活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成21年第2回定例会 6月8日~17日


6月12日通告5番

○1番(高梨恭子君)
 通告5番、高梨恭子でございます。早速質問に入ります。
 まず初めに、行政サービスについてお尋ねいたします。
 昨年12月1日付日本経済新聞に、同社の第6回行政サービス調査の結果が掲載されました。この調査は1998年から隔年で実施されているもので、行政サービス水準調査と行政革新度調査の二つで構成されており、全国の市と東京23区の合計806市区が対象です。サービス水準は、五つの項目により算出されています。公共料金、高齢者福祉、子育て環境、教育、そして、住宅インフラです。それによりますと守谷市は、2004年の第4回調査で303位、2006年の第5回調査で60位です。そして、今回の調査では533位です。どうして、このような結果になったのか、要因を把握されていましたらお示しいただきたいのですが、お願いいたします。
○議長(又耒成人君)
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君)
 お答えいたします。
 議員おっしゃるように、この調査につきましては隔年で行われていまして、2008年度の第6回の結果が、今おっしゃられた内容かと思います。それで、結果的に、もう少し詳しく申しますと、行政革新度につきましては、209位だったものが131位になったということで、あと、議員おっしゃられたように、行政サービス度につきまして、60位だったものが533と。一般的に言いますと、かなり激変というようなことで、じゃあ守谷がどういうふうに変わったんだということになりますと、さほど変わっていないというようなことだと思うんですが、これについては、数値的にいきますと159点から123点ということで、36.5ポイントダウンしているというのが実態でございます。評価が下がった要因と、原因ということでございますけれども、これにつきましては4点ほど考えられます。
 第1点目は、分野別、先ほど五つの分野おっしゃっていただきましたけれども、五つの分野の分野別の配点が変更になったというようなことでございます。2008年度につきましては、5分野それぞれ60点で、トータルで300点ということでございますが、2006年度につきましては、子育てが40点、高齢者福祉が70点、教育が70点、それから、公共料金等が70点、住宅インフラ、それが50点というようなことで、配点が変わっているということでございます。
 2点目につきましては、調査項目がふえたことでございます。前回の調査よりも8項目ふえまして、38項目になったというようなことでございます。当然、その項目ごとの点数も変わっているというようなことになります。
 3点目といたしましては、採点方法が変更になったというようなことでございます。これまでは、各サービスがあるかないかというようなことだったんですけれども、もう一つ加えられたことは、どういうサービスがありますかということで、それが1項目だったら何点、2項目だったら、そういう何点、何点、ということで追加していくというようなことで、点数が変わってくるというようなことです。
 4点目につきましては、数値の変更ということで、国民健康保険料の増額というようなことが、そのときに入っていましたので、若干マイナス要因かなというふうに思います。
 これを分析して、マイナス要因というものをちょっと上げてみますと、子育て環境では、保育所入所児童が他市に比べて多いことが上げられます。この保育所入所の待機児童は、前回の調査には入っておりませんでした。今回から新しく入っています。それと、病後、病児ですね。要するに病にかかった児童です。病児、病後児の保育実施保育所が少ないこと、これは守谷市ではやっていないということです。それと、少子化対策の実施項目が少なかったというようなことが上げられると思います。
 2番目の高齢者福祉では、介護保険料が高いこと、高齢者向けのサービスが少ないこと、それと、先ほど言った保険料の引き上げ、それと、病院、診療所等の病床数が少ないというようなところが上げられます。
 教育につきましては、少人数学級の実施、それと、非常勤講師の採用、それと、土曜日の補習や自習の支援、こういうものが未実施というようなことです。これにつきましては、先ほどの質問の中にもありましたけれども、点数が上がる要因であると、この次は上がるんではないかなというふうな形です。
 それと、公共料金につきましては、やはり都市部に比べまして、上下水道料金が割高になっているというようなことが上げられるかと思います。
