活動実績


守谷市議会定例会 議員一般質問

●平成20年第4回定例会 12月10日~22日


12月17日通告5番

 本日は、3項目の質問をいたします。
 まず、一つ目は、みずき野団地を初めとする大型団地の問題について伺います。
 高度成長期に開発された大型団地では、世代交代が起こっております。また、それが大都市近郊の共通の問題として、新聞、テレビなどでも取り上げられています。
 守谷市においては、例えばみずき野が2,000戸を抱える大きな団地で、守谷市の人口の約1割を占めています。そのみずき野地区の現状として、60歳以上の方の割合、1世帯当たりの住人数、独居率などについてお尋ねします。
○議長(又耒成人君) 
 保健福祉部長茂呂 茂君。
○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えをさせていただきます。
 高齢化の割合ということでございますが、平成17年の国勢調査の結果では、みずき野地区の人口は6,093人、60歳以上1,000人が占める割合は16.4%になっております。市全体の60歳以上の割合は18.4%、これは人口が5万3,700人で9,870人でございます。
 高齢者と定義されるのは65歳以上でございまして、この場合の高齢化率は、次のとおりでございます。平成20年5月1日現在、みずき野地区の65歳以上の方は739人で、高齢化率は12%となります。また、市全体の高齢者数は7,774人で、高齢化率は13.1%になっております。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 みずき野地区が開発から27年を経た現在において、高齢化及び子供の代の独立が顕著なわけですが……失礼しました。先ほどの1世帯当たりの住人数というのは出ますでしょうか。
○議長(又耒成人君) 
 保健福祉部長茂呂 茂君。
○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 申しわけございません。それについては、ちょっとデータを持ち合わせておりませんでした。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君に申し上げます。質問をするときには、議長という声を大きい声で結構ですから、話してください。
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 2003年にみずき野のアンケートにおける1世帯当たりの住人数は3.68人で、昨日いただいたデータから割り出してみましたところ、現在2.78人という率になっていると聞いております。つまり子供の代の独立が顕著なわけで、それらについて行政のこれまでの対応と今後の施策についてお尋ねいたします。
○議長(又耒成人君) 
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君) 
 もう一度お願いします。
 申しわけありませんでした。
 みずき野地区に限らず、これまで親子で住んでいた、例えば4人家族で住んでいた中で、子供が独立して外へ出ていっているという傾向が見られるわけですけれども、それをどういうふうにするかという対策でございますけれども、これにつきましては、特にみずき野地区なんかについてはそういう傾向が顕著なわけですけれども、今後、一つには、コミュニティーという観点で、地域、世代間の交流ということが一つ挙げられると思いますね。コミュニティーの活発化ということが一つあると思います。
 それと、物理的な話になりますけれども、住宅の改築、あるいは2世代住宅というんでしょうかね。一緒に住めるというふうなことが必要になってくるかなとも考えております。そういう意味では、2世代の住宅を建てるのに今の敷地の面積はどうかとか、いろいろそういう課題はあるとは思いますけれども、やはりそういう2世代住宅といいますか、親と子がともに暮らせるというような、そういうものが必要になってくるのかなと感じております。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 先月、みずき野中央に位置するスーパーマーケットが突然の閉店となりました。周辺住民からは、日常生活において大変不便を感じているという問い合わせが数多く寄せられております。特に高齢者からは、買い物に行く交通手段がないので困っているという声が寄せられています。市としては、どのように状況を把握し対策を講じているのか、これまでの経緯を含め、お尋ねします。
○議長(又耒成人君) 
 総務部次長笠川悦範君。
○総務部次長(笠川悦範君) 
 みずき野地区におきまして、エクセルが撤退したということで、不便を来しているということでございます。特に買い物ということにつきましては、マイカーを利用して買い物に行くということ、あるいは徒歩や自転車で買い物に行く、あるいは生活協同組合みたいな形で取り寄せるというようないろいろな形態はあるかと思いますけれども、徒歩や自転車の利用者、特に交通手段のない高齢者等につきましては、買い物に不便を来すということが顕著に出てくるのかなと考えております。
 市といたしましては、みずき野地区の開発業者であります三井不動産に対しまして、エクセルにかわる店舗の誘致を要請しているところでございます。
