活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成21年第3回定例会 9月2日~17日


9月14日通告3番

〔1番 高梨恭子君登壇〕
○1番(高梨恭子君) 通告3番、高梨恭子です。
 本日は、4点の質問をいたします。まず、一つ目に、みずき野の過疎化についてお尋ねいたします。
 昨年12月の私の一般質問において、みずき野の問題について質問いたしました。 
 当時、スーパーが撤退した直後で、食料品等の買い物の不便さに重きを置いてお尋ねいたしましたが、おかげさまでこの4月にみずき野市場がオープンし、何とかその不便さが解消されてきたところです。
 さて、成熟した大型団地の抱える問題として、高齢化とともに過疎化という現象があると思います。
 そこで、みずき野地区の現状として、全世帯数、人口、そして65歳以上の方の割合、1世帯当たりの住人数、独居率、空き家率についてお尋ねいたします。

○議長(又耒成人君)
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君)
 お答えいたします。
 まず、みずき野地区の65歳以上の人口でございますが、みずき野地区の住民基本台帳の人口、これは9月1日現在でございますけれども、5,975人、これは総数でございます。
 65歳以上の人口は873人です。率にしますと、14.61%ということになります。ちなみに守谷市全体では、やはりほぼ同じ14.6%でございます。
 それから、1世帯当たりの平均人口ですけれども、先ほどの5,975人をみずき野世帯数2,056世帯で割りますと、2.91人という数字になっております。
 それと、独居世帯の率でございますが、独居世帯数が109世帯でございました。先ほどの2,056世帯で割りますと、みずき野地区全体の世帯数に占める割合でございますが、5.3%ということでございます。
 それと、空き家率というご質問でございますが、これにつきましてはデータがなくて把握できませんでした。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 長野大学教授である大野晃氏が1991年に提唱した概念に、限界集落というのがございます。65歳以上の高齢者が自治体総人口の過半数を占める状態を限界自治体と名づけました。限界集落は、この定義を集落単位に細分化したものです。限界集落に次ぐ状態を準限界集落と表現し、55歳以上の人口比率が50%を超える場合とされます。また、限界集落を超えた集落は、超限界集落から消滅集落へと向かうとされています。
 開発、分譲から28年たったみずき野では、30歳代で入居された方が多く、準限界集落があっという間に限界集落へと向かうと予想されます。また、今のデータから別の見方をすれば、子供の独立が顕著にならざるを得ない状況が徐々にあらわれてきていると言えるのではないでしょうか。
 さて、先般、私のところへ次のような問い合わせがありました。
 お一人は、老夫婦で暮らしているのだけれど、足が悪いので平屋に建てかえたい。しかし、建ぺい率が40%では満足のいく建物にならない。これを50%にすることはできないきかというもの。また、別の方は、子供夫婦と一緒に暮らしたいのだが、2世帯住宅にするには容積率80%では厳しい。駐車場も2台確保したいのだが、というものでした。みずき野1軒の平均的な敷地面積は50坪から60坪、建ぺい率40%、容積率80%です。
 昨年12月の私の一般質問について、総務部次長から次のような答弁がありました。以下、読み上げます。
 みずき野地区に限らず、これまで親子で住んでいた。例えば4人家族で住んでいた中で、子供が独立して外へ出ていっているという傾向が見られる。今後、一つには、コミュニティーという観点で、地域、世代間の交流ということで、コミュニティーの活発化ということが一つあると思います。それと、物理的な話になりますけれども、住宅の改築、あるいは2世帯住宅というんでしょうかね。一緒に住めるというふうなことが必要になってくるかとも考えております。そういう意味では、2世帯の住宅を建てるのに今の敷地面積はどうか、いろいろそういう課題はあると思いますけれども、やはりそういう2世帯住宅といいますか、親と子がともに暮らせるような、そういうものが必要になってくるのかなと感じております、というものでした。
 このことについて、市の施策や検討していることについて、通告してあるとおり担当部長、お示しお願いいたします。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部次長高橋要君。
○都市整備部次長(高橋要君)
 みずき野地区の2世帯住宅のために建ぺい、容積見直せないかというご質問だと思いますが、みずき野地区は、開発当初から、住みよいまちづくりを掲げまして建築協定を定めております。主な協定内容は、最低敷地面積165平米、それから壁面後退1メートル、第1住居専用地域においてもこれ40の80という、都市計画道路沿いについても40%、80%という制限を設けております。
 平成15年に、みずき野地区から建築協定を継承する形で地区計画に移行する提案を受けまして、都市計画の手続に入りました。平成16年の2月に、66.8ヘクタールについてみずき野地区地区計画を決定しております。そのときの地区同意率は80%です。80%の方が、40の80という建ぺい、容積を求めて地区計画を決定しております。さらには、平成19年4月に同じ内容で地区計画の提案を受けまして、67.2ヘクタールとエリアを拡大しております。
 以上のことから、みずき野地区は、地区の3分の2の提案を受けて、ごく最近平成19年度に見直したばかりということの中で、個々の事情は、2世帯で過ごしたいと事情はよくわかるのですが、今のところ変更する考えは持っておりません。
 しかしながら、将来、地区計画の見直しについては、先ほど申しましたように3分の2以上の同意があれば見直すこともできますので、今後それらも考えていかなきゃならないと思ってございますけれども、いずれにしても、地区の総意という形で変更していくのが最良と考えております。
 以上です。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 近い将来、3分の2の同意ということですので、これから地区の皆さんにお諮りして考えてまいりたいと思います。
 続きまして、二つ目の質問です。
 二つ目は、地域交流バスについてです。
 通告では、モコバス運行開始から1カ月の状況、郷州沼崎線を利用した地域交流バスの運行予定としておりますが、2の郷州沼崎線を利用した地域交流バスの運行予定から始めます。
 守谷市地域公共交通連携計画では、新規のバスルートとして、都市計画道路郷州沼崎線を活用し、守谷駅東口、みずき野、南守谷地区、守谷駅西口という地域交流バスが考えられています。
 そこで、まず、都市計画道路郷州沼崎線の開通の見通しをお尋ねいたします。

