、クレトイシ跡地における環境調査は、だれが、どのように行い、どのような結果であったのか、お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) お答えいたします。
 クレトイシ工場跡地の土壌につきましては、クレトイシ株式会社と、あそこの土地を三井不動産レジデンシャルが取得しております。そのとき、平成19年10月から平成20年3月に、国の指定調査期間であります会社に委託をしまして、検査を実施していると聞いております。実施した結果ですけれども、土壌の汚染はないという報告を受けております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) その経費の負担は、どこが持ったのでしょうか。また、調査結果として、守谷市はそれを把握していらっしゃるのでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) これは、三井不動産レジデンシャルが、会社の規定に沿ってやっていると聞いております。その報告も、何もなかったという報告を受けております。費用は、三井不動産レジデンシャルで行って、調査……。
               〔発言する者あり〕
○都市整備部次長(高橋 要君) いや、三井不動産、売買の規定になっているそうで。以上です。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 第三者的な見地からの調査というのはないのですか。また、守谷市として独自の調査をするというお考えはございませんか。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) こういう調査は、先ほど申しましたけれども、指定の調査機関、これは内藤環境管理株式会社というところですけれども、これは国の指定、こういう調査をするためには、国の指定のところにお願いするという形になっていると聞いております。その指定されたところをきちんと使っているということで、そこで調査した結果、何もないということで報告を受けております。
 市としては、そういうことで、特別調査するということは考えておりません。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 結果、何もなかった。汚染はなかったということでご理解してよろしいのですね。次長。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) はい、結構です。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 改正土壌汚染対策法が、平成22年4月1日から施行され、汚染土壌のより適切な処理が求められるようになっています。特に工場跡地は注意をしていても出てくるものです。土壌汚染もさることながら、周辺の水質汚染はどうかということも注意しなくてはなりません。
 守谷市では、公害防止条例に基づき、地下水について、毎年、市内16カ所の調査をしています。平成20年11月に松並地区は、松並1844、クレトイシから北へ数百メートルの場所で調査されておりますが、異常はないということで報告されています。が、これ以外に開発に当たっての周辺の水質調査をするお考えはありますか。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部次長高橋 要君。

○都市整備部次長(高橋 要君) としては直接ございませんけれども、先ほど出た開発に伴う平成20年度からの土の動かしとか、それについては、きちんと法令に基づいて行っていくということで、指導していきます。
 水質調査は、今のところ考えておりません。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) クレトイシ跡地及び隣接した地域の地質・水質調査を速やかに実施していただき、住民の安全と安心のために、調査情報の公開を要望いたします。
 そして、これから未来を担う子どもたちとその家族が移り住んでくるであろうこの地域が、緑あふれる自然と景観の中に築かれていくことを願いまして、次の質問に移ります。
二つ目の質問です。「みどりのまちづくりについて」お尋ねいたします。
 平成20年度より、茨城県では森林湖沼環境税が導入されています。それに伴って、平地林や里山林などの整備や保全のための事業があると聞いています。その事業の名称及び概要をまずお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) お答えいたします。
 議員ご指摘のとおり、平成20年度から導入された森林湖沼環境税でございます。これによりまして、身近なみどり整備事業というものができたわけでございます。また、このほか、この森林湖沼環境税からの活用としましては、森林環境教育推進事業とか、いばらき木づかい環境整備事業とか、いろいろあるところでございます。そのうち、身近なみどり整備推進事業についてご説明したいと思います。
 これにつきましては、都市化等によりまして、また、高齢化等に伴いまして、森林等の手入れがされてない、いわゆる荒廃が進んでいる平地林や里山の整備をする事業でございます。例えば、通学路とか公共施設周辺の森林整備、松枯れたところの健全な森林への復旧事業、それから、竹林侵入防止対策、それから、農地に隣接している森林の整備とか、いろいろな各種事業がこれによってできるわけでございます。
 この事業の対象となるのは、民有林でございまして、市とその所有者におきまして、10年間は森林の転用禁止を定める保全管理協定というものを結ぶ必要がございます。面積的には、500平米以上の区域と定められてございます。
 整備の手法としましては、地権者の皆様の平地林・里山林の整備する場所、あるいは、整備する内容というものをご提案いただきまして、市がそれらの作業をするものでございます。なお、これにつきましては、10分の10の補助がございまして、この森林湖沼環境税が充当されるものでございます。
実 際の内容としましては、植栽とか下草刈り、間伐、除伐、それから、遊歩道の整備とか、あと一部機械の整備、このようになっているところでございます。