 また、市としても、何社かに出店できないかという声かけをしておりまして、ただ、その中で答えはどうなんだという話なんですけれども、その点については大変難しいというふうに言われているのが現実でございます。
 これからも、引き続きそのようなことを続けていきたいと考えております。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 ここに、私どもが平成元年に、パークシティ守谷、つまりみずき野の住宅購入のための抽選会に来たときの資料がございます。全体計画図とございまして、みずき野中心地には、郷州小学校、みずき野幼稚園を初め、ハミングスポーツクラブ、ユニマート、三井銀行と所在が明記されております。また、一部の商業地域には、薬局、食料品、雑貨、病院、自転車店、総合電気店、接骨院、美容院と記載されております。さらに、公園の所在、バスの停留所名が明記され、何度もこの地を下見した上、ついの住みかとしての環境が整っていると考え、購入を決断した方が多かったわけでございます。
 開発から27年たった今、その全体計画図が夢物語だったかのように、窓口のある銀行が消え、スーパーマーケットがなくなり、子供の手が離れ、老後を快適に暮らそうと考えていた人たちをどん底に突き落としています。
 三井不動産がみずき野を開発し、27年を経た現在の状況から、三井不動産の企業責任としていかなるものか、市長はどうお考えでしょうか。
○議長(又耒成人君) 
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 我々も、今、次長の方から話したように、いろいろとお願いをしたり、我々も努力をしたりしております。しかし、自由主義経済の中で、その撤退だとか、進出だとかというのは、これはあり得ることでございますので、それをどうのこうの今言うのも、難しい話だと思います。やはりお客がいなくなるということになれば、当然商売やっていけませんから、お客をふやすようなことができれば出店も可能だと思いますけれども、なかなか今の状況では難しいのも事実だと思います。
 三井不動産の企業責任はどうかと私に問われましても、これはなかなか、責任はあるでしょうねという答えもできませんし、本当にそれだけの出店するお店に保証ができればお店は出るでしょうけれども、なかなかそういう保証もできないと思いますから、これはちょっと難しい話だと思います。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 それでは、質問の趣旨を変えます。
 ここに、11月4日付のみずき野町内会の至急回覧があります。その中に、三井不動産側からのみずき野エクセル店閉店の報告を受け、守谷市の会田市長に今後の対応策を要望しました。茨城県のスーパーなどにみずき野への出店依頼をしていただいていますとあります。また、時を同じくし、「住民サイド」という広報紙がみずき野全域に配布され、会田市長から三井不動産へ存続の要請、会田市長から県内民間スーパーへの出店要請と書かれています。
 まず、市長は、いつ、三井不動産のだれと会って、どんな要請をしてきたのか。その結果どんな答えが返ってきたのか、お尋ねします。
○議長(又耒成人君) 
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 三井不動産の事業開発部長の持丸さんにお願いをいたしました。努力をするという答えでございます。
 それと、県内のスーパーにもお願いをいたしました。しかし、これも要請はしていますけれども、必ず出店できるという話ではございませんから、その点はお間違いのないようにお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 具体的にどんな民間スーパーだったか、お答えいただいてもよろしいでしょうか。
○議長(又耒成人君) 
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 カスミさんにお願いしました。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
 カスミさんだけでしょうか。
○議長(又耒成人君) 
 市長会田真一君。
○市長(会田真一君)
 カスミさんだけです、私がお願いしたのは。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君、質問については流れでお願いいたします。それで、1点について3回ということで申し合わせしておりますので、その辺も考慮してお願いします。
○1番(高梨恭子君) 
 失礼いたしました。
 みずき野地区の住民は、不便さが現実となった今、日常の生活を営む上で、1日たりとも待っていられないのが状況です。早急にその説明会を開き、住民の要望や声を反映させた具体的な施策を実施するよう望みます。
 さて、市内には、みずき野同様に大型開発された団地があり、高齢化、空洞化が発生していると思われます。今後、市当局としてきめ細かな施策をするよう要望いたします。
 また、クレトイシ跡地についても、みずき野を開発したこの三井不動産が開発すると聞いています。少なくともその開発には市民の税金が使われているという認識のもと、30年後、50年後に空き家ばかりのスラムのまちにならないよう、しっかりとした約束の上に開発されることを望みます。
 以上で、1点目を終わります。

