活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成22年第1回定例会 3月4日~19日


3月16日通告3番

〔1番 高梨恭子君登壇〕
○1番(高梨恭子君) 通告順位3番、高梨恭子でございます。
早速質問に入ります。
 最初に、「生活道路を守れ」ということでお尋ねいたします。
 本市においては、現在、二つの大きな都市計画道路が着工されています。市内の数カ所に広い道路が行きどまりになっていたり、急に狭くなり、車両同士のすれ違いがやっとという道路も見受けられます。そんな中で、その近所に住んでいる方はもちろん、そこをよく通る方からも、いつになったらできるのかなという疑問を投げかけられます。
まず、坂町清水線について、当初の開通の見通しと、現状からの開通の見通しをお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君) 坂町清水線でございますけれども、国道294号線から守谷中学校まで、1期工事約930メーターは終わってございまして、供用開始をしておりまして、今現在、2期の工事に入っているところでございます。
 2工区のうち、一部230メートルは供用開始されておりますけれども、427メーターほど、まだ用地買収、あるいは用地交渉中というようなことでございまして、大半が家屋移転を必要とされる方でございます。そういうことで、用地取得に対しまして、移転先の確保、代替地の確保ですね、そういうものと、国費を導入をいたしますので、国費の配分というものも影響をしているということもございまして、難航しているのが実情でございます。
 工事でございますけれども、現在、県道野田牛久線から市道284号線ということで、企業名で杉浦製罐という会社がございますけれども、あそこまで約90メーターほど、下層路盤も含めまして完了してございます。今、そこからNTTの交換局がございますけれども、そこまで約100メーターを整備する予定でございます。23年度までには、県道の交差点の改良、信号機等も含めまして改良をして、NTTのところの市道まで結びたいと思ってございます。その後、残りの区間を早いうちに進めるよう努力していきたいと思っております。地権者数も少なくなってまいりましたので、さらなるご協力をいただきながら、早目に3期工事に着手ができるように努力をしてまいりたいと思っているところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 家屋の移転が関係しているということで、大変な作業だと思います。よろしくお願いをいたしまして、次に、郷州沼崎線についてお尋ねいたします。
 当初、開通は平成22年3月と聞いておりました。今月ですよね。昨年の9月の質問時には、24年3月の開通になると聞きました。現状についてお示しいただき、今後の方針と開通のめどを改めてお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君) 郷州沼崎線でございますけれども、今現在、みずき野からひがし野までの区間、約820メートルの工事を19年度より着工してございまして、今年度で軟弱地盤の改良工事が完了されます。そして、その後でございますけれども、そこには水路がございますので、水路を渡るための橋梁工事を予定してございまして、橋梁の下部工、上部工を工事をさせていただきます。その後、雨水管の敷設工事、さらには盛土工事、舗装工事ということで、順次進める予定をしてございまして、24年3月に開通できればと思ってございます。
 その中でも、用地交渉が一番、先ほども申しましたが、大きなウエートを占めるわけでございまして、今現在、地権者5名ほどおります。そのうち4名が市外者、市以外の方でございまして、なかなか難航しているのが実情でございますけれども、先月の23日には、市長みずから用地交渉に当たっていただくなど、精いっぱい努力をして、24年度を目標に努力してまいりたいと思っております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) あと5人の地権者がいらっしゃるということで、市の担当課にはより一層のご努力を願い、一日も早く開通できるようお願い申し上げます。
 それでは、(2)の国道294号線の市内完全4車線化はいつごろになるでしょうかということでお尋ねいたします。
 一時は、かなりでこぼこして、車線変更を余儀なくされ、走りにくかった294号線ですが、昨年2月の乙子の立体交差の開通とともに、この1年足らずで周辺もかなり整備され、信号機も連動されるようになり、とてもスムーズに流れています。
 そんな中で、下り常総市方面に向かってロックシティの信号、向原を越えたところからの渋滞が気になります。市内の294号線の4車線化も、その一部分を残すだけとなっていますが、その部分はいつごろの予定で4車線化されるのでしょうか。お尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 都市整備部長笠見吉代君。