○議長(又耒成人君)
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君))
 みずき野地区から守谷駅へアクセスする道路ですけれども、市道106号線がございます。幅員も狭く事故等も心配されるということから、同路線の都市計画が決定されてございまして、平成19年度から工事着手をしてございます。
 現在、用地買収未買収者が5名おりますけれども、購入できたところから地盤改良をしてまいってございます。今年度は、引き続き地盤改良と水路横断部の構造物の工事に着手をいたしまして、目標としましては、平成24年度末の完成を目指しているところでございます。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 今のお答えからすると、開通まであと3年かかるわけですが、開通までの暫定措置として、みずき野、南守谷地区、守谷駅西口の折り返しルートを検討していただけないかということです。この件は、去る6月6日に、明日のみずき野を考える会の代表、岡島氏らとともに、総務部企画課に要望をいたしました。
 現在、みずき野地区には関東鉄道の路線バスが運行されています。これは守谷駅東口が起点で、市役所、図書館、白寿荘に行くには守谷駅東口から西口への移動が必要です。乗り継ぎの利便性向上のためにも、ぜひ検討いただきたい。
 また、日用品や医療品の買い物をするにも、みずき野からバスで294号線ルートで行けるよう、利便性の確保に努力いただきたいのですが、いかがでしょうか。

○議長(又耒成人君)
 総務部次長笠川悦範君。。
○総務部次長(笠川悦範君)
 お答えいたします。
 今、議員おっしゃられましたバスのルートでございますが、これにつきましては、守谷市地域公共交通活性化協議会でつくっております守谷地域公共交通総合連携計画という中に、通称でございますけれども、地域間交流バスというルートを設定してございます。これにつきましては、市ではなくて、関東鉄道の路線バスで運行するということが前提となっておりまして、これが平成23年度の計画になっているわけでございますけれども、先ほどおっしゃられました明日のみずき野を考える会ですか、そちらの方とも協議を何回か重ねてございまして、できれば前倒ししてほしいと。今、郷州沼崎線の開通の予測についてもありましたけれども、前倒ししてほしいということでございますので、先ほど申し上げました協議会といたしまして、関東鉄道の方と前倒しの方向で協議をしているところでございます。今後も、その方向で協議を進めていきたいというふうに考えているところでございます。
 路線バスは、大前提といたしまして、乗らなければ廃止されるということがあります。
 路線を維持するには、やはりだれかがそのコストを負担しなければならないということをご理解いただきたいと思いますけれども、まず皆さんに乗っていただくということがとても重要なことであります。そういう意味で、引き続きご協力をいただきたいということをお願いしたいと思います。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 できるだけ早い対応をお願いいたしまして、次に、モコバスが運転を開始して1カ月になりますが、その利用状況をお示しください。