 次に、二つ目の質問です。
 乳がん検診のあり方について伺います。
 お配りした資料をごらんください。
 現在、乳がん検診に関し、ピンクリボン活動として世界的な広がりを見せています。守谷市における乳がんの検診は、30歳以上の女性を対象に、毎年集団検診が行われています。そして、57歳からは1年置きとなり、65歳までが対象とされていますが、その理由をお尋ねします。
○議長(又耒成人君) 
 保健福祉部長茂呂 茂君。
○保健福祉部長(茂呂 茂君) 
 お答えさせていただきます。
 乳がん検診の実施指針につきまして、茨城県が平成13年3月にこの指針を策定しておりまして、これを受けまして、守谷市では平成14年度より検診を開始しております。
 茨城県乳がん検診実施指針には、対象年齢及び検診項目の記載がありまして、現在まで守谷市の検診体制はその指針に準じた内容で実施しているところでございます。
○議長(又耒成人君) 
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 
表1 乳がんにかかりやすい年齢

 40代半ばから後半にかけて発見されるケースが多いのですが、70代、80代の女性にも増え、また、20代、30代の若い世代にまで広がっています。幅広い年齢層で、全体的に増えています。
出典:厚生労働省がん助成金「地域がん登録」研究班

お手元の資料の表1をごらんください。
 乳がんにかかりやすい年齢が40歳代の半ばから後半にかけて多く、さらに70歳代、80歳代にも増加の傾向があることがおわかりいただけるかと思います。女性特有の病気なだけに、毎年の検診及び年齢に制限を設けないということが理想ですが、この点に関して市としてはどのようにお考えですか。
○議長(又耒成人君) 
 保健福祉部長茂呂 茂君。
○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えさせていただきます。
 議員おっしゃるように、年齢制限を設けずに実施できるのが一番望ましいと考えられますけれども、検診におきましての状況としまして、各市町村等で行っておりますけれども、守谷市においては取手市医師会の方にお願いをしておりますけれども、こちらの方におきます検診の関係の期間、あるいは集団検診でございますので、その日程的なものということで、どうしても制約が生じるということがございまして、議員が先ほど出していただきました表にもありますけれども、発生率が高い年齢を市として実施しているというのが現状でございます。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君) 

表2 近隣市の乳がん検診の対象年齢について(平成20年度)
市 名       対象年齢下限      対象年齢上限
取手市      30歳以上 毎年   58歳以上隔年で無制限
牛久市      30歳以上 毎年   57歳超えた方は隔年で無制限
つくば市     30歳以上 毎年   57歳以上隔年で69歳まで
龍ケ崎市     30歳以上 毎年   57歳以上隔年で無制限
土浦市      20歳以上 毎年   57歳以上隔年で無制限
つくばみらい市  20歳以上 毎年   57歳以上隔年で無制限
常総市      30歳以上 毎年   57歳以上隔年で無制限
守谷市      30歳以上 毎年   57歳以上隔年で65歳まで
 表2の方をごらんください。
 周辺の市の今年度実施されている乳がん検診の状況です。これを見ていただくとわかるとおり、20歳から検診が受けられる市もあります。そして、何より上限が無制限であるというところが大部分です。つくば市においては69歳まで、他の市では無制限です。希望すれば無制限で受けられるということです。できるだけ制限をなくして、希望者全員が受診できるようにしていただくよう強く要望いたします。
○議長(又耒成人君)
 保健福祉部長茂呂 茂君。
○保健福祉部長(茂呂 茂君)
 お答えさせていただきます。
 65歳以上の市民の要望はこれまでもございましたけれども、集団検診の体制といたしまして、乳がん発生率が高い若い世代も充足されていなかった状況がございます。乳がんと女性ホルモンの関係や自己検診法などをそのときに説明し、理解をしていただいておりました。
 平成21年度より集団検診の日数をふやしまして65歳までの方を充足させまして、平成20年度より乳がん医療検診協力機関がふえましたために、年齢上限を21年度から69歳までに拡大する計画でおります。
 それから、乳がんの発生には、先ほども申しましたが、女性ホルモンが影響しておりまして、30歳代で急激に増加して、40代、50代がピークということで県の資料の方からも言われているところでございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 きのうの朝日新聞にも、乳がん検診の重要性ということで、お隣韓国の例ですが、掲載されておりました。できるだけ早い時期に希望者全員が受診できるようにしていただくよう強く要望いたします。