○都市整備部長(笠見吉代君) 現在、294号線の4車線工事の事業主体であります竜ヶ崎工事事務所で整備を進めているところでございますけれども、TX駅の入り口の交差点のところ、下り約120メーターがなかなか整備が進まないという状況でございまして、用地交渉に苦慮しているのが実情のようでございます。そのようなことで、事業の早期完成を図るために、昨年、国土交通省に対しまして、土地収用法によります事業認定という制度がございますけれども、その申請を行いまして、12月にはその認定がされたというふうに聞いてございます。今後も引き続き交渉をするということではございますけれども、土地収用法による手続も視野に入れながら、並行してやっていくというようなことでございますので、近いうちに何らかの動きがあるのかなと推測をしてございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) これらの道路整備のおくれによって、本町通り商店街、市道106号線を抜け道に使っている車を多く見かけるとのこと。特に通学及び通勤時間帯に、信号機の少ない生活道路を無理無理に通過していく車があるというのです。
 そこで(3)の質問、本町商店街(市道106号線)の危険箇所についてお尋ねいたします。
 私が議員になって最初の一般質問、平成20年12月に、優しい道路をということで質問いたしました。その中で、市道106号線について、特に3カ所を取り上げ、安全対策を伺いました。1カ所目は、西林寺及びセブンイレブンの交差点、2カ所目は、なかや商店さん前、小林医院さん入り口のT字路、3カ所目は、八坂神社付近など、小中学生の通学路であり、また、高齢者が徒歩で使う生活道路となっており、大変危険な場所となっています。そのときの回答として、西林寺のところは、押しボタン信号機ですが、感応式信号機に改良の要望をしている、それから、なかや商店さんと小林医院さんの入り口のT字路についても、信号機設置を要望しているという回答でした。
 質問をしてから1年と1カ月過ぎたこの1月に、西林寺のところの信号は感応信号になり、地元の方々もとても喜んでいます。皆様のご努力と厚く御礼申し上げます。
 もう一歩お願いするならば、横断歩道を引いていただきたいと考えます。セブンイレブンから郵便局方向へ、そして、セブンイレブンから西林寺の方面には横断歩道がないのですが、いかがでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) お答えさせていただきます。
 信号機につきましては、今、議員がおっしゃられましたとおり、21年11月に改良が完成しまして、使用開始されております。横断歩道につきましては、よく現地を確認し、今、取手警察署の方と協議中でございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) ありがとうございます。
 近辺を歩きましても、その方面へ安全に横断する手だてがございませんので、できるだけ早くに横断歩道が引けることを希望いたします。
 また、次に、なかや商店さんと小林医院さんのT字路のところの信号機設置についてお尋ねします。
 条件的に信号機設置は大変厳しい場所ということです。また、信号機設置の管轄は警察署にあるということから、昨年の2月に、私は、地元の方でほとんど毎日のように朝その場所に立って安全を確認しているボランティアの方とともに、取手警察署交通課にお願いに行ってまいりました。大変に丁寧な説明を受け、たまり場がないことや、事故が起こっていないこと、また、八坂神社の信号機と場所が接近している、そして、何より、守谷市内に信号機は1年に1カ所つくるのがやっとの予算であるということなどを聞きました。さらに、この場所は、毎年のように信号機設置の希望の上位にランクインするものの、条件足らずで設置に至っていないということも聞きました。また、信号機が設置されることによって、注意を怠り、交通事故が逆にふえてしまう場合もあるという話も聞き、ちょっとがっかりしながら帰ってきたことを思い出します。
 県警の事業であるということでしたので、早速に梶岡県議会議員にも相談し、県警への働きかけもお願いしたりしました。なかや商店さんと小林医院さんの入り口のT字路は、まさに守谷小学校の入り口であり、通学路であります。朝などは、ひがし野へ出る抜け道として、また、294号線の渋滞を避ける車が多く走行しております。毎朝、守谷小学校関係者やPTAの方や地域の見守り隊の方が、小学生の安全な登校のために立たれています。そういう状況の中で、この場所の信号機設置のめどはあるのかお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) お答えさせていただきます。
 小林医院さんのところの交差点の信号機の設置につきましては、設置する方向で、今、取手警察署の方と検討中でございます。ただ、設置する場所が私有地の場合、同意をもらったりとか、ちょっと今そういう問題もございまして、設置できる時期については未定であるけれども、設置に向けて検討しているというようなお答えをいただいております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) ありがとうございます。
 とても明るい兆しで、地域の方を初め、守谷小学校PTAの方々も、皆、心待ちにしていたことであり、とても喜ぶに違いありません。心よりお礼を申し上げます。
 さて、3カ所目の八坂神社付近ですが、この神社わきの道も、通学路になっているにもかかわらず、小林医院さんのところのように、注意を喚起するようないろいろなペイントがされてなく、ぜひお願いしたいということを聞きましたが、それについてはいかがでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) お答えさせていただきます。
 八坂神社から守谷小学校へ抜ける道路につきましては、時間指定、午前7時40分から午前8時20分による、歩行者・自転車専用道路の交通規制がされております。車両が通行できないことになっておりますので、路面表示というのは今のところ必要ないかなというふうには考えております。しかしながら、交通規制以外のところにつきましては、通学路注意とかという看板を設置して、どこが一番危ないのか、いろいろPTAの方とも協議しながら、もう協議は済んでいるのですけれども、安全協会の守谷支部で設置する予定でいるところでございます。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) いろいろご努力をありがとうございます。
 さて、20年の12月に一般質問をしたときに戻りますけれども、そのときに、小学生とか高齢者に優しい道路ということでございますけれども、皆さんがそれぞれ交通事故に遭わないようにしていただくことが一番だと思いますので、学校とか老人クラブ等に出向いて啓発をしているところでございます、という回答もいただいておりました。交通事故に遭わないように、学校とか老人クラブなどで啓発をしているとのことでしたが、そのことについて、大きな二つ目の質問に移ります。
 「高齢者の交通事故について」ということでお尋ねいたします。
 先般、茨城県の平成21年中の交通事故死亡者数が199人と発表されました。対前年比マイナス11人、全国ワースト第6位ということです。その中で、年齢別の死者数は、65歳以上の高齢者が、90人で4割台半ば、45.2%と最も多く、前年比プラス1で、全国ワースト5位ということです。守谷市内においての交通事故発生件数と、高齢者の割合はどうなっているのかをお尋ねいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部次長松丸美恵子君。