 それと、住宅インフラにつきましては、個人住宅の取得、増築、改築、こういうものの支援策、こういうものの項目数が少ないことが上げられます。
五つの分野別に分析しますと、そういったことになろうかというふうに思います。とりあえず、ここまででよろしいでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 詳細な分析をありがとうございます。
 一方、東洋経済住みよさランキングによりますと、皆様ご存じのように、2007年は7位、2008年は1位、2009年4位という結果です。内容を見てみますと、利便性は28位、快適性は2位、富裕性は52位ですが、安心性が478位です。安心性の内訳は、病床数及び介護老人福祉、保健施設定員、出生数というもので、これがランクを落としている原因と思われます。先ほどの説明と伴って、高齢者福祉のサービスが少ないということが問題なのではないかと思います。
 さて、ランキング至上主義ではございませんが、これらを踏まえて、市長は今後の行政サービスのあり方をどのようにお考えでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 ランキング至上主義ではありませんけれども、住みよさランキングでは結構上位の方にいっている。今回の行政サービス調査ですか、これで一番大きいのは、やっぱり本当の区部ですね。東京なんかと比べられますと、どうしても、水道料金だとか、下水道料金だとかというのが高いですよと。あるいは、そういったものが上げられると思いますし、病床数が少ないというふうに言われますけれども、同じような規模のところからすると、比較的その病床も、まあまあ足りているんではないかな。ただやはり介護老人施設というのは、そんなに多い方ではない。ただ守谷市は今のところ、いわゆる老齢人口というのは茨城県でも低い方だけれども、サービスを受ける人は非常に多いということで、介護保険料が高くなってしまうというところで、恐らく、そういう意味のランクは、介護保険料が高いからランクも下がってしまうということだと思うんですが、反面、そういう受けるサービスの提供はあるから、介護保険料も上がってしまうということも言えるんだというふうに思います。それと、上下水道料金等については、例えば東京都内の区部ですと、全部都がやっています。東京都が、水道にしても、下水にしても、やってくれているわけで、我々のように単独でやっているということではありませんので、逆に、その分をほかのサービスに回せるというのが大変大きな差になってしまうかもしれません。特に教育の面とか、あるいは、中学生まで医療費は無料ですよとかというのは、東京都内の区の方が多分多いというふうに思います。したがって、そういうところで若干差はついていると思いますが、それ以外の点では、何らほかの都市と比べても、遜色はないんだろうというふうに思っておりまが、これからも、ますます、住んでいただける、住んでみたいと思われるようなまちに育てていかなければならないと思いますので、今後とも努力を重ねてまいりたいというふうに思います。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 これらの調査を考えてみますと、もともとの守谷の地形や立地、それにTXが開通したことなどのハード面に対する評価は、非常に高いものと思われます。私たちが今後、まさに取り組んでいかなくてはならないソフト面の充実をお願いいたしまして、次の質問に移ります。
 二つ目は、収納推進についてです。4月を迎えるとともに、納税の季節に入ります。4月は固定資産税、5月は自動車税、軽自動車税、6月は市県民税と毎月納付書が届きますが、守谷市の収納業務についてお尋ねいたします。まず、収納業務の現状ということでお聞きしますが、収納推進の業務内容及び昨年度の収納率、滞納件数とその金額についてお示しください。
○議長(又耒成人君)
 総務部次長横瀬博君。
○総務部次長(横瀬博君)
 お答えさせていただきます。
 私たちの収納推進課で収納徴収業務を従事しているわけですけれども、収納推進課の業務内容については、いわゆる市税三税ですね。都市計画税を含んだ固定資産税、それから、市県民税、軽自動車税、それから、平成20年度から国民健康保険税の収納業務、それらの納税相談業務を行っております。納税相談につきましては、国民健康保険税に関連しているものが、ほぼ毎日15人くらいの相談があります。それから、そのほかの介護保険料、後期高齢者医療保険料、学校給食費、上下水道料金、児童クラブ入所負担金、市営住宅料等は各担当課で対応しております。それから、収納推進課の詳細業務なんですけれども、最初、税務課で納税書を送りまして、それから、20日過ぎて、それでも入っていない場合には、督促状を出したり、電話催告を行ったり、そういうものの業務をしております。それでも、過年度分で繰り越しになってしまった分につきましては、嘱託職員や文書催告、納税相談の呼び出し、その後の差し押さえ予告書を発送したり、それから、それでも入らないときには、預貯金等の差し押さえを行ったりしております。