○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 平成20年度、21年度の守谷市での実績についてお尋ねします。
 整備保全された場所、広さ、地権者数、金額についてお示しください。また、今年度の予定についてお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) お答えいたします。
 平成20年度、これは初年度でございますけれども、少なくて、鈴塚地区1カ所、1,500平米で、地権者は1人でございまして、事業費は9万7,650円でした。
 平成21年度につきましては、大山新田地区2万5,500平米、大柏地区3万4,100平米、乙子地区3,300平米、合計いたしますと、面積では6万2,900平米、地権者数17名、事業費447万3,000円で、総筆数は52筆となってございます。
 以上のような状況でございます。
 それから、今年度の予定につきましては、現在、予算的には3ヘクタール程度の予算を有しているところでございますけれども、現在我々のところに要望が来ているのは、高野地区、乙子地区などでございます。高野地区では、今のところ5,000平米、乙子地区では、1,500平米でございますけれども、このほか、まだ明確な意思表示がありませんけれども、大山新田地区からも、今、声が上がっているような状況でございます。
 大柏地区につきましては、ことしではなくて、来年度という話も出ているようなところでございます。
そ ういうわけで、現在、できるだけ大きな面積で一体的に整備した方が効果的でございますので、要望のあった地権者を中心に、周辺の森林所有者にも声をかけて、まとめて施工していきたいと思っている状況でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 私は、昨年施工されたという場所、3地区について、経済家より大体この辺だということを聞いて見てまいりました。
 まず、大山新田の香取神社の周辺についてです。
 大山新田には、やまゆりの里や香取神社があり、家々の軒の無人売り場では、色とりどりのパラソルの下に花や野菜が置かれています。1袋100円とか、1個50円とか、優しい値札がついています。まさに守谷の山辺の道といったのどかな地域です。
 香取神社の鳥居をくぐってみますと、右側には、平成7年に同じような事業で保全されたという記念の立て札が建てられていました。また、左手奥には、この事業で行われたことが表示されている白い立て看板が設置されておりました。そして、香取神社の横から裏に回ってみますと、切り倒された竹が山積みになっておりました。大変な数の竹を切ったのでしょう。幾つも山になっておりました。神社裏手のところどころ残してある木を見上げますと、かなり上の方だけに枝と緑が伸びていて、その高さまで竹がうっそうと覆っていたのであろうことが容易に想像できました。この作業は本当に大変であったろうし、地権者の方はもとより、その周辺にお住まいの方も、随分とこの事業のおかげで助かったろうと思いました。また、私のようにときどき訪ねる市民に対しても、緑の安らぎを与え、有効に行われた事業だと思いました。
 次に、乙子地区ですが、常安院の裏手で、けやき台との境のあたりです。
 ここは、そんなに広い面積ではありませんでしたが、あれだけ太い木々が生えていたら真っ暗だったに違いないと思われる場所で、防犯上、見通しもよくなっておりました。
 そして、大柏地区です。
 「もみの木」というケーキ屋さんのところから、下ケ戸の方へ行く道の両側です。下草や雑木が刈られたようで、新緑が美しく、木漏れ日のきらめくさまは、守谷にも軽井沢のようなところあるのよと聞いていましたが、まさにここだと思いました。
 その先、大柏新田の方へ抜ける道の途中でしたが、こんもりとした森の中に、空がぱっと開けているところがあり、そこだけ空がやけに青く見えました。近づいてみますと、その木々がすべて伐採、つまり皆伐状態で、息をのむ風景に出くわしました。まさに丸裸にされた山になっていました。あちこちに直径30センチから40センチぐらいの切り株があり、結構な年月のたった木が切られたのだとすぐにわかりました。その一角だけは竹でさくができていましたので、まさかこの事業でやったのではないだろうと思ってぐるりと回ってみますと、この事業でやったという白い立て看板があり、よくよく見ると、切り株の間には、背丈が70センチから80センチのひょろりとした苗木が植えられていました。
 これが整備事業なのでしょうか。保全事業なのでしょうか。 緑を守るのではないですか。わずか数分で、50年も60年もたったであろう木々を切ってしまったのです。今植えられた苗がそこまで育つには、これからまた50年、60年とかかるのです。CO2排出量を考えても、それだけでも大きな損失です。下草だけを刈るとか、間伐とかという判断はなかったのでしょうか、お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部長弘澤 廣君。