○生活経済部次長(松丸美恵子君) お答えさせていただきます。
 平成21年中の交通事故統計によりますと、守谷市内の交通事故件数は264件で、死者数は2名、負傷者数は327名になっております。このうち、高齢者の交通事故件数は、74件で、死者数ゼロ、負傷者39名となっておりまして、割合は28%となっております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 守谷市内においての高齢者の交通事故の件数が、全国もしくは茨城県に比べて低いことに、今、多少驚きを感じています。ただ、全国的な動きとして、高齢者の事故、そして、うっかりして加害者の立場になってしまう場合もございますので、安全教室等を開校していただき、高齢者の啓発をしていただけるとありがたいと考えております。
 特に交通安全協会、取手市・守谷市・利根町においてですけれども、安全教室の開校における守谷市の高齢者の受講件数は非常に少なくなっておりますので、これから高齢者が集まりやすい何かの会に合わせて開校していただけたらと思います。その件をよろしくお願いいたしまして、最後の三つ目の質問に移ります。
 三つ目の質問は、夢のある明るく楽しいこと、「守谷市をPRしよう」ということでお尋ねしてまいります。
(1)のご当地名物ということで伺ってまいります。
 私も守谷市に住んで20年になりますが、お盆や暮れ、また、ゴールデンウィークに帰省するときなど、いつもお土産に困っていました。20年前といいますと、守谷をイメージするような、ちょっとしたお菓子や食べ物が少なかったからです。最も当時有名だったのは、一茶の句の書かれたもなかだったと思いますが、そればかりをお土産にするというわけにもいかず、数年前にできたお菓子屋で、「守谷のやもり」という、少々受けねらいの和菓子を買っていったこともありましたが、ヤモリが出てくるような田舎に住んでるのと言われて、それっきりそれを買うのはやめることにしました。最近は、お菓子に限らず、佐野ラーメンや宇都宮ぎょうざなど、冷凍ができたり、真空包装できる技術のおかげで、ちょっとした食べ物までがお土産や名物になる時代です。
 ちなみに、私の生まれた埼玉県加須市は、うどんが名物で、市内至るところにうどん屋があり、うどんの旗がひらめいていますし、そこで食べるだけでなく、お土産用もございます
 県内で思いつく名物は、取手のなら漬けや牛久の落花生、土浦のレンコンやワカサギといった、地域の老舗やその土地柄が大きく関係しています。
 最近では、新しい親しみのある食べ物、行方のバーガーとか、龍ケ崎のコロッケなど、地元産のものを取りまぜた新たな名物をつくり、行政がパイプ役をしながら町おこしをしているという動きもございます。
 そこでお尋ねします。
 守谷市として、何かしら守谷市をPRできるような名物をつくろうというお考えはございますか。