 守谷市の収納率でございますけれども、市税におきましては、19年度の現年度分は98.5%、滞納繰越分、これは前年度からの繰越分ですけれども、19.4%、合計で94.6%でした。これは、県内44自治体のうち、上位から4番目の順位でございます。平成20年度は現年度分が98.5%、19年度と同じです。滞納繰越分が21.2%、合計で95.2%で、前年度より0.6%増加しております。国保税におきましては、平成19年の現年度分が91.8%、滞納繰越分が15.9%、合計で73.5%でした。これは県内44自治体のうち、14番目です。平成20年度は、現年度分が90.5%、滞納繰越分が18.7%、合計で74.1%です。前年度より0.6%増加しております。
 それから、滞納件数と滞納額ですけれども、これは現年度のみの数字ということでお願いしたいと思います。まず、市税のうち19年度の現年度分ですけれども、納付書を5万4,963件発送しております。納付件数が5万2,505件で、そのうち滞納件数は2,458件です。金額では、全納付見込額が100億4,000万円、約ですけれども、1,000円未満はちょっと四捨五入しております。約100億4,000万円に対し、納付額は98億9,000万円、滞納額としての繰越額は約1億5,000万円で、収納率は先ほどの98.5%です。また、平成20年度の現年度分は、納付書を5万7,074件発送し、納付件数が5万4,528件、滞納件数は2,546件、金額では全納付見込額が約105億2,700万円に対し、納付額は103億7,400万円、滞納額としての繰越額は約1億5、300万円で、収納率はやはり98.5%です。
 国保税の方も報告させていただきます。国民健康保険税ですけれども、19年度の現年度分納付書は9,628件発送し、納付件数が8,364件、滞納件数は1,264件、金額では全納付見込額が約15億1,000万円に対し、納付額は約13億8,600万円、滞納額としての繰越額は約1億2,400万円、収納率91.8%です。平成20年度の現年度分は納付書を8,949件発送し、納付件数が7,648件、納付滞納件数は1,301件、金額では全納付見込額が約15億2,600万円に対し、納付額は13億8,100万円、滞納額として繰り越した額は約1億4,500万円です。収納率は90.5%でした。以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 次に、収納率を高めるための対策ということでお聞きします。収納の努力及び今後の対応策についてお示しください。
○議長(又耒成人君)
 総務部次長横瀬博君。
○総務部次長(横瀬博君)
 お答えさせていただきます。
 これまで、いろいろ取り組んできまして、徴収嘱託員を導入したり、平成19年度には、平成20年度からすべての税がコンビニでも納付できるようにしたり、さらに、21年度からは過年度分でもコンビニ納付できるようにしました。また、茨城県の支援としまして、20年度は7月から12月まで、月1回、県職員2名が派遣されて、収納事務の指導をいただきました。今年度は5月から来年の2月末日まで、週1回、2名の県職員が派遣されておりまして、一緒に共同滞納整理や徴収業務の助言をいただきます。これからは、今までのは滞納者に対する取り組み、あと、いろいろ納税者からの要望もありまして、クレジット納付を導入してほしいとか、マルチペイメント、パソコンで納付できる制度を導入してほしいとか、そういう要望もありますので、それらのことについても、21年度中、検討していきたいと思っております。以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 時効で失ったり、あて先不明となったものの扱いは、どのようにされているのでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 総務部次長横瀬博君。
○総務部次長(横瀬博君)
 時効というのは、納付書を送付してから、督促状を出すわけですけれども、それから5年以内に、その滞納者と全然やりとりができなかったり、預金を差し押さえたりしなかったときに発生してしまうんですけれども、その期間は5年となります。それの時効に伴って、不能欠損という処理をするような形になります。これは、19年度は2,065件行いまして、決算報告書にも記載されていますが、8,344万4,603円でした。
