活動実績

●平成21年9月4日 筑波大学新聞に卒業生からの手紙 掲載

筑波大学新聞 第279号
2009年9月1日発行の7面に掲載されました。
「卒業生からの手紙」コーナー。

●平成21年7月2日 働くママの子育て日記『ママのアップリケ』出版

『ママのアップリケ』出版
ようやく3冊目の出版にこぎつけました。

働くママの子育て日記
3人の保育園育ちの子どもたちの日々
3人目が2歳半の時から小学校低学年までの私の家族の書きとめておかずにはいられなかった日常です。

題名は、私、高梨恭子が小学校1年生に入学するとき母がエンジ色の手提げ袋を作ってくれました。
花かごのアップリケがほどこされている手提げ袋をとても気に入っていて、今も大切に持っています。
それをヒントに題名にしました。
花びら一つ一つを縫い付けるような単純な繰り返しに思える子育てですが、毎日毎日が愛情で溢れています。
忘れていたエピソードのおすそ分け。

ハッピーパレット社から、定価1200円
お問合せは ハッピーパレット社まで
E-mail info@hp-pub.net


●平成21年5月30日 ゴミゼロの日、ポイ捨て防止条例1周年キャンペーン参加

5月30日、ゴミゼロの日。「守谷市ポイ捨て等防止に関する条例」施行1周年に伴うキャンペーンが開催されました。
守谷駅周辺にて、携帯用灰皿・ポケットティッシュ・チラシの配布及びゴミ拾いをいたしました。朝9時に集まったボランティアの方々と活動をいたしました。ずいぶんときれいになっていますが、それでもタバコの吸殻や、ちょっとしたゴミは落ちているものです。
拾っても拾っても・・・と嘆くより、捨てないようにしていただくことです。小1時間の活動でしたが、雨の合間で、無事に終了いたしました。

条例は、つくばエクスプレス(TX)と関東鉄道常総線が交わる守谷駅周辺に設けられた強化区域で、指定された場所以外での喫煙や吸殻の投げ捨てに2千円の行政罰を科すもの。指導期間の昨年6~8月と今年2~3月の違反は計107件で、うち81件の違反者から計16万2千円を徴収した(市の雑収入となる)とのこと。条例施行前と比べて駅周辺に捨てられるたばこの吸殻は3~4割減少し、遊歩道では半減しているとのこと。

5月30日(土)ボランティアのみなさんと、
クリーン作戦開始
集まった市議のみなさんと。
前列右端が高梨恭子です。

●平成21年3月29日 ピンクリボンウオーク2009に参加

3月29日、ピンクリボンウオーク2009に参加してきました。日比谷公園を出発して、2キロ、5キロ、10キロのコースをそれぞれ選んで歩いてピンクリボンの輪をひろげようというもの。
この大会は乳がん検診受診率50%を目指して毎年行われているもので、8回目を数えます。今回は全国から3000人が参加。私は皇居の周りを一周する5キロコースを歩きました。
風が冷たい日でしたが、さわやかに晴れ渡り、千鳥ケ淵の桜も3分咲き、国立劇場の前は8分咲きでした。
守谷市も、今年度から乳がん検診の対象年齢が、これまで65歳までというものが69歳まで引き上げられました。マンモグラフィという画期的な検査方法で、定期的に検診をしましょう。さらに、自己検診も月に1度、自分で心がけましょう。

ピンクのTシャツが配布され、早速それを着て開会式。
大会会長でコスモス女性クリニック院長の
野末悦子先生の挨拶。
楽しく準備体操をして、さあ歩くぞ。
千鳥ケ淵周辺、5キロコースのちょうど
中間地点、集団もバラケてピンクの人たちが
点々と歩きます。

●平成21年2月22日 谷垣禎一元財務大臣との財政懇談会に参加

2月22日、谷垣禎一元財務大臣との財政懇談会に参加しました。
テレビで拝見するより、身長が高くて、握手するその手はひときわ大きく感じました。
あたたかな眼差しの中に、未曾有の経済危機突破に向けての力強い情熱を感じました。
TXの秋葉原から東京駅への延伸をお願いして、市・県・国で連携していただき
守谷の更なる魅力アップを図りたいと思いました。

 

●平成21年2月21日 埼玉県本庄市、深谷市の「赤ちゃんの駅」を視察

2月21日、埼玉県本庄市、深谷市の「赤ちゃんの駅」を視察してきました。
安心して子育てのできるまちとして、既存する「まちの駅」の方に呼びかけて「赤ちゃんの駅」を設けたのです。
本庄市は、東京都心より70キロ、JR高崎線で、上野まで70分というベットタウンです。
JR高崎線、八高線、上越新幹線、関越自動車道本庄児玉インターチェンジや国道17号・254号・462号などの主要道が縦横に走り、東京と上信越方面を結ぶ交通の要衝となっています。平成16年3月には上越新幹線本庄早稲田駅が開業し、東京駅からの所要時間は約50分に短縮されたまちです。
まちの駅ネットワーク本庄では「まちの駅」という「だれでも気軽に立ち寄れトイレなど借りられ、まちを訪ずれた人と地域住民の交流のサポートをする」ことを目的に平成18年から活動をしています。商店や公共施設等、50駅が活動をしており、その中34駅が「赤ちゃんの駅」に賛同し、おむつ替えやミルクのお湯のサービスを提供しています。商店街の活性化、子供連れの方が安心して訪れることのできるまちとして、全国に先駆けて運動の輪を広げています。
 問い合わせ 〒367-0052 埼玉県本庄市銀座3-1-27 まちの駅ネットワーク本庄事務局
       電話 0495-27-6077
隣の深谷市もこの「赤ちゃんの駅」を2月より開始しました。

職場を定年退職して、
地域に貢献できることはないかと考え、
この「まちの駅ネットワーク本庄」を立ち上げた、
案内人 伊藤さん。福島さん。(事務局の前で)
まちの駅に加盟している建築事務所、
「赤ちゃんの駅」にも賛同し、ベビーベッドや
おもちゃのあるスペースを提供。


●平成21年1月3日 献血

ジョイフル本田さん駐車場にて行われた献血に行ってきました。
この日はちょうど平成10年から始めた献血回数が10回目ということで、記念品をいただいてきました。
毎年、お正月か、2月の誕生日ころに献血をしています。


守谷市議会議員 高梨 恭子 連絡先
〒302-0121 守谷市みずき野2-4-4 TEL & FAX 0297-48-9023
e-mail tkyoko@mbn.nifty.com
Copyright (c) 2008 Kyoko Takanashi All Rights Reserved.