○議長(伯耆田富夫君) 生活経済部長下村文男君。

○生活経済部長(下村文男君) お答えいたします。
 守谷市には、「守谷さんちの牛乳」、それから、それらの牛乳を使った食パンとかチーズケーキタルト、それから、水耕栽培のブルーベリーといった、守谷産の物産としてはまだまだ数々あるんですが、確かにおっしゃるとおり、名物と言われるまでには至っておりません。
 そういった中で、昨年、きらめき守谷夢彩都の中で、商工会の青年部が、駅前通りで日本一長い太巻きということで挑戦いたしまして、そのときは見事成功いたしまして日本一になったのですが、聞くところによると、どちらかはちょっと頭にないのですが、既に追い抜かれて2番目になっちゃったというようなことを聞いております。
 そういったこともありまして、青年部では、守谷の歴史の一つであります平 将門の伝説を取り込んだ、平 将門が、戦の勝利を祈願して大きな鈴を埋めて塚を築いたということから、鈴塚という地名がございます、これに由来しまして、守谷鈴塚メンチというものを考案して、商品化したいと考えているようでございます。形も鈴のように丸い形をイメージしておるようで、子どもや女性の方、それから、お土産にもなるように検討を進めているというようなことを聞いております。ただ、いつ完成するのかは聞いておりませんけれども、いずれにしましても、先ほど申し上げました守谷の物産、数々あると思いますので、きらめき守谷夢彩都を初めとした、各地区でいろいろなイベントが行われますので、そういうところにも出品して知名度が上がるようにということで、主催者の方には投げかけていきたいと考えております。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 前向きなお答えをありがとうございます。
 私もメンチカツは大好きで、つくるというより、よく買いに出かけております。戸頭の肉屋さんのは、キャベツがいっぱいで、丸いボールのような形をしております。ひがし野の外れにある鳥肉屋さんのは、お肉がたっぷり入っております。また、筒戸の肉屋さんは、わらじのように大きく、平たくてタマネギがたくさん入っています。ぜひ守谷産の相性のよい野菜を入れてつくっていただけたらと思います。
 さらに、こういうことは、浸透して軌道に乗るまでにも時間がかかるものでございます。私が聞いた範囲では、龍ケ崎のコロッケは、平成13年から、商工会婦人部による手づくりコロッケが発端と聞いています。それから、各種メディア、新聞・テレビなどへの売り込みや話題づくりに向けて、少しずつ取材などによって広まったと聞いております。
 余談ですが、おととい3月14日に、佐貫駅東口の龍ケ崎観光物産センター1周年記念の市に行ってきました。ちょうど守谷駅前の守谷スタイルさんみたいなところです。揚げたてのコロッケの販売とこだわりの物産品の販売が行われ、お天気もよかったせいか、大変ににぎわっていました。
 守谷名物づくりに一生懸命取り組んでいただきたくお願いいたします。
 それでは、もう一つ、守谷市PRの方法について、ご当地プレートというのがありますので、ご紹介方々質問をしてまいります。
 車のナンバーの場合には、道路運送車両法で形状やデザインが決められていますが、125cc以下のバイクにつけるナンバープレートに規制はございません。もちろん個人で勝手なものを取りつけることはできませんが、各地方の自治体で、独自のプレートを導入することができます。そこに目をつけて、最近では、ユニークな形をしたご当地ナンバープレートが次々に登場しています。
 例えば、ご当地プレートの先駆けと言われる愛媛県松山市では、司馬遼太郎氏の小説「坂の上の雲」の舞台であることにちなみ、プレートが何と雲形で、もこもこした輪郭です。2007年7月から取り入れられ、従来のものも得られますが、雲形のバイクが、14%、1万1、881台、昨年4月現在の数値ですが、占めています。また、そのうちの4割を、20歳から30歳代が占めているということです。
 また、山形県東根市は、昨年2月から、生産量日本一のサクランボの絵をあしらったプレートが登場しました。
 宮城県の登米市は、ササニシキの産地として知られることで、プレートはお米の形です。きっちりと胚芽の部分が欠けていて、リアリティーのあるプレートです。
 また、鮫の水揚げ日本一を誇る宮城県気仙沼市では、昨年11月に、公募によりご当地プレートを決めました。300点寄せられた中から、跳びはねる鮫の図柄に決まり、この6月から交付されるそうです。また、それは、普通の長方形のプレートで、鮫の絵がワンポイントで描かれているもので、雲形とかお米の形とか、そんなにこったものではないそうです。そういう気軽なものでいいのかなとご提案する次第です。
 お役所というのは、どうしても固いイメージですが、こんな遊び心を取り入れるところもあるんですね。ちなみに、名物がメンチだったら、メンチカツの絵でも悪くないのではないでしょうか。
 さて、これは茨城県でまだ導入している自治体はございません。守谷市でもぜひ検討していただきたいのですが、いかがでしょうか。