 主な理由は、居所不明、住所をなかなかつかまえることができなかったり、死亡したり、あと、生活困窮ですね。もうどうしようもなく納められる資力がないという場合、または会社の倒産、あと外国へ転出してしまったというようなことで、それらの件数が19年度は2,065件、20年度は1,347件で、金額にしまして8,565万6,430円です。内容につきましては、同じような理由となります。以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 当然、それらの金額は、市の予算として当てにしていたものと思いますが、その手当てはどのようにされているのでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 総務部次長横瀬博君。
○総務部次長(横瀬博君)
 当初予算は、大体10月ごろ予算を計上するわけですけれども、予算の計上に当たっては、前年度の徴収状況を見たり、そういうものを勘案しながら、現年度分については、97.5%とか、98%とか、その辺を前年度の実績に基づいて計上させていただいております。それから、滞納繰越分につきましても、今までは過去3年間の徴収率を参考に、13.5%程度を計上していたんですけれども、21年度につきましては、19年度の実績が結構よかったものですから、その数値を使いまして17.5%で計上しておりまして、ですから、最初から、すべて100%のお金が調定できるといいますか、納付できる確実な数字の対象ですね。それを見込んで、そこから見込んで予算を計上しておりますので、今回は、20年度の決算につきましては、予算より約2億8,000万円ほど増になっております。以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 収納率が98.5%という数字に、大変ご努力がよくわかりました。行政運営において税収は不可欠です。守谷市は比較的紳士的な様子ではありますが、時には危険にさらされるようなこともないとは限りません。市の担当者の皆様の努力を感じるとともに、今後の収納推進をお願いするところです。また、去る6月3日に学校給食センター運営委員会が開かれ、私も委員の1人として参加してきましたが、その中で給食費の未納についての話が出ました。お一人の学校関係の委員の方が、学校は取り立て屋ではないと発言されていました。未納になった場合、子供に手紙を持たせる、次に、保護者との話し合いの場を設ける、次に、家庭訪問をする、さらに、書留などの確実に届くよう書類を送るということなどをされていることでした。回収をすることの大変さの一端を、かいま見る思いがいたしました。給食費を初め、保育料、上下水道費、市営住宅費など、市に納めなくてはならないものも、多々ございます。収納推進課とご協力の上、未納にならないようご努力をお願いして、この質問を終わります。
 最後に、守谷小学校建設の着工・完成のおくれについてお尋ねいたします。守谷小学校を建てかえするらしいけれども、何だかもめていて、一体いつ工事が始まって、いつでき上がるのとか、木造でとっても夢のある校舎らしいから、守谷小学校区に引っ越そうかしらと、主婦の井戸端会議の一端です。そもそもの建てかえをする理由と、当初の着工予定及びその完成、そして、それが現段階でいつに延びてしまったのかお示しください。
○議長(又耒成人君)
 教育次長染谷隆君。
○教育次長(染谷隆君)
 お答えをいたします。
 経過から申し上げたいと思います。守谷小学校の耐震化対策といたしまして校舎の耐力度調査を実施しまして、耐用年数七、八年というような結果が出たこと、そういう結果に基づきまして、耐震方法を改築と決定して現在まで進んできているわけでございます。また、守谷小学校につきましては、児童生徒数に対しまして校地面積が、市内、率にしますと、最低の38平米というようなことで、平均58平方メートルの校地を持っているわけですけれども、下回っているということもありまして、学校用地を市道を挟んだ隣接地に求めたということで、民地合わせて8,450平方メートルを買収することとしています。建築につきましては、21年、22年の2カ年で実施を予定しておりまして、23年度当初から供用開始できるようにと作業に入っていたわけでございます。基本設計を行うために、プロポーザル方式等によりまして業者を選定いたしました。