 最後の質問になりますが、子供や高齢者にやさしい道路をということで質問いたします。
 市内の幹線道路は、立体交差やトンネルの整備により車での行き来は大変便利になりつつあります。また、都市計画坂町清水線、郷州沼崎線の工事も進みつつあり、大変期待しているところでございます。
 まず、その進捗状況をお知らせください。
○議長(又耒成人君)
 都市整備部長石塚秀春君。
○都市整備部長(石塚秀春君)
 それでは、郷州沼崎線と坂町清水線の進捗状況についてお話しいたします。
 郷州沼崎線につきましては、議員ご存じかと思いますけれども、これは取手市、守谷市、つくばみらい市を結ぶ幹線的な道路でございまして、守谷市内の延長が全部で3,230メートルございます。
 それで、今現在ですけれども、供用開始しておりますのが、みずき野地区、それとひがし野地区。みずき野地区は一部でございます。それから、北園からつくばみらい市までの2,410メートルにおいて供用開始しておりまして、進捗率が75%でございます。今、工事しておりますのが、みずき野からひがし野に向けて事業実施しております。本来であればもっと早目に事業進めたかったわけでございますけれども、あそこにオオタカという希少鳥類が生息しておりましたので、そちらの方の調査等に時間を要しまして、実際的に作業に入ったのが、平成18年から用地買収等を行いまして、用地買収については現在86%の買収が完了しておりまして、工事も平成19年度から実施しておりまして、目標としましては平成22年3月の完成を目指しております。
 ただし、用地買収等において、やはり用地の協力が得られない地権者もございますので、いろいろ苦慮しているところではありますけれども、郷州沼崎線は重要な幹線でございますので、早期完成に向けて取り組んでまいりたいと考えております。
 また、坂町清水線でございますけれども、これは守谷駅TXの関連もございますけれども、環状的に取り巻く道路でございまして、延長が全部で2,621メートルございます。議員ご存じかと思いますけれども、現在供用開始しておりますのは、294から都市軸道路まで、あのロックシティの南側になりますけれども、その部分と、あとは都市軸道路を通りまして、清水を通って、県道野田守谷線、これは百合ケ丘2丁目になりますけれども、そちらに向かって進めているわけですけれども、こちらの方でも、今、用地買収と工事を並行して進めているような状況でございますけれども、やはり用地買収に苦労しているところでございまして、出来型としましては、全延長に対しまして約51%の供用を見ているところでございます。
 それと、最終的にこの区間は3工区に分けて事業実施しているわけでございますけれども、1工区は、先ほど言いましたように完全に終わりまして、2工区が今事業の途中、鋭 意努力しているところでございます。これが平成24年の完成を目標にしています。それで、最後に残りました294から八坂さんを通りましてひがし野に抜ける区間でございますけれども、この区間は全延長としましては860メートルほどございますけれども、その一部ひがし野地区の174メートルについては既に終わっておりますので、あと残りにつきましては、基本的に21年度より測量調査等の費用と一部用地買収も含めまして今現在予算を組んでおりまして、これから平成26年を目標に整備していきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 今の都市計画道路が完成すれば交通量の緩和等予想されるわけですが、それまでの間、関東鉄道常総線及び294号線より東側の地区の方たちが、ショッピングセンター等に出るために抜け道として使っている道が多々見受けられます。
 例えば本町商店街、県道106号線を初めとする生活道路、例えば西林寺及びセブンイレブンの交差点付近、中谷青果店前、小林医院入り口の丁字路、八坂神社わきの交差点付近など、小中学生の通学路を兼ね、また高齢者が徒歩で使う生活道路となっております。大変危険な地域ですが、その対応についてお知らせください。
○議長(又耒成人君) 
 生活経済部次長松丸美恵子君。
○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 今の質問のございました、本町106号線と西林寺または小林医院付近と八坂神社付近の対応というご質問ですけれども、何の対応でしょうか、交通事故の……。
○議長(又耒成人君)
 ここに書いてあるように、小学生の通学路の安全確保についてどうなのかという質問ですか。
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 そこの場所が危険区域でありますので、小学生の安全確保のために現在どのような施策が行われているのでしょうか。
○議長(又耒成人君)
 生活経済部次長松丸美恵子君。
○生活経済部次長(松丸美恵子君)
 お答えさせていただきます。
 安全対策として、確かに西林寺のところとか、八坂神社付近とか、今、議員おっしゃられました交差点につきましては、西林寺のところは、今、押しボタンの信号機を設置しておりますけれども、地元の自治会からも要望がございまして、感知式信号機に改良の要望をしているところでございます。
 それから、中谷商店と小林医院さんの入り口の交差点につきましても、信号機設置要望をしておるところでございます。
 それに、八坂神社のところは、今、押しボタン式になっておりますけれども、あそこは議員先ほどおっしゃられましたとおり、国道294号へのアクセス道路にもなっておりまして、利用者がかなり多くなっておりますので、あそこを交通規制行った場合には影響が多く発生しますので、現時点では難しいのかなと思われます。小学生とか高齢者にやさしい道路ということでございますけれども、一番は、皆さんそれぞれ交通事故に遭わないようにしていただくことが一番だと思いますので、学校とか老人クラブ等に出向いて啓発をしているところでございます。
 以上です。
○議長(又耒成人君)
 高梨恭子君。
○1番(高梨恭子君)
 危険と皆さんが思われるところ、100の危険が一つの大事故を生むという安全衛生の言葉がございます。どうか信号機の押しボタンから違うものにかえるといったことが実現するのであれば、早目にお願いしたいと考えます。
 また、守谷市全域においても、既存の道路と新しくつくられた道路のつなぎ目、工事が途中になっていて広くなったり狭くなったりしている道路など、危険と思われる箇所が相当箇所見受けられます。危険な箇所については迅速な対応を望みます。
 本日は、以上三つの質問をさせていただきました。いずれも、守谷市民にとっては切実な問題です。早急に解決していただけるよう、重ねてお願いいたします。
 以上をもちまして、私の初めての一般質問を終わらせていただきます。
 ありがとうございました。





守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.