○議長(伯耆田富夫君) 総務部次長横瀬 博君。

○総務部次長(横瀬 博君) お答えします。
 原動機付自転車等の標識の取りつけにつきましては、条例において、原動機付自転車等の所有者となったものは、申告書を提出し、車体に取りつけるべき標識の交付を受けなければならないと定められております。標識の様式は、国からの通達により、標識に使用する材質、寸法、地の塗装の色、文字の塗装の色及び寸法等、詳細な様式が示されております。守谷市の標識は、この通達に基づき、市規則により現在使用している標識のひな型を定めているものです。
 今年、通達はあるものの、法律に定めのないことから、独自のデザインの標識を導入している市町村も見受けられ、県内では、今、議員さんがないと言いましたけれども、つくば市が、下に「TSUKUBA」というローマ字の文字を入れたナンバーを採用しています。全国では9自治体、うちの方で把握しているのは、そのほかに9自治体でございます。
 議員の提案は、守谷市をPRする手段の一つではあると思います。市において、標識の目的・役割及び費用等を含め検討したところ、形状や印刷行程の変更に伴い、プレートの金型作成代や1枚当たりの単価が同額になってしまうなど、原動機付自転車等の登録台数、今、125㏄以下で約3、200台が登録されております。よって、効果が余り期待できないこと、また、国から、標識の様式は全国的に統一することが望ましいという通達が示されていることから、標準の標識を採用しているもので、現在のところ、まことに申しわけないですけれども、市独自のプレートの採用は、予定はございません。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) 守谷市をPRしようということで、ご当地名物メンチカツは採用のようです。ご当地プレートは不採用でしたが、この質問について、市長のお考えをお願いいたします。

○議長(伯耆田富夫君) 市長会田真一君。

○市長(会田真一君) 今、担当の方から説明があったように、費用対効果を見ると、余り効果が見込めないのではないかということでございますので、ここでご当地プレートということは、今の時点では考えにくいというふうに思います。

○1番(高梨恭子君) メンチの方。

○市長(会田真一君) メンチか。メンチは大変いいんじゃないかなと。高梨議員もおっしゃったように、私もメンチ大好きでございますので、おいしいものをつくっていただければ、PRにもなるんではないかなと思います。

○議長(伯耆田富夫君) 高梨恭子君。

○1番(高梨恭子君) ありがとうございます。
市長を初め、皆様のご協力をお願いし、よりよく、より楽しい市政を期待して、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

○議長(伯耆田富夫君) これで、高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.