○生活経済部長(弘澤 廣君) お答えします。
 議員からご指摘があったところでございますけれども、確かに皆伐されてございます。当該地は、当初ヒバが主なもので、そのほか雑木等が繁っておったところでございます。このヒバでございますけれども、挿し木によって植樹されたものでしたが、幹が腐ってきたものが多くなり、台風時に倒木し、停電になるという事故が発生したところでございます。また、竹がはびこってきましたので、ご承知のように、竹は山林の形態を変えてしまうものでございますので、周囲の事故防止のため、それから、竹の被害を防ぐ、山林を守るため、管理上伐採したものでございます。
 伐採後は、議員からもご指摘があったとおり、ヒノキを植えておるところでございます。ヒノキも、これまで以上の本数を植樹したところで、現在やっているところです。また、議員ご指摘のとおり、CO2の面では、確かに削減が減った、50年かかるということでございますけれども、周囲に迷惑をかける停電という事故があった、また、竹が伸びてきたということで、皆伐ということになった次第でございますので、ご理解の方、よろしくお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) くれぐれもきめ細かなことをお願いしたいと思います。
 大山新田の守谷の山辺の道、大柏の守谷の軽井沢と、通りに面したところは整備保全されても、ちょっと奥に入った、人通りの少ない、人目に触れないところで、こんなことが行われているのは残念でなりません。緑の整備と保全という、補助率10分の10という事業です。今後、行政としてきめ細かな対応をお願いし、地権者との十分な話し合い、検討のもとに施工されることを切にお願いいたします。
 また、生活経済部だけでなく、都市整備部でも、市内の緑の問題を主に取り扱われていると思いますが、ご見解があればお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君) 緑の街づくりを推進するために、平成14年の3月に緑の基本計画を作成させていただいております。
 その中での緑の位置づけでございますけれども、緑とは、樹木や草などの植物に覆われている土地というような形で、具体的には、樹木、樹林地、河川、農地、公園、住宅の庭、それから生け垣でありますとか、街路樹、そういう緑を含んだ土地というふうにご理解をいただきたいと思いますけれども、そういうところを、行政だけでなくて、民間の方々も含め、事業者も含め、緑の街づくりを進めていきましょうと、こういう計画でございます。
 そういう中にありまして、行政といたしまして現在できる内容につきましては、さまざまな施策をしてございますけれども、その中では、保存緑地の補助、保存樹木の補助、公園里親事業、さらには、緑化啓発団体の育成・助成、今45団体ございますけれども、それから、公園や緑地の間伐、下草刈り等、市民の協働をいただきながら政策を進めているところでございます。
 今後とも関係部署と調整をさせていただきながら、緑の街づくりの推進のために努力をさせていただきたいと思っております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) ありがとうございます。
 安らぎを与える森は、何十年もたたないとでき上がりません。皆さんの力で緑の守谷を守り、つくっていきましょう。