○議長(又耒成人君)
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君)
 モコバスにつきましては、皆様のご協力によりまして8月1日から運行を開始することができました。ちょうど1カ月たったわけでございます。
 その1カ月の利用状況でございますけれども、輸送人員、これが4,506人でございます。収入といたしましては、運賃収入70万5,700円ということでございます。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 朝も早い時間帯から夜も遅くまで、頻繁に、守谷コミュニティバス、モコバスが走るようになりました。マイカーを減らし、CO2 の削減など目標はすばらしいものですが、相変わらず空気を運んでいるのではないですかとか、頻繁に走るようになった分CO2 を余計まち散らしているのでは、という話を耳にします。運行開始1カ月で結果を求めるつもりはありませんが、市民の声がありましたので、この際と思い、伺いました。今後さらに利用者がふえることを願って、次の質問に移ります。
 三つ目は、市内各所の冠水工事についてです。
 昨年8月30日のゲリラ豪雨により、市内各所で冠水の被害がありました。あふれ出た水により通行できなくなる国道に直結するような箇所は、早急に対応されて、工事が完了しつつあるようです。
 まず、その計画と進捗状況、そして予定では何カ所あって、何カ所終わっているのかも、あわせてお示しください。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部長笠見吉代君。
○都市整備部長(笠見吉代君)
 昨年8月の集中豪雨に伴いまして、市内各所で冠水とか通行どめ等も発生いたしました。そのようなことから、平成21年度、22年度の2カ年で対応していくという計画を立てさせていただきました。
 まず、工事完了でございますけれども、4カ所完了してございます。1カ所が、薬師台7丁目の外周道路ですけれども、そこの冠水対策。それからけやき台5丁目、294号線です
 けれども、レストランニコルという箇所ですか、それと松ケ丘5丁目ですけれども、高砂町周辺です。外周道路。それから松並の交差点付近ですけれども、側溝整備工事、それから排水管敷設工事、それと修繕工事が完了してございます。その他、側溝清掃業務11カ所、それと集水桝の増設であるとか、小規模な工事3カ所につきましても完了してございます。
 それと、工事中でございますけれども、坂町清水線の排水管の整備工事、これはロックシティの手前になります。それから松山保育園付近の排水管整備工事、さらには市道102号線の北守谷の幹線道路ですけれども、守谷高校入り口付近の交差点の土砂流出防止、こういうような工事中でございまして、一刻も早い完成を目指して努力してまいりたいと思ってございます。
 それから、今後の対応でございますけれども、来年度が松並地区の先ほど申しました排水路のしゅんせつ工事、それから薬師台3丁目に調整区域からの土砂流出が発生してまいりますので、そちらの防止対策工事、そして先ほど申しましたけやき台5丁目交差点付近の雨水幹線への流入対策調査を業務発注してございますので、それらの結果によりまして雨水管の工事を予定しているところでございます。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 私のところに問い合わせのあった2カ所についてお尋ねいたします。
 まず、1カ所目は、城内地区の守谷小学校敷地の南側で、つくし野に抜ける道沿いですが、道路面より60センチぐらい突き出た80センチ四方の排水桝があります。昨年8月30日の豪雨では、そこから水があふれ、道は川のようになり、家屋の駐車場まで茶色の水が入ってきたとのこと。地域の方たちは、過去において大雨が降るたびに市役所に要望していましたが、数年前に守谷小学校敷地内に何とかつくってもらった側溝も、今では落ち葉や草で埋まっている状況です。また、なかなか対応してくれない状況に、自分たちで土のうを積んだり、塀を高くしたりと、自主防衛をしています。この箇所について早急に対応していただきたいのですが、いかがでしょうか。