校舎の構造を木造2階建て、延べ面積が約6,500平方メートル、屋外工事といたしまして、駐車場、あるいはグラウンドの散水工事、省エネ対策といたしまして、先ほどから出ておりますように、太陽光発電等の導入を基本としております。校舎の内容を決定していただくために、建設検討委員会を設置しまして、体制の整備も同時に図ってまいっているところでございます。事業を推進していくために、平成20年の5月から、地元町内会、あるいは、PTA等に対しての説明会を実施しております。その実施していた中で、既存の学校用地と新規の土地の間に市道があること、そのため、市としては、迂回のための道路の設置案を提案しながら説明会を進めていったわけでございますけれども、一部地域から、市道の廃止、それから、校舎を建てる位置についての建築反対の意思表示がされてきたわけでございます。学校建築に関する請願も同時に出されていることは、ご承知のことと思います。その後、解決のための案や協議を重ねてまいりまして、現在に至っているものでございます。建築スケジュールといたしましては、当初、基本設計を平成20年9月中旬に作成いたしまして、実施設計を平成21年の2月に完成させる予定でおりました。その後、申請業務や入札業務を行いまして、平成21年の6月議会に契約の上程の予定でおりましたけれども、現在のように、おくれているような状況です。現在のスケジュールといたしましては、基本設計を本年の10月ぐらいまでに完成させたいというふうに考えております。一部重複しながら実施設計、それから開発行為の設計を行いまして、遅くとも22年の3月ごろまでには、設計の方の業務をすべて終了させたいと考えております。その後、平成22年5月ごろから、造成あるいは道路のつけかえ工事に入りたいというふうに考えております。本体工事につきましては、平成22年の9月ごろからということで、平成23年の2学期以降の完成を予定させていただいております。しかし、耐震化ということで学校の建築をするわけでございますので、一日も早い新校舎での授業を子供たちにさせて上げたいというふうに考えておりまして、今後も努力してまいる所存でございます。以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 そうしますと、約10カ月程度のおくれということでよろしいのでしょうか。わかりました。確かにおっしゃるように、子供の教育安全に待ったなしと思います。地震が今にでも来てしまって、校舎の下敷きになってということを考えると、とても気持ちが落ち着きません。一日も早い工事着工をお願いしたいのですが、そのための解決策は決まりましたでしょうか。また、それにかかる費用はどれくらいになったのかお示しください。
○議長(又耒成人君)
 教育次長染谷隆君。
○教育次長(染谷隆君)
 現在問題となっております点は、先ほども申し上げましたけれども、既存の敷地と新しく買い求めた敷地の間の市道の取り扱いということでございます。これ以上、工事がおくれることにつきましては、先ほども言いましたけれども、児童の安全安心が保たれなくなるというようなことで、我々としても、迂回道路の案と、それから、地域の方々の利便性を図るための地下道案をもって事業に着手したいと考えております。ただ地域の方々につきましては、まだご理解をいただいていない部分もございますので、今後も引き続き協議を重ねていきたいというふうに考えております。おくれたことによります費用につきましては、協議に要しました図面や設計業者の派遣ということで、100万円程度の支出は余分にしてございます。そのほかについては、特にございません。それから、地下道とすることによりまして、その地下道にかかる費用が今後出てくると思われますけれども、正確なものがございませんので、金額の方はご勘弁をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 折衷案で何とか地域住民の方にご納得いただき、一日も早い完成と着工をお願いしたいところでございます。守谷市は協働のまちづくりとうたっています。市長からのメッセージというのが、市役所のホームページのトップ左側に出ております。市民の皆様が住みよさを実感できる事業、子育て支援、教育、協働、都市機能を中心に市民と歩む協働のまちづくりをさらに進め、市民パワーによる日本一のまちづくりを目指してまいりますので、皆様のなお一層のご理解とご協力をお願い申し上げますとあります。どうか、皆様、譲り合って一日も早い完成をお願いして、私の一般質問を終わらせていただきます。
○議長(又耒成人君)
 これで、高梨恭子君の一般質問を終わります。




守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.