 では、最後の質問にまいります。「学習内容を増やした新学習指導要領の対応について」お尋ねいたします。
 現在の学校5日制は、ゆとり教育のもと、1992年から一部実施が始まり、2002年4月から完全移行したものです。脱ゆとり教育ということで、学習内容をふやした新学習指導要領に基づき、小学校の場合は来年度から完全実施、中学校は再来年度からの完全実施ということですが、その概要をお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 教育長北村裕信君。

○教育長(北村裕信君) お答えいたします。
 先ほど高梨議員からありましたように、来年度から、小学校の新学習指導要領が完全実施されます。次の24年度から、中学校の方が完全実施されます。
 概要ですけれども、ご存じのとおり、平成20年3月に学習指導要領が告示されました。改訂のポイントとしましては、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」という3点の育成を改めて明確に示されたわけです。特に、確かな学力を身につけるために、基礎的な知識・技能の定着を図ること、知識・技能を活用し、みずから考え、判断し、表現する力をはぐくむこと、3点目、学習に取り組む意欲を養うこと、この三つの要素が重点化されました。これに基づいて、移行措置が、21年度、そして現在22年度にわたって、スムーズに新しい学習指導要領に入っていけるようにということで、現在、取り組んでいる状況です。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 新学習指導要領に基づき、授業時間数が足りないということで、東京都などでは、一部土曜授業復活容認などを行っております。守谷市内でも、そのようなことに期待の声もありますし、これまでどおりの方がいいという声も聞かれます。また、学校行事が多くあることや、インフルエンザなどの不測の事態の休校のために、月1回程度の土曜授業があってもいいのではと話す方もいらっしゃいます。守谷市の今後の考え方、方針をお示しください。

○議長(伯耆田富夫君) 教育長北村裕信君。

○教育長(北村裕信君) お答えいたします。
 先ほどとも関連いたしますけれども、授業時数の不足というお話がありました。新学習指導要領におきましては、小学校におきまして、5・6年生に外国語活動がプラスされます。そのほか、国語、社会、算数、理科、体育等の授業時数合わせて、小学校6年間で約1割増加しております。それから、週当たりにしますと、1・2年生が週2時間程度、3年生から6年生まででは、週1時間増加する内容になっております。
 中学校は、国語、社会、数学、理科、保健体育、外国語の授業時数を総合的に見ますと、3年間で約1割増、そして、週当たりの授業時数は、各学年1時間増となります。
 これらを踏まえて、先ほどのご質問、土曜日の授業ということでお話がありました。守谷市では、これまで、平成13年度から、外国語活動のためにALTを配置しまして、外国語活動への対応を進めておりまして、通常の授業時数よりプラスして実施してまいりました。内容的にも、新しい指導要領にかかわる部分の取り組みも続けておりまして、引き続きこれらにつきましては実施してまいりますので、授業時数の不足という状況はほとんどないというとらえ方をしております。
 ですから、結論から申し上げますと、土曜の授業を実施するためには、いろいろ課題がございます。そういう課題を取り除くために、法改正を含む国全体としての条件整備が整わない限り、土曜授業というのは現在の中では難しいのかなと思います。東京都の方での事例がございますけれども、東京都で今後実施される場合にも、ある程度特例的な、限定された中での土曜授業になると思います。そういう中ですので、現在、守谷市では新しい学習指導要領に対応すべく、これまでも取り組んでまいりましたし、今後もそういう取り組みをしてまいりますので、現在のところでは、授業時数の不足、あるいは、子どもたちの学力の確保という点では、取り組みについて今後なお一層しっかりと取り組んでまいりますので、どうぞご理解をいただきたいと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 今のお話で、守谷は大変進んでいて、授業の不足時間というのはないという認識でとらえました。土曜日はもちろん家庭で親と過ごす時間も大切です。現場での混乱がないようにお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。

○議長(伯耆田富夫君) これで、高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.