○議長(又耒成人君)
 教育次長染谷隆君。
○教育次長(染谷隆君)
 お答えさせていただきます。
 ご質問の場所、守谷小学校西側の低地になっている部分と思います。先般も、議員にご同行いただきまして場所を確認させていただきまして、ありがとうございます。この部分につきましては、8月30日の豪雨のときに、ただいまご指摘をいただきましたような状況になったということで、我々も現地に何度も降雨時に行って見ているわけなんですけれども、なかなかそういう状況になった場面に遭遇しないといいますか、遭遇しない方がいいんですけれども、状況的には確認できないような状況でした。
 今後、いろいろな要件、要因があの場所にはあると思います。山王様、それから守谷小学校、城内方面から集中的に水が集まってくるようなすり鉢状のような状況のところですので、守谷小学校の排水がかなり来ているということであれば、今後整備されますグラウンドの整備に合わせて改修していきたいと思っております。
 また、原因調査のために側溝の清掃等を近々のうちに実施いたしまして、その原因の究明に努めていきたい。状況によっては、大雨に対応するために側溝の清掃等も実施していきたいと考えております。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 グラウンドの整備に合わせてということですが、それはいつごろになりますか。

○議長(又耒成人君)
 教育次長染谷隆君。
○教育次長(染谷隆君)
 学校の建築、今、想定では23年度中を想定しておりますので、その次年度になろうかと思います。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 地元住民の人たちは、大雨に対して大変不安に思っています。また、守谷小学校建てかえの件でも、トンネルをつくるとか、迂回路をつくるとかということで、大変微妙な時期でございます。そういうときだからこそ、即刻解決するのが行政の仕事ではないでしょうか。
 また、この道路が通学路になっていることを考えると、補正予算をとってでも、困っている人がいるわけで、何とかならないかと自分たちで向かっている人がいるわけですから、その意を酌んで年度内の解決を強くお願いしたいのですが、いかがでしょうか。

○議長(又耒成人君)
 教育次長染谷隆君。
○教育次長(染谷隆君)
 先ほども申し上げましたとおり、ご指摘の場所につきましては、いろいろな要因が考えられますので、まずその原因の究明をさせていただきたい。我々の方だけではちょっとできませんので、建設課等々の協力をもらいながら、原因の究明をまず第1点に考えてみたいと思います。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 できるだけ早くに原因究明をお願いいたしまして、解決を強くお願いしたいと思います。
 次に、西板戸井地区の西第二という地区では、やはり大雨により納屋まで水が入ってしまうことがしばしばあるということです。現在、滝下橋から西側、県道をくぐって流す排水路が1カ所しかなく、排水が非常に悪いとのことです。速やかな対応を望みますが、いかがでしょうか。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部長笠見吉代君。
○都市整備部長(笠見吉代君)
 西板戸井の大久保さんのお宅の前の2軒でございますけれども、あそこにつきましては排水側溝がないというのが実情でございます。そして、現場を見ていただければおわかりのように、宅地が道路より低くなってございます。そういうようなことから、道路から流入しているという状況でございます。
 この道路につきましては、現在、茨城県の管轄になってございますので、既に竜ケ崎工事事務所の方に現地調査と対応策の依頼をしているところでございます。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 市民は、その道路が県道であろうが、市道であろうが、関係なく困っているのです。本来、県道が新しくできた時点で、旧の道路は市道として市が管理していくのがあるべき姿と思われますが、その点について、市長、いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 そうでしょうね。当然そうなると思いますけれども、いまだに生かされていないんでしょう。そういうことです。今のところは県の管理ということになっておりますので、県の方にお願いするしかないというふうに思います。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 市道になるのはいつごろになりますか。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部長笠見吉代君。
○都市整備部長(笠見吉代君)
 県から道路の移管を受けるには、それなりの道路の構造、あるいは整備状況、そういうようなものをした段階で県の方から移管をしていただくという形にしてございます。そういうことから、例えばですけれども、側溝もない、あるいは道路の幅員も狭い、支障物件もあるとか、そういうようなものを移管を受けて市が負担をして改修をするというのもどのようなものなのかということから、県の方でそれなりに改良していただいた中で移管を受けるという形にしているところでございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 それでは、速やかな対応をお願いいたします。
 では、次の四つ目の質問に移ります。
 四つ目は、街路樹の樹木管理についてです。
 6月の終わりごろだったんでしょうか、みずき野の歩道に大きな木の枝が伸びていて、自転車の人や背の高い人の顔や頭に当たるということで、建設課にお願いしたところ、早速にその枝を切っていただきました。また、先日、同じ場所で大きな枝がぶら下がっているというときも、速やかに対応いただいたとのこと、職員の皆様の迅速な対応に感謝いたします。
 それからなのですが、市内を歩いたり、信号待ちの車の中からいろいろなことに気づき始めました。街路樹の鉄の支柱が木に食い込んでいるところや、添え木などが壊れた箇所が見受けられます。また、歩道などでは、木の枝でトンネルができるほど伸びている場所もございます。市の方では、そのような箇所をどの程度把握していらっしゃるのでしょうか。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部長笠見吉代君。
○都市整備部長(笠見吉代君)
 まず、街路樹の樹木剪定に伴いまして、ひこばえというわきから枝が発生するものがありますけれども、そういう剪定をしたことによってひこばえが発生している例がございます。そういうようなものにつきましては、そのひこばえをまず取るというのがございます。
 それから、道路関係の樹木等につきましては、こさ刈りというようなものをさせていただきまして、先ほども話しましたけれども、樹木、雑草種ですけれども、市内2工事にわたりまして発注をして対応しているというのが状況でございます。
 それから、公園を含めまして、樹木に対する支柱ですけれども、既に古くなっておりまして、支柱の役を果たさないものも中にはございます。そういうものにつきましては、職員のパトロール等で支障しているものについては撤去しているというようなこと、さらには路線ごとに職員が撤収をしているというのが実情でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 私、写真を撮ってきましたので、紹介しながらお願いをしたいと思います。
 まず、この写真です。街路樹の鉄の支柱に木の幹が食い込んでいっております。木の成長に伴い、鉄の支柱に木の幹が食い込んでおります。これでは木がかわいそうです。木の生育にもよくありませんし、美観もよくありません。また、街路樹の木でつくられた添え木、こういう台形のものです。こういったものが壊れている箇所が多々目につきます。樹木の成長に伴い不要に見えるもの、またこれらが倒れたりすると歩行者がけがをするおそれもあります。
 さらに、板戸井公園に沿った遊歩道の木々は、枝がかなり伸びていて、この写真のように木でトンネルができるようになっています。ここは大井沢小学校の通学路でもあることから、これから日暮れが早くなる季節を迎え、危険を感じます。
 守谷市民憲章の中で、水と緑に親しみ、自然を愛し、美しいまちをつくりますとうたっているにもかかわらず、このような現状はふさわしくありません。直ちに撤去、即対応してください。また、通学路になっている場所の見通しの悪いところの剪定も、早急にお願いいたします。部長の所感をお願いします。

○議長(又耒成人君)
 都市整備部長笠見吉代君。
○都市整備部長(笠見吉代君)
 3点ほどございました。まず、鉄の支柱がコブシに食い込んでいる地区ですけれども、これは美園地区のコブシだと思います。ご指摘のように大変くびれている部分もございますので、今年度対応する予定になっているところでございます。
 さらに、支柱の必要な樹木もございます。例えばサルスベリでありますとかプラタナス、これらにつきましては、食い込まない程度に、確認をしながら交換をしていくというような対応をしてまいりたいと思っているところでございます。
 それと、公園内、あるいは街路樹ですけれども、特に公園だと思いますけれども、その支柱がそのままになっている部分まだまだございます。私どもパトロールや工事等に行ったときにそういうものを撤去するという形で作業を進めているところでございますけれども、抜けている部分のところもございましたらば、ご連絡をいただければ早い対応をしてまいりたいと思っているところでございます。
 それと、大井沢小学校区の通学路に値する部分、それは新薬師台の写真だと思いますけれども、そこにつきましては、地元町内会の方々と灌木の共同作業をさせていただきました。そして、大分灌木をしてきたところでございます。ただ、その先のところに、樹木を粗い整枝をした部分がございますけれども、そういうようなことをしました場合に、非常に植栽剪定が悪いと。逆に、何でそういう切り方をするかというようなご指摘もございますので、いろいろ検討しながら、町内会とも相談をしながら整枝をしていきたいと思っております。
 以上でございます。

○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 では、よろしくお願いいたしまして、以上で私の一般質問を終わります。

○議長(又耒成人君)
